2018/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

ディア・マイ・フレンズ あらすじと感想 第10話 誤解とすれ違い

コ・ヒョンジョンさん主演の韓国ドラマ、【ディア・マイ・フレンズ】は10話もまた切なかったですね~。以下早速ネタバレです


今回は何と言ってもソッキュンが悲しすぎでしたこの不器用な父ちゃんが気の毒すぎて泣ける(;´Д`)


ソッキュンはソンジェとともにセオを呼び出してあの録音を聞かせました。ソンジェはいかにも老獪な弁護士らしく、巧みに5億もの慰謝料を請求します。ソンジェはソッキュンが勤務している大学の学長と大学の同期なのだそうです


大人しく5億払えばこのことは不問に付してやるが、支払いを拒否したら、ありとあらゆる手段を使ってこの会話をリークしてやる


セオは、金さえ払えば録音を破棄するというソンジェの言葉を信じるしかありません


ソッキュンは大事な娘が乱暴されたのに金だけでは許さない、社会的地位も剥奪してやると息巻きました。ソンジェは、それではスニョンが逆恨みされかねないと忠告し、道に落ちていた釘?を拾って、これで恨みを晴らせと助言します。セオはもう既に新しい車を買ってやってきたのだそうです。それにこの録音は絶対に消さない。(


ソッキュンは釘で車体に傷をつけながら車の周りをぐるりと一周して留飲を下げました。後から出てきたセオがそれを見て大騒ぎする姿も楽しみます


帰りのバスの中でソッキュンはこの武勇談をスニョンにどう話そうか練習した上で電話をしますが、どうやら既にスニョンは前の番号を破棄してしまったらしく、電話がまったく通じません。本来ならここでジョンアを通して伝えればよいのでしょうが、ジョンアもまた「ケチで横暴なソッキュンがまさか娘のためにそんな行動に出ていようとは思いもよらないため、口すら利いていないのです


そのジョンアもまた、スニョンのために何かしてやりたくて、自分名義の不動産=自宅をソッキュンに内緒で売ることにしました。その金をスニョンに渡すつもりのようです。


そんな事とは知らないソッキュンは、彼なりに何とかジョンアを慰めようと、懸命に声を掛けました。


お義母さんは天国へ行けたさ。スニョンにはいずれ大きな贈り物をやるつもりだ。いつかお前とアメリカに行ったらスニョンに会える


ジョンアは、離婚したスニョンも、亡くなって鳥になったヨンスンも晴れて「自由今度は私も??( ;∀;)になったのだと気持ちを切り替えていたのですが、このソッキュンの言葉にまたしてもカチンと来てしまいます


私だって「いつか母に孝行するつもりだった。「いつかなど来るものではない


ジョンアがスニョンを送りに行くと、そこに鳥が飛んできました。ヒジャはヨンスンがヒジャを追いかけてきたに違いないと断言します。そうそう、そういうことって本当にあるのですよ


そのヒジャは相変わらずソンジェから猛アタックを受けて困惑していました。何でもヒジャは、ソンジェが来なかったあの日ずっと泣いて過ごしたらしいのですが、その恨みをソンジェにぶつけると、ソンジェはヒジャが結婚したと聞いた時3日以上泣いていたと反論します。ヒジャが結婚したショックで、免除されていた兵役も、自ら志願したそうです


やはり、可哀想ですが、チュンナムに勝ち目は無さそうです


一方で、懸案だったナンヒは、ワンが出版社に行くと聞いてずっとその様子を見張っていました。ワンはドンジンと別れ話をしていたのですが、ドンジンがワンの額にキスをした後ふたりがずっと抱き合っていたのを見たナンヒは、ふたりの不倫を確信し、翌日ドンジンの出版社に怒鳴りこんでいきます


よくも私の大切な娘に手を出したわねっ!!なんてことをしてくれたの!( `ー´)ノ


どうやら頭と大事なところ()をボコボコにしたようで、ドンジンはすぐにタクシーで病院へ向かったそうです


ナンヒはワンのことを心配するあまり、せっかくギター男が声を掛けてくれたのもどーでもよくなっていました。ちなみに彼は近くのコンビニの店主だそうです


でも、これは推測ですが、ワンとドンジンは特に深い関係にあった訳ではなかったようですよね。ドンジンはワンにとって初恋の先輩ではあったけれど、ドンジンが妻と結婚した後、ワンはずっとヨンハ一筋だったようです


その後ドンジンはワンを愛してしまったようですが、ワンがヨンハと別れた後にドンジンに近づいたのは、あくまでもヨンハを忘れるためで、ドンジンもそれを承知していたようですから、あの雨の日のキスが最初で最後のキスだったのかもしれません。


ワンは小説を書きながら「先輩たち」の勇気を学んでもう一度ヨンハとやり直す道を模索すべきですね。軽々しいことは言えませんが、たとえ足を失ってもヨンハはヨンハ、ワンが愛した魂は健在なのですから


とはいえ、迷う気持ちは分かります。果たしてワンがどのような決断を下すのか、先輩たちがどうワンの背中を押してくれるのか、最後までその経過を見守っていきたいですディアマイフレンズが面白い(^^)/。来週の放送が待ち遠しいです



ディア・マイ・フレンズDVD-BOX1(6巻組)&BOX2(6巻組)

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 2件

コメントはまだありません
Yukarin  
ディアマイフレンズ

こんさん、こんにちは。
このドラマ、評判がいいので視聴しているのですが、ワンのお母さんの思考回路についていけません。浮気していた夫を恨むならまだしも、浮気相手と連絡を取り続けた同級生を恨んだり、40過ぎの娘が不倫しているからと娘を責めるならまだしも相手に暴力振るうとか。全てを他人のせいにするのはお国柄なのでしょうけど、見ていてちょっと疲れますね。いいところだけかいつまんで観ていこうとは思っていますが。

2018/10/01 (Mon) 13:03 | 編集 | 返信 |   
Yukarinさんへ  
激しいですよね(;´Д`)

Yukarinさん、こんにちは♪
いつもブログをご利用頂きましてありがとうございます。

そうですね~ナンヒは特に感情表現が激しいですよね(;´Д`)。
アタイも1話を見た時はあまりのうるささに止めようと思いましたよ(汗。

でも3話目からちょっと感じ方が変わりました。
今自分的には特に、たとえ小うるさくて暑苦しくても
母親が生きていること自体がありがたいと感じてしまうからでしょうか。

それにきっと韓国ドラマの常で
その激しさが最後にはじーんとさせる布石になるんじゃないかな~と
期待しているところです(^_-)-☆。こん

2018/10/01 (Mon) 16:38 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ