2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

ディア・マイ・フレンズ あらすじと感想 第3話 母と娘

コ・ヒョンジョンさん主演の韓国ドラマ、【ディア・マイ・フレンズ】の3話を視聴しました。この物語はヒョンジョンさん演じる主人公で小説家のワンが描いた小説として語られているらしく、そのタイトル「ディア・マイ・フレンズ」は、今回ワンの母のナンヒが既に示唆していました。ディア・マイ・オールド・フレンズというタイトルではどうか、と


~厳密には所有格が入る時はそれをdearの前に置いた方が英語的には正しくなります:「My Dear (Old) Friends」~


以下ネタバレのあらすじです。まずはそのワンから参りましょうかディア・マイ・フレンズのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ワンを取り巻く男性のうち、前回「アバター」と名乗っていたのは、元恋人のソ・ヨンハ(チョ・インソン)という漫画家でした。ワンがスロベニアに留学していた時に知り合ったようです。


ヨンハは独身主義者だったため、結婚を望んでいたワンは一度は別れようとしたらしいですが、それでも彼を諦めきれず、一生恋人のままでいると約束したほどヨンハが好きだったらしいです。ヨンハが描いたワンの絵は今でもワンのマンションに飾ってあります


それがなぜ別れることになったのか~その理由はまだ明かされていませんが、ナンヒ曰く、ワンはスロベニアから帰国してからすっかりとげとげしくなったそうです。今でもしょっちゅうやり取りをしているところを見ると嫌いで別れたのではなさそうですが?


ナンヒがワンに結婚を勧めた際、相手はどんな男でも構わないが2部類=既婚者と障害者だけはダメだと言った時のワンの表情から類推するに、もしかしたらヨンハはワンとの同棲を始めた後に何らかの理由で障害者になったのかもしれません。


ワンは昔からずっとナンヒの期待に応えようと頑張ってきたそうです。一生懸命勉強して有名大学に入り、留学もした。でももうイイ大人になった今ではそうそう母の思い通りには生きたくない。あれこれ命令してほしくないし、留守中に勝手に自分のマンションに上がり込んでほしくない。ここは私が自分の金で買った私の城だ


母は私にとって重荷だ


韓国語の発音は違うでしょうが、日本語ではこれが「オモニ=母」だというのがまた奇遇ですよね


ナンヒがこれほどワンに執着するのは、夫の浮気だけではなく、母のサンプンとの親子関係にも原因があったようです。サンプンはナンヒよりも、50代で産んだ長男のインボンを可愛がっていたのだそうです。インボンはワンより年下だというのに、電柱での作業中に落下して障害者となったそうですから、尚更不憫でならないのでしょう


私は母を愛しているし、幸せも願っているが、私を巻き込まないでほしい


ワンに共感しない「娘」はまずいないのではないでしょうか。でも反抗できるうちが花、その「重荷」もいなくなってしまったら本当に寂しいのですが


次はヒジャです。


ヒジャは約束通りジョンアと認知症の検査を受けに行きました。その結果、ジョンアは何でもありませんでしたが、ヒジャは軽度の「妄想性障害」と診断されてしまいます。医師はヒジャに、部屋に監視カメラを仕掛け、自分の見たことが現実ではないと確認するよう助言したそうです。こうしてヒジャは確かに自分の見ていたのは妄想だと悟ったそうです


認知症になったとしても死ねば終わりだ~そう開き直ったヒジャは、いっそ今死んでしまおうと思い立ちました


町に出てコーヒーを飲み、店員に文句を言われても気にせずに片づけてこなかったのはこの後のことだそうです。ヒジャはあるマンションの屋上から飛び降りようとしますが、それでは通行人に迷惑がかかるかもしれないと思い直し、道路でトラックの前に立ちはだかりました。トラックの運転手は、当然ヒジャより若いのですが、罵詈雑言を浴びせかけて立ち去っていきます。


死にたかったら漢江へ行け!!


ヒジャはむかっ腹を立てながらもそれもその通りだと思い直し、タクシーで漢江へ向かいました。タクシーの運転手は橋の上などで降ろしたら問題になると止めましたが、ヒジャはまったく取り合いません。客の望むところで降ろすべきだわ!


その運転手が通報したのか、ヒジャは川に飛び込もうとしたところを監視員に見つかって自殺を阻止されてしまいました。


ヒジャは警察に連行されても息子たちの連絡先を言わず、ジョンアに連絡をしてきます。小うるさいソッキュンに止められて寝床に入らされたジョンアは、こっそりナンヒにメールを送って警察に行くよう頼みました。自分もソッキュンが寝入ったのを確認し、こっそり駆けつけてきます。ナンヒはワンに知らせています


ヒジャが警察で黙秘を続けていたところに、ワンに呼ばれたヨンウォンがやってきました。警察の副所長がヨンウォンの大ファンらしく、ヒジャはきついお叱りだけで釈放されることになります。今度やったら私も罪に問われるのよ。ヨンウォンはそう言って、よかったら自分と住んでみないかと持ちかけました。果たしてヒジャはどうするでしょうか。


またそのヨンウォンはどうやらガンを患っているようです。その事実を知っているのはサンプンだけなのかな。サンプンは、ナンヒとヨンウォンのことを知らずにいたのが前回の同窓会で初めて知って娘のためにヨンウォンの髪を抜いたのですが、ヨンウォンはそれが当然だと言い切りました。サンプンが心の中で申し訳なく思っていたのをすばやく察知したからです


ヨンウォンは彼女の身体を気遣うサンプンの膝に寝ころび、今まさに満開のモクレンを見上げました。きれいな花ねどうかその日1日を大切に生きてほしい(/_;)


誰も身寄りがないらしいヨンウォンにとって、サンプンは母親代わりなのです


それ以外では、ジョンアの長女のスニョンが、夫で大学教授のオ・セオ(クォン・ヒョク)から酷いDVを受けていることが明らかになりました。殴る蹴るは当たり前で、スニョンの髪をつかんで引きずりまわしては彼女の浮気を疑っていたようです。それをスニョンは「風邪」だと言ってジョンアを呼ぼうとするのですが、ジョンアもソッキュンもそれに気づかないのがもどかしい限り


さて明日はどんな展開が待っているのでしょうか。「ディア・マイ・フレンズ」は続きもとっても楽しみですね



ディア・マイ・フレンズDVD-BOX1(6巻組)&BOX2(6巻組)

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ