2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

健康で文化的な最低限度の生活 あらすじと感想 第8話 2年目の春

吉岡里帆さん主演のドラマ、【健康で文化的な最低限度の生活】の8話では「アルコール依存症」の恐怖が描かれていました


お酒は誰もが飲んでいるものだから、依存症(中毒)になっても気づかないのですよね。煙草と同じで、止めようと思えばいつでも止められる、そうタカをくくっているととんでもないことになってしまう。ドラマの中でも半田が語っていたようにアルコール依存症は立派な病気なのですが


今回えみるは生活課に入って2年目の春を迎えていました。1年目よりずっと頼もしくなったえみるが担当した受給者が、アルコール依存症の赤嶺岳人(音尾琢真)です。以下ネタバレのあらすじですケンカツのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


赤嶺は生活保護を受けながらも酒が止められず、飲酒が過ぎて膵炎を起こしてしまいました。赤嶺が救急搬送されたという知らせを受けたえみるはすぐに病院に駆けつけますが、当の本人は痛くも何ともないからすぐにも退院すると言い張って病院スタッフを困らせています。


えみるは、ちゃんと治療をしないと就労ができないと赤嶺を説得しました。きちんと治してまた頑張ってもらわないと


赤嶺は渋々了承したものの、そのほんの数日後に医師からえみるのもとに連絡が入ります。赤嶺が勝手に退院したというのです


えみるが赤嶺のアパートに行ってみると、赤嶺は早くも酒浸りになっていました。医師からは、赤嶺はアルコール依存症の疑いがあり、このまま飲み続けたら膵炎が悪化して確実に死に至ると聞かされていたえみるは必死で赤嶺を説得します。もう「あんな思い」は二度としたくないからです


禁酒しましょう!一旦お酒を止めてきちんと治療しましょう!!お酒止めなきゃだめです!


真剣に赤嶺を心配するえみるの眼差しは、赤嶺に別れた娘を思い出させたそうです。娘に怒られているような気がした


そう言って赤嶺は今度こそ酒を止めると約束しました


が、それからしばらくしてまた、赤嶺が大酒を飲んで暴れているという通報が入ります。えみるはあんなに約束したのに!と怒りを隠せませんが、そこがアルコール依存症の恐ろしいところです。自分の意志ではどうにもできないのです


えみるがアルコール依存症について猛勉強し始めたのを見た半田は、もう長いことアルコール依存症と戦っている金森恭子(遊井亮子)という女性をえみるに紹介してくれました。3人は一緒に金森の通っている「断酒会」に足を運びます。


生まれたばかりの長男の顔を見ても、早く家に帰って酒が飲みたいとしか思えなかった。酒が欲しいばかりに妻を殴りつけてしまった。お酒を買う金がなくて夫の財布から金を抜き取ったばかりか、しまいには幼い子供の貯金まで盗むようになってしまった。


皆の話を聞いてアルコール依存症がどんなものか痛感したえみるに、金森はさらなる衝撃発言をします


この病気は完治しない


それでも酒さえ飲まなければ普通の生活ができる、酒を飲みたい誘惑にはひとりで戦っても勝てないから仲間が必要だ~そう言われたえみるは改めて気持ちを引き締めました。半田からも、赤嶺に断酒へのきっかけを与えられるのは、今一番身近にいるえみるしかいない、と励まされます。


アルコール依存症と向き合うのは大変な作業です。その覚悟はありますか?


翌日えみるが早速赤嶺を訪ねたところ、赤嶺は部屋の中で意識を失っていました。えみるは再び赤嶺を入院させ、今度は膵炎の治療とともにアルコール依存症の治療も行うよう依頼します


赤嶺は、俺はアル中じゃない、と言いながらも、えみるにやいやい言われたために渋々言う通りにすることにしました。早速アルコール専門病院に転院することになります。


えみるは意気揚々と京極に報告し、同期の仲間からもたくましくなった、と褒められますが、半田と石橋は懐疑的な表情を浮かべていました。ふたりとも実際にアルコール依存症の受給者に接した経験があるらしく、その大変さを身に染みて知っていたからです。特に石橋はその受給者に死なれて以来、受給者とは距離を置くようにしているのだとか。


案の定、赤嶺は転院先の病院で「義経さんに言われて来ただけだと発言し、そのやる気のなさを露呈してしまいました


それでもなんとか無事に入院期間を終えて戻ってきた赤嶺のために、えみるは半田や同期を引き連れてアパートの部屋を大掃除します。酒瓶が転がっているような部屋に戻ったら、また飲酒を始めてしまうに違いないからです。


その上で自助グループへも参加しました。が、赤嶺はその時既にもう再飲酒の気配を漂わせています。酒を飲みたいと言ったのではなく、酒などもう飲まないからすぐにも働きたいと焦りを露わにしたのです。支部長の八代孝(嶋田久作)は、それではブレーキが壊れた車に乗っているのと同じだと指摘しましたが、赤嶺には理解できないようです


それが理解できるようになるまで通ってきて


赤嶺は早速、こともあろうに居酒屋でバイトを始めてしまいました。赤嶺は元ホストだったのだそうです。


それでもなんとか度重なる酒の誘惑に耐えてきたものの、我慢ができず酒に手を出した挙句、ついには失踪してしまいました


えみるは京極から、赤嶺が次回保護費を受け取りに来なかったら受給停止だと言い渡されてしまいます。途方に暮れてとぼとぼと歩いていると、川辺に座り込んで釣り糸を垂れている赤嶺の姿が目に飛び込んできました


赤嶺さんっ!


赤嶺はえみるの姿を見て逃げようとしましたが、えみるは必死で追いかけました。


俺はダメな人間だ。生きてたって仕方がない


えみるは赤嶺の手を取って、ずっと赤嶺を信じていたと訴えました。


赤嶺に生きることを諦めてほしくないから。まだ終わっていない。まだまだこれからだ


赤嶺はもう一度頑張ってみると約束してくれました。今度の約束=覚悟は、自分をとことんダメな人間だと痛感しての結果ですから、今までとは違うはずです。支部長も、あ、飲んじゃった?やっぱりね、でもまだ生きているからやり直せるよ、と笑って励ましてくれました


アルコール依存症は、まさに「生きるか死ぬか」の大変な病気なのです。見た目にはそう見えない=本人の甘えとしか映らないからこそ、同じように苦しんでいる仲間の存在が不可欠なのですね


一方、ずっと挙動不審だった麻里は、今回、阿久沢に内緒で夜のバイトをしていることが判明しました。これはチェーンストーリーの方で詳しく描かれていますが、どうやら麻里には差し当たってかなりの金が必要らしいのです。阿久沢があんなんじゃ当てにはできませんものね


阿久沢がもう少ししっかりしてくれたらよいのですけどね~。一度ぐらい親らしいことをしてみろ!と怒鳴りつけてやりたくなります


まだまだ暑いけれど、夜には虫の声も聞こえるようになって少しずつ秋の気配が漂うこの頃ケンカツもいよいよ終盤です。続きもとっても楽しみですね



健康で文化的な最低限度の生活 1-6巻 新品セット
ようやく涼しくなってきましたね

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ