2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

恋する泥棒 ネタバレと感想 18~22話 ミンジェの苦悩

韓国ドラマ、【恋する泥棒~あなたのハート、盗みます】も22話まで見終わりました。以下早速ネタバレです恋する泥棒のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ついにミンジェがドルモクに気づき、またそのドルモクがJだと気づきました。そしてパンスもまた「ハン・ジュニ」がミンジェだと察します。経緯はこうです


まずミンジェは、ソジュのことが気になってサヌニュルを訪れた際、パンスとドルモクに遭遇しました。パンスはその時から「ジュニ」がミンジェではないかと感じていたようですが、ドルモクはサッパリ気づきません。ミンジェは、これまでいけ好かない男だと思っていた人物が、昔捨てた弟だと知ってかなりショックを受けていました


ミンジェは早速過去の記録を調べ、ドルモクがフェンシング大会の後に自分に呼びかけていた動画を見つけ出してボロボロ涙を流します


その上どうやらドルモクが泥棒のJらしいと気づきました。決め手はドルモクがユノの別荘に忍び込んだ時です。ドルモクは例のマネーロンダリングの証拠を盗みに行ったのですが、その書類が別荘にあると聞いたチェ・ガンギュ部長(キム・ジュンウォン)は、これでJをおびき出そうと手ぐすねを引いていました


チェ部長がユノの別荘にJを捕まえに行ったと聞いたミンジェは急いで現場に駆けつけます。そこで仮面をかぶったJに出くわすと、どうしても逮捕することができなかったばかりか、チェ部長にわざとドルモクが逃げた方向とは逆の方向を教えてしまいました。これでチェ部長はミンジェもJとグルだと考えるようになります


ミンジェは何とかしてドルモクを更生しようと説得しますが、ここに検事長のジュンテが絡んできたため諦めざるを得ませんでした。ドルモクは既にファヨンを通してジュンテに接触しており、ドルモクがJだと知ったジュンテはドルモクを利用してホン会長を捕らえようと考えたのです。これはドルモクがそう申し出たからでもあります。


ドルモクは、もし捕まっても検察の関与を一切明かさないと誓わされ、その代わりにジュンテはできる限りドルモクを庇うと約束しました。このジュンテをいったいどこまで信用したものか、いまいち分かりませんが


一方パンスは、ジュニことミンジェを食事に招いた際、どうにも挙動不審だったため、調べに行かずにいられませんでした。昔も訪ねたらしい養護施設の施設長に再度ミンジェのことを尋ねたところ、施設長は真実は明かさなかったものの、席を外してミンジェに連絡を入れたために、パンスの知るところとなりますやはりミンジェだったんだ!( ;∀;)


私も人の親だから、これ以上あの人を騙すことはできない。これが最後だ!


パンスは、ミンジェがよほど自分を嫌っていて会いたくないのだと思い込み、家に帰ってからも、家族写真を抱きしめてさめざめと泣いていました。でもドルモクには何も言えなかったようです。ドルモクは「また病気が始まった」と特に詮索もしなかったようです。


またソジュは、今やすっかりミンジェを愛してしまったようです。ミンジェもいつしかいつも一生懸命なソジュに心惹かれていきました。ドルモクは相変わらず自分のことよりソジュの気持ちを優先していますが、もしかしたらミンジェもまたドルモクのソジュへの気持ちを知って態度が変わるかもしれませんね。何せドルモクは可愛い可愛い弟なのですから


またペクサン将軍の宝についても少しだけ進展がありました。例の郷歌集を世に出したのは、どうやらジュンテの父親のユン・ヨンスだったようです。このことはホン会長宅に潜り込ませていたスパイからスンチョンにも連絡が来ています


それ以外では、先週いきなり出てきた「詐欺師夫婦」が今後の鍵を握ってきそうな気配です


夫婦のうち、旦那のヤン・ギヨン(イ・セチャン~チョン・ウチ@オクニョ)はミエに取り入り、妻のパク・ソンジン(ウ・ヒジン~イエヨン@人魚姫)はそれを訴えるという美人局の男版を演じていたらしいのが、ソンジンが娘とともにサヌニュルに入り込んだことから、ふたりはドルモクがJだと気づいてしまうのです。さすがは蛇の道は蛇でござりまするね


でもドルモクがユノから奪った金で店を手に入れてソンジンに贈ったため、ソンジンはドルモクの味方になってくれそうです。ギヨンはまったく当てになりませんけどね~ドルモクがJだとミエに告げてしまいそうです


さ~てこれぐらいだったかな。早くミンジェが素直になってパンスと仲直りしてくれる日が来るとよいですね~。その日が今から待ち遠しいです



恋する泥棒~あなたのハート、盗みます~DVD-BOX1~5

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ