2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

dele あらすじと感想 第6話 知らぬが仏

山田孝之さん&菅田将暉さんダブル主演の金曜ナイトドラマ、【deleディーリー】の6話はまたいつもとは変わった趣向のエピソードで面白かったですね。以下ネタバレのあらすじですdeleのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


暇を持て余していた圭司と祐太郎のところへ舞が仕事を持ってきました。長野の別荘地で遺体で発見された女子中学生、石森純子(山田愛奈)の自殺の理由を調べてほしいというのです。


遺書が無かったため、これが自殺かどうかは明らかではなかったものの、発見された場所が石森家の別荘の近くで、生前には家族で過ごした思い出の場所でもあったことから、両親は自殺で間違いないと確信していたそうです。それでもなぜ純子が自殺をしなければならなかったのか、その理由をどうしても知りたかったのだそう。


夫妻が「純子」と名付けたのは、純真な子に育つようにと願いを込めてのことだったそうです


父親の俊一(横田栄司)は学校での苛めを疑っており、事と次第によっては学校を訴えると息巻いていましたが、母親のと美穂(霧島れいか)は、娘が自殺するのに、近くに美しい川のある家族の思い出の場所を選んだのは、自分達へのメッセージに違いないと考えていたのだそうです。


石森夫妻は純子が生前使っていたノートPCを持参して中身を調べてほしいと依頼しました。純子はそのPCで日記を書いていたのだそうですが、ロックされていたため両親には見ることができなかったからです。そのPCには白いデイジーがデザインされていました。
白いデイジーの花ことばは無邪気


圭司はロックを外さずに自殺したことが純子の意思だと解除に否定的でしたが、舞は、圭司には遺族の辛さや悲しみが誰よりも分かるはずだと仄めかし、美穂は、たとえ中から何が出てこようとそれに向き合って応えるのが親としての最後の愛情だと訴えたため、渋々引き受けることにしました。


それでも最初はとりあえずスマホだけを確認しました。削除されたデータを復元したところ、出てきたのはクラスメイトとの楽しそうな写真ばかりだったそうです。デジタルな仕事は圭司に任せ、祐太郎はアナログな仕事を進めることにしました。写真に写っていたクラスメイトに会いに行ったのです


そこで祐太郎は、彼らがとても陰湿な顔をしていることに気づきました。これは絶対にいじめがあったに違いないと確信した祐太郎は、そのうちの一人の小川優菜(中田青渚)からスマホを盗んできてしまいます


アイツら絶対ヤバいって!


圭司が早速優菜のスマホを調べたところ、彼女たちが別のクラスメイトを苛めていることが判明しました。スマホには屋上で皆がその少女を取り囲み、早く飛び降りるようはやし立ててていた動画が残っていたのです!?早く飛んでよっ!飛~べ、飛~べっ!


祐太郎は圭司と一緒にすぐに学校へ駆けつけました。するとくだんの女の子がちょうど屋上から飛び降りようとしていたところに遭遇します


あんな奴らのために死ぬことなんかないよ!居場所がないんだったら新しい場所を見つければいい。逃げる方法が分からないんだったら、「おじさんたち」が教えてあげるから!早くこっちへおいで!


必死で説得を試みる祐太郎に対し、圭司はそっけなくかつ厳しく指摘します。本当に死にたくなかったらなぜ手すりをつかんだ?本当は生きていたいんだろ?やり残したことがいっぱいあるから、お前の心が止めたんだ


苛めの問題は俺たちが必ず解決してやるというと、少女はようやくホッとしたような顔になりました。本当?


約束する。「お兄さんたち」を信じろ


見た目は逆だと思うんですけどね~とは余計なお世話でござりまするが


ふたりは早速優菜を呼び出して脅しました。純子さんもああして苛めたのか?


優菜はきっぱり否定します。むしろ優菜は純子のことが大好きだったのだそうです。でもどうやら純子と優菜はひとりの男性をめぐって三角関係にあったらしい。


それでも優菜は、純子は男のことで自殺をするような人間じゃないと言い切りました。小学生から一緒だったから私には分かる


優菜が嘘をついていないと判断した二人は、もう二度と苛めをするなと釘を刺して帰しました。動画のコピーは残してあるからな


圭司はついに本気になり、純子のPCに忍び込みました。そこもまたスマホ同様データはほとんど削除されていたようですが、圭司は根こそぎさらってやる!と意気込みます。全部復元して謎を解いてやる!!必ず探し出してやる!


その結果、とんでもないことが発覚しました。なんと純子はSNSで優菜と元カレに対して悪態をついていたところを卑劣な男に目をつけられて自殺に追い込まれてしまったのだそうです


真面目で融通が利かず、BFに手も握らせなかったために振られるほど潔癖な純子のもとへ、その男は次々に目を覆いたくなるような「汚い現実」を送りつけてきたそうです。親友たちの純子に対する誹謗中傷はもとより、父親と浮気相手の甘い囁きや母親と担任の不倫写真、などなど両親ともに浮気ですか(;´Д`)


結果、潔癖で純粋な彼女は生きているのが嫌になって自殺してしまったそうです。その死に方も汚れずに済む「凍死」を選ばせたのはこの男だったそう


この男のアカウントはtapir=獏。人の悪夢を食らって生きる想像上の動物です


圭司はSNSでいかにも若い子が悩んでいる風を装い、この男を誘いだしました。どうやら「広瀬」というようです。広瀬が引っかかってきた途端、広瀬のデータをことごとく削除しました。その上ご丁寧に、自殺教唆の罪だけでは軽すぎるからと、広瀬のPCに他の犯罪の証拠をもろもろ詰め込んでおいたのだそうです


それでも5~6年もすれば出てこられる、出てきたまたやってやるとうそぶく広瀬に、圭司は最後通牒を突きつけました誰がそんなことをさせるか( `ー´)ノ


お前が死ぬまで見張り続けてやる。二度とキーボードに触れないアナログな人生を送らせてやるお前みたいなやつが一番許せない(*`皿´*)ノ


本来なら人間を幸せにするために開発されたパソコンを、子どもたちの心を汚す道具に使っていた広瀬を、圭司はどうしても許せなかったのですね


また祐太郎は、デジタル世界の魔物に取り付かれて逃げ場を失っている子どもたちを救おうと「昔ながらのやり方」で必死に頑張っていました。広瀬とやりとりのあった少年の家を訪ね、悩みがあるなら話を聞くよ、と呼びかけますangel-heart。いかにも怪しいよね、疑うのも無理はないけど、と何とか信じてもらおうと言葉を尽くす祐太郎の誠意は無事、その子の心に届きました


アナログもまだまだ捨てたものではありません。というより、アナログがあってこそのデジタルでしょう最初に人間ありきのAIです( `ー´)ノ


そして純子のPCから復活されたデータはすべて削除されました。まさに知らぬが仏でござりまする娘に不倫を知られたと知ったらやりきれませんからね(;´Д`)


あ~やっぱりおばさんはこのドラマが大好きです。続きもとっても楽しみですね



これは原作も面白そうです

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ