2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

高嶺の花 最終回 ネタバレと感想 大どんでん返し

野島伸司さん脚本、石原さとみさん主演のドラマ、【高嶺の花】もゆうべはついに最終回でございました。最後は思いもよらない大どんでん返しでしたが、それがまた何とも心地よかったです高嶺の花、最終回のネタバレ行きますよ~( *´艸`)。もも=石原さとみさんがまた実に美しかった~


以下早速ネタバレです


なんとですね~市松の本音はももを家元にすることだったのだそうです!


市松は、ももが市松の実子でないことはいずれ明るみに出ることだから、ももが家元になった後にそうなったら、ななが神輿に担がれて醜い争いが起きると懸念していたのだそうです。親としてななの才能を見出したいという気持ちもなくはなかったものの、市松にはななの限界が分かっていたのだそうです。あの子には才能はあっても天分が無い


その天分がももにはあるそうで、もしももが本気になったら、あの兵馬もひれ伏すほどの華道家になると市松は確信していたそうです。


そしてその天分は、市松ではなく母・美恵子から受け継いだものだったようです。美恵子もまた市松をしのぐ実力の持ち主かつ人柄も申し分なく、誰からも慕われ尊敬されていたのだそうですが、市松がそれに嫉妬して美恵子の華道を否定したために、市松と結婚してからは生け花を止めてしまったのだとか


美恵子はそれほど市松を愛していたのですが、市松から疎遠にされたために寂しくなり、高井と結ばれてしまったのだそうです。


ということは、以前市松がした美恵子の話はまんざら嘘ではなかったのかもしれませんね。美恵子は最後までももは市松の娘だと言って譲らなかったのだそうですから。そういうことなら、ももを何としても家元にしてほしいと願っても不思議はありません。


そしてももはその美恵子にそっくりだったのだそうです。顔も性格も華道家としての才能も


一方、ぷーさんはそんなももを決して裏切りませんでした。千秋の誘惑には決してなびかず、ももを愛しぬくと誓います


寿司屋の分厚い湯のみと高級なティーカップのどちらが壊れやすいと思いますか?


ティーカップは、確かに壊れやすいけれど大切に扱われるので壊れにくいのだそうです。ぷーさんはそんな壊れやすいティーカップのような女性じゃないと好きになれないと語りました。旦那や彼が浮気しても平気でいるような女性は嫌だ


スマホを通してふたりの会話を聴いていたももは涙を流して感動しました


それでもももはぷーさんとはきっぱり別れて月島流家元になることを決意しますが、ぷーさんがその決意を翻します


どんなに泣いてもすがってももうお別れだととても丁寧に言われた挙句、お弁当まで作ってもらって突き放されたぷーさんは、それでも何かできることがあるに違いないと泣き喚きます。亡き節子は、男が未練がましいのはまだ余力を残しているからだと語っていたそうです。


もっと何かしてあげたい。あんなに必死に生きている人いないもんまだまだ足りない!


そこでぷーさんは、宗太が取ろうとして滑り落ちた崖に咲く「高嶺の花」を取りに行こうと思い立ちました。千秋や佳代子ら女性陣は皆呆れますが、男性陣は大いに共感してともに出かけることにします。冒険だ!


富士の樹海へ向かった一行は少年時代を思い出すと大盛り上がりでしたが、実際に高嶺の花を目にした途端に写真を撮って帰ろうと言い出しました。それほど高嶺の花を手に入れるのは困難に見えたのです


が、ぷーさんは違いました。意を決して崖を登り、どうしても手が届かないところまで来ると、思い切ってジャンプして花をつかんだのだそうです


ぷーさんは入院し、文字通り命懸けで手に入れた高値の花はもものマンションに届けられました。その花を見たももは、花が好き、ぷーさんが好きという自分の素直な感情を極限まで昇華すればよいのだと思い知らされます。私はお花!


本来ももの正式な家元披露をするはずだった場が、ももが新流派を開きたいと申し出たためふたたび「俎上」の場となりました。


会場へ向かう車の中で、ももは実の父親の高井に、全力で高井の人生を肯定してあげる、と約束ます。お父さんの人生


市松は気が触れたのか?と批判しますが、兵馬がこれをとどめました。新流派を認めるには協会の理事7名全員の支持が必要なのだそうです。あなたが認めなければ済むことだ


ももはそこでぷーさんがどれほど素晴らしい男性かを話し始めました。そのぷーさんへの愛を認め、素直に己の感情を花に託して活けていきます。


その方はすべての土地を照らす太陽なのです。自分の価値観を固定せず、他人の価値観をすべて受け入れる。聡明で高潔な魂。私はあなたの暖かな日差しに感謝して愛と喜びに満ちていればいい。

これがありのままの私の求愛です。

お慕い申し上げております。


太陽の日差しに顔を向けて咲く花のように、自分もまたぷーさんから目を背けず生きていくという決意を語ったももの作品は、市松が語った通り、兵馬を圧倒しました。私は言葉も無い!素晴らしい!( ;∀;)


ももの言葉は亡き千恵子を彷彿させ、市松はももの作品を「月島ではない」と否定しました。だが見事ではあった


こうして満場一致でももの新流派が認められました。こっそり会場のドアを開け、ももの言葉に男泣きに泣いていた高井の姿も忘れられません


ななに続き、自分の足で立ちたいというももの願いを聞き入れてひとりになった市松は、最後に残ったルリ子にこうつぶやきました。一番月島のことを考えてくれていたのはお前だ。


美恵子の圧倒的な天分に劣等感を抱いていた市松は、唯一、ルリ子の前でだけはくつろげたのだそうです。するとルリ子は市松さえその気になってくれれば、必ず跡継ぎを産んでみせると意気込みを見せました


またななは、どうやら北海道へ行ってサラブレッドを育てることにしたらしい龍一を追いかけていきます。龍一はもちろんななを受け入れてくれました。このふたりも純愛でしたね


そしてももは、退院してきたぷーさんを三つ指ついて迎えました。ぷーさんは、またスマホで皆に会話を流しているのではないかと疑いながらも(その通りでしたが)、嬉しそうにももを受け入れます。ちなみにももには漏れなく金さん銀さんも付いてきましたが、高井は月島に残ったそうです。


いつかおまえは本物の愛を手に入れる。だって私と父さんの息子なんだから十朱幸代さんがまた素晴らしかった(^^)/


また宗太も無事に戻ってきました。真っ黒に日焼けしたその顔はまるで別人のようで、横断幕を用意して待っていた皆から温かい拍手で迎えられます。その中には、憧れの芽衣も、そして宗太を苛めていた同級生の姿もありました


満面の笑みを浮かべながらただいまと答えていた宗太に、坂東と宗太の母も声を掛けます。おかえり!


宗太は坂東を抱きしめ、母には「俺はもう大丈夫だ」と左側から伝えました


ぷーさんはこれまで通り自転車屋の仕事に精を出し、ももは公園でたくさんの人を集め、大人も子供も女性も男性も分け隔てなく、生け花の楽しさを伝えています


一番大切な人を心に思い浮かべてお花は楽しんでいけるもの♪


人間には富も名誉も関係ない、きれいな心が大切なのだというまるで寓話のような素敵なドラマでございました。あれこれ邪推した自分が恥ずかしくなりました



秋の夜長にはぴったりのラブソングがいっぱいです

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ