2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

サバイバル・ウェディング ネタバレと感想 第9話 その選択応援します

波留さん主演のラブコメディ、【サバイバル・ウェディング】もいよいよ9話です。さやかはなかなか良い選択をしそうでございましたね。以下早速ネタバレですサバイバルウェディングのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


祐一から「転勤ではなく起業」、インドで暮らす場所も「バンガロールではなくチェンナイ」、しかも「永住覚悟」と聞かされたさやかは愕然としてしまいます


そんなの聞いてないよ!?


結局さやかは何も変わっていませんでした。一流企業に勤務する祐一と結婚し、せいぜい2~3年インドで暮らして戻ってきた後は日本で優雅に暮らそうぐらいしか考えていなかったのです。


起業!しかも見知らぬ異国の地でなんてもし失敗したらどうするつもり?お母さんに何かあってもすぐに駆けつけては来れない!!私はフツーの暮らしがしたいのに(;´Д`)


あのね、これがもう50を過ぎたおっさんが言いだしたなら反対するのも分かるけれど()、祐一はまだまだたっくさん無理&冒険のできる20代。しかも、ずっと夢に描いてきた理想を実現したい!とようやく一歩踏み出したというのになぜ応援できない?しかも祐一は、さやかと一緒ならどんな困難も乗り越えられそうだって言ってるのに、それを不安に思うってどーゆーこと??


案の定、さやかから相談を受けた編集長や多香子も同じようなこと言ってましたよ。失業したら私が養うって言えばいい。そこまで思ってくれているのにいったい何が不満なの?


それに母親のことも東京で同居しているならともかく、今でも福岡と東京ですよね。だったらインドとそう変わらないではありませんか


結局さやかは今も「結婚=安定」な価値観を捨てられずにいるのですよね。そもそもさやかは何のために結婚したいのかしらね?


とヤキモキしていたところ、その答えが見つかりました。以前さやかの上司だった週刊エッジの編集長=原田行正(矢柴俊博)がやってきて、さやかのサバイバルウェディング書籍化する話を持ってきてくれたのです。さやかは入社当時本を出すのが夢だったのだとか


原田は、俺にはお前の才能が見抜けなかったと謝罪しました。なんと宇佐美編集長は昔からさやかの文才に気づいていて、さやかをrizに引き抜こうとしていたのだそうです。そ~れで原田はさやかから復職したいとの話があった時、まっさきに宇佐美編集長に頼みに行ったのだそうです


でも、結婚できなかったらクビですよ!


それも宇佐美の「愛のムチ=嘘」だったようですね。そうでも言わなければ、ぐーたらなさやかが必死にならないと見越してのことでしょう。さすがは我らの編集長です


今回その編集長は、柏木惣一との商談をまとめようとアピールしたところ、無理矢理酒を飲まされて泥酔してしまったそうです飲めないのに(;´Д`)。柏木の妻はタクシーを呼ぼうとしましたが、編集長は「黒木、黒木」とわめきました


さやかはすぐに飛んできて編集長を送って行きます。大丈夫です。私、家を知ってますから


あ、ちなみにさやかはこの前に祐一の両親に「結婚の挨拶」に来ていますが、惣一からは、こんな男と結婚するより、やりがいのある仕事を続けた方がよいと忠告されています


そしてついにお待ちかねの編集長の自宅公開ですいや~想像通りの無駄のない質素なでも素敵なお宅でござりました(^^)/。やはりあの高級マンションではなく、そこを通り過ぎた先のぼろいアパートがお住まいでした。でもその部屋にはびっしりと蔵書と資料が並び、あのうんちくと自信はここから生まれたのだと感慨しきりでござりましたね。さやかのためにもか~なり色々調べてくれていたようです


そこでさやかは思わず本音を漏らしてしまいました。私はもっと編集長と一緒に仕事をしていきたい!その方がええよ~( *´艸`)


そうだそうだそれでよいのだ、と思わずうんうん頷いてしまったのはおばさんだけではないことでしょう


常に他人によりかかるのではなく、本当の意味で自分の足で立てた時、祐一でも和也でも編集長でも、他の誰でも、さやかにピッタリの相手が現れるに違いありません。とはいえ何の保証もありませんが、少なくとも「養ってもらいたい」だけで結婚するよりマシでしょう。さやかの母も仕事を応援していましたしね。


それ以外では、バークリフのマスターはやはり「439=与作」らしいこと、このマスターと週刊エッジのさやかの後釜=中谷ユリ(立石晴香)rizのバイトの橋本マイ(ついひじ杏奈)が結婚するらしいこと、同じくバイトの高橋涼太(小越勇輝)にふられて落ち込んでいたところを編集長のアドバイスに従ってキリリと薄化粧をして「できる女風」にした奥園千絵梨(ブルゾンちえみ)も、そのおかげで涼太をゲットするかもしれんこと、などが分かっています


さ~ていよいよ来週は最終回です。果たしてさやかの「選択」やいかに?



サバイバル・ウェディング2 「わたし、ひとりで生きていけますが結婚しないとダメですか?」

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ