2018/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

グッドファイト2 ネタバレと感想 第9話 464日目

グッドファイトのネタバレと登場人物はこちらからご覧いただけます: グッドファイト(The Good Fight) あらすじと登場人物、キャスト


グッドファイト2】の9話は「464日目」です。


ここ2年ほど、家庭の事情でほとんど世情に疎かったおばさんですが、最近は少しずつ心にも余裕が出てきたので、あれこれニュースも見られるようになりましたムフフ。そのついでに昨年あたりのニュースなどもあれこれ読んでみるとやっぱりひどいですよね~。たとえ多少経済的な業績を上げたとしても、国のトップが「こんなんでは、精神衛生上ヒジョーにヨロシクないです


特に今回のテーマ「ゴールデンシャワー」には開いた口が塞がりませんでした。こんなことが本当に事実なのか~できれば信じたくないのは、ダイアンも同感だったことでしょう


でもドラマとしては面白かったですね~。1話完結でありながら、ちゃんと前回の伏線を回収するのはいつもながらにお見事です


以下ネタバレのあらすじですkaeru


まず最初のヤギもまた効いてましたね。トランプ大統領が首脳会議に5匹のヤギを連れていくというホットニュースに世論は騒然としていましたThe American people don't care  whether the president brings goats


Many wondered why the president was insisting on taking five goats to the European summit.
トランプ大統領が欧州サミットに5匹のヤギを連れていくと強調しているのはなぜなのか?


またダイアンの妄想かと思いきやなんとこれが「タイプミス」だったことが判明します。goats(ヤギ)じゃなくてgoals(目標)だったそうです。も~tとlじゃ明らかにハンドライティングの「見間違い」ですね。そのタイプした方もちと考えれば分かりそうなものでやんすが


またかI used to laugh at the absurdity of the news.  Now I'm all laughed out、という表情のダイアンにマリッサが来客を知らせに来ました。4日後に強制送還されるらしい若いロシア人の女性がダイアンに助けを求めに来たのです。女性はドミニカ・ソコロフ(Lili Mirojnick)というシカゴ大学の学生でスチューデントヴィザを持っています。


口では「やってない」と言いながら、あのトローンとした目つきは絶対にドラッグをやっているに違いないとマリッサが睨んだダイアンは、いかにもやる気が無さそうに、マリッサに先に聞き取りをするよう命じました。ところが・・・


I'm being deported because I'm one of the women who was taped with Donald Trump at the Moscow Ritz.
私が強制送還される理由は、モスクワのホテルリッツでドナルド・トランプと一緒に撮影された女性たちの一人だからよ。


マリッサは急いでダイアンに知らせに行きました。彼女は「ゴールデンシャワー」の関係者だと聞いたダイアンは早速ドミニカを呼ぶよう命じました。事が事だけに、エイドリアンやジュリアス・ケインも同席します。


ゴールデンシャワーについてはあまりにもひどいスキャンダルなのでここで詳細を書くのは憚られました。場所はモスクワのホテルリッツでかつてオバマ夫妻が宿泊したスイートルームだと言うことだけ明記しておきまする。そこで恥知らずな人々が何をしたのかは、もしまだご存知なくて興味がある方は「ゴールデンシャワー、トランプ」でチャムって、否、ググっていただければ幸いです


強制送還されたら私は当局に殺されてしまう!


最初レディック・ボーズマンではこれがガセネタだと判断しました。ダイアンはこれが「Project Veritas」(プロジェクト・ベリタス)に違いないと判断します。


ちなみに「プロジェクト・ベリタス」とはジェームズ・オキーフという人物が立ち上げたNGOで、良く言えば?自称の「ゲリラ・ジャーナリスト」でしょうが、ありていに言えば、前回も話題になった「フェイクニュース=でっちあげ」を報道している人物らしい


~同じアメドラの「ホームランド6」のブレット・オキーフも彼がモデルだったのでしょうか


報告を受けた民主党のルース・イーストマンも同意見でしたが、あれこれ調べて行くうちにどうやら本物だったことが明らかになります


ダイアンはFBIのマデリン・スターキーにも助けを求めましたが、これがまた実に狸なのです。耳寄りな情報なら聞くだけは聞くけれど、だからと言って動いてくれるとは限らない。マイアの時もそうでしたよね。スターキーの甘言には必ず何か魂胆があります


スターキーは実際のテープの内容をかなり詳しく知っていたそうで、娼婦たちは二人とも金髪だったと反論しました。ちなみにドミニカはブルネットです。


どうしても信じろというなら、このゴールデンシャワーを撮影したFSB(Federal Security Service of the Russian Federation~ロシア連邦保安庁)の仕掛け人の名前を教えろと持ち掛けてきます。


ドミニカは、実際にコンタクトを取ったのは友人のオルガだったと伝えました。するとオルガは早速捕まって強制送還されてしまいます。もちろんスターキーの仕業です


そこへそのオルガからダイアン宛にUSBが届きました。「P.P」(peex2)と銘打たれたそのUSBにはゴールデンシャワーの映像がバッチリ映っていたそうです。エイドリアンとマリッサ、そしてジュリアス・ケインはその動画を見ましたが、ダイアンはそんな気すら起きなかったようです。あ~分かる分かる。んなもん妄想だけで十分、否、妄想すらしたくない


それでもルースは偽物だと否定しましたが、実際には本物だと確信していたらしく、きっちりコピーを取って封をして2020年の10月に開封するよう明記していました。ってことは、たとえ何があろうとも再選だけは食い止める覚悟でしょうか


またスターキーも偽物だと決めつけてドミニカを強制送還しようとします。ダイアンは早々に諦めましたが、マリッサは粘りに粘ってついに映像が本物だと証明しました。偽物だと判断された理由はトランプ氏が着用していたバスローブの柄がホテルのものとは違うということでしたが、同氏は常に自分のバスローブを持参して旅行するのだそうです


こうしてついにスターキーは折れ、証拠のUSBを回収した後、コピーが無いことを確認の上、ドミニカの強制送還を取りやめました。となると~やはりルースが「コピー」を使う日が来るってことですよね


また前回無念にも冤罪を晴らせなかったクレイグには、新たな弁護人=ガブリエル・コヴァック(Fisher Stevens~マーヴィン・ジェラード@ブラックリスト)が付くことになりました。彼は自ら主張していたように、シーズン1#8「レディック対ボーズマン」に登場しています


司法試験に2度落ちたというコヴァックは、弁護士になってからも大した訴訟を扱っておらず、以前登場した際の例からも分かるように、詐欺師まがいの悪徳弁護士でした


が、今回は、なんとなんとマイアに恋をしたそうで、彼なりにベストを尽くしてクレイグの弁護に当たりますティモシー・スタネク判事(Peter Gerety)は、訥々と弁護をするコヴァックに同情したのか、それとも「刑務所内で母のために石の彫刻を彫っているクレイグ」に同情したのか分かりませんが、非常に好意的だったのも楽しかった


ふふ、石でチェスの駒を彫っていたのはアンディ@ショーシャンクの空にですよね


さすがにそれだけで勝つのは難しかったのですが、ここにルッカが見事な援護射撃を送ります


民主党委員会(DMC)の委員長、フランク・ランドーによると、コリンは検事の仕事で黒人を負かしてばかりいるため、たとえルッカが黒人でも黒人受けが悪いのだそうです。コリンは、白人に対しては司法取引をしているのに、黒人はそのほとんどを訴追しているのだとか


そこでルッカは一石二鳥の案を思いつきました。エイドリアンがもみ消した「30件の再審」です。何せ相手のホワイトヘッドは「悪徳白人警官」ですから、コリンは30人の黒人の冤罪を晴らすことができます。これで一躍1区のヒーローに躍り出ること間違いなしです


コリンは早速スタネク判事の法廷に乗り込み、ホワイトヘッドの悪事を暴露し、クレイグもその被害者だったと謝罪します。途中でコリンを遮ろうとしたコヴァックを、スタネク判事が押しとどめたのには大笑いでした


Counselor, he's agreeing with you, so it's best to shut up.
コヴァックさん、検事は君に有利な発言をしているのだから、黙っていた方がいい。


こうしてクレイグは晴れて釈放されました


Mr. Savador, this court can't give you back the two years that you spent incarcerated, but we can give you back your future.
サヴァダーさん、この法廷はあなたが既に過ごした2年を返すことはできませんが、未来を与えることはできる。


いやいや、麻薬所持は間違いなかったようなので、2年ならむしろ1年早く出られてラッキーなはずでやんすが


もちろんコヴァックの恋が実ることはまずないでしょう。何せマイアはゲイなのですから。でも今のコヴァックにはその意味すら通じていなかったようです


いやいや実に楽しかったですね。あとは何とかエイドリアンが反省して、ジェイが戻ってきてくれたら万々歳です


グッドファイト2」は続きもと~っても楽しみです。今日も見るよ~(^^)/



まずは一見

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ