2018/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

SUITS/スーツ あらすじと感想 第1話 楽しめそうです

織田裕二さん&中島裕翔さんの月9、【SUITS/スーツ】を覗いてみました


アメドラ、特にリーガルドラマは大好きなおばさんですが、SUITSは何度トライしても挫折した作品で、今回ももしダメそうだったらいつも通りだんまりを決め込もうと考えていましたが、これなら大丈夫、見ていけそうです


そもそも本家本元の作品が苦手なのは、主役の俳優さんたちがどーしても受け付けられなかったのですよね。おばさんの審美眼は人とは異なっているらしく(自分ではそうは思わんけど)世間様がどんなにイケメンともてはやそうと、自分がそう思わない場合はあかんのだす。お好きな方には本当に申し訳ありません


それにこのSUITSは重厚な本格ミステリーとは異なり、軽くキャラクターを楽しむ系のドラマなので、主役二人を気に入らなければまず無理です


でも、日本版は大丈夫そうです。織田さんの役はいかにも傲慢で鼻持ちならない男で絶対に一緒には働きたくないけれど見ている分には楽しかったし、中島裕翔さんは「弱くても勝てます」以来お気に入りの俳優さんなので、大満足です


ここんとこよくお目にかかる小手伸也さん(五十嵐@コンフィデンスマンJP)も、こちらはとことん嫌な奴でしたが、それを実にうまく演じておいででしたし、鈴木保奈美さんもシッカリ者のボスにピッタリでした


それに今ググって見つけましたが、鈴木さんと織田さんは懐かしの「東京ラブストーリー以来の共演だそうです。いや~全然ピンときませんでした。そう言えば、以前の木村拓哉さんのBGでも山口智子さん、出てましたっけね。何か郷愁でもあると?


特にこだわりはありませんが、月9や大河ドラマがピンとこないとなんか損をしたような気になりますが、この月9は楽しめそうで嬉しいです。以下簡単なネタバレのあらすじですスーツのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


幸村・上杉法律事務所で働くやり手の甲斐正午(織田裕二)はシニアパートナーになれないことに不満を抱いていました。クライアントでIT長者のダイス・スズキ(本名鈴木大輔~清原翔)のパワハラスキャンダルをもみ消したら昇進させてほしいと所長の幸村チカ(鈴木保奈美)に持ちかけます。もちろん正午は既にその準備を整えていました


チカが渋々了承すると、正午は待ってましたとばかりに手の内を明かします。ダイスを訴えた女性はダイスのライバル会社が送り込んだスパイであり、彼女の代理人となった弁護士の木次谷真之介(大和孔太)も、そのライバル会社の顧問弁護士だったのだそうです


ダイスのパワハラの記事を見てすぐにこのからくりに気づいた正午は、その女性をデートに誘ってパソコンを手に入れ、証拠を見つけようとするもパスワードの解読に失敗したため、自らメールを偽造して木次谷に見せたそうです。身に覚えのある木次谷はすぐに引き下がりました


~いやいや今時のデイトレードはPCじゃなくてスマホでしょ、なんてツッコミはこの手のエンタメドラマには野暮なのでござるよ


これで昇格できると喜んでいた正午に、チカは、シニアパートナーになりたいならそれなりの責任を果たすよう命じました。まずはアソシエイトをつけなさい


何もかもひとりでことを事を進めたい正午としては大いに不満でしたが、昇格のためなら仕方ないと、秘書の玉井伽耶子(中村アン)に命じて面接会を開くことにします。


そこへやってきたのが中島裕翔さん演じる鈴木大貴です。大貴は17歳で司法予備試験に合格したほどの天才で、一度見聞きしたことは決して忘れないスーパー頭脳の持ち主なのだそう


それなのに、悪友の谷元遊星(磯村勇斗)から頼まれた替え玉受験が発覚したことで受験資格を失ってからはず~~っとどん底生活を余儀なくされてきたのだそうです幸薄い役が多いねん(;´Д`)。大貴に両親はおらず、祖母の結衣(田島令子)が育ててくれたようですが、そんな祖母を田舎にひとり残して上京したのに、できることといったら時給千円強のバイトばかりです


そんな大貴がまたしても遊星から「危ない話」を持ち掛けられました。一旦は断ったものの、結衣を施設に入居させる金欲しさに請け負ったところ、それが大麻の取引で、大貴は体よく運び屋をやらされたことに気づきます。大貴が追っ手を振り切って辿り着いたのは幸村・上杉法律事務所の面接会場でしたしかも喪服(;´Д`)


秘書の伽耶子は大貴の見た目と雰囲気だけで気に入って中に通しましたが、履歴書とはまるで別人の大貴と、その所持していた大金を見た正午は暇つぶしにその事情を聴きだします


あれこれ話をしているうちに、大貴がかつて法曹界をにぎわせた天才少年だったことに気づいた正午は、大貴をアソシエイトとして雇うことにしました。ちなみに大貴は既に六法全書を2度も読んですべてを暗記しているそうです。普段なら1度で覚えるところ、改訂版も把握するため2度になったのだそう


とはいえ、弁護士資格がなければアソシエイトにはなれません。そこで正午は大貴をクライアントのダイスに仕立てることを思いつきました。ダイスはかつて東大法学部とハーバードのロースクールを卒業した弁護士だったのだそうです。ちなみに正午も同じみたいです


正午は大貴を大輔と改名させ、ダイスの経歴や過去の情報をすべて記憶させた上、実際にハーバードにまで行かせて準備万端整えました


が、そこで正午を目の敵にしている、やはり東大&ハーバード出身のカニこと蟹江貢(小手伸也)が、ダイスのパワハラの件で正午が証拠を捏造した事実を突き止めます


蟹江がこれを木次谷にリークしたため、正午は崖っぷちに立たされてしまいましたあっさり大貴を首にする正午( `ー´)ノ


正午はこれ以上不正は抱えられないとあっさり大貴を解雇しますが、そこで大貴が用意してきた「過去の犯罪歴」が役に立ちます。大貴は木次谷の息子の替え玉受験を請け負っていたのです


正午は早速大貴を連れて木次谷家に乗り込み、息子と大貴を引き合わせて木次谷に止めを刺しました。木次谷は即刻訴えを取り下げてくれたそうです


正午から報告を受けたダイスは、スキャンダルが命取りとなる日本社会に未練はないと海外への永住を決めたそうで、正午はそれならちょうどいいと大貴のことをダイスの耳に入れていたようです~たぶん


こうして正午は再び大貴を雇いましたが、無料案件のプロボノをこなすまで昇進はお預けだと言われ、そのケースを早速大貴に振りました。知識だけの大貴がどのように事件を解決するのか楽しみですね


その大貴は事務所のパラリーガルの聖澤真琴(新木優子~横峯あかり@コードブルー)がすっかり気に入っていたようです


それ以外では、正午の元上司で現在次長検事の柳慎次(國村隼)が不正を働いて司法記者に追われているというのも面白そうです。弁護士から検察へという転身はあまりないような気がするので、正午の方が元々検察にいたんですかね


また大貴は遊星から預かった金をマンションの屋根裏に隠したのに、逃亡中に捨てたと嘘をついていましたが、遊星があのまま黙って引き下がるとは思えません。だって3千万ですよ


同じ時間のDlifeのドラマもなかなか面白かったのでちと忙しくなりそうですが、楽しいのは大歓迎です。続きもとっても楽しみです日本版スーツは楽しめそう♪

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ