2018/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

恋する泥棒 最終回 ネタバレと感想(48~50話)ノーカットでもう一度見たい

韓国ドラマ、【恋する泥棒~あなたのハート、盗みます】もついに本日が最終回でした


最後はハッピーエンドの勧善懲悪で、全体を通してもとっても楽しいドラマでしたが、あらすじ書くのだけはヒジョーに疲れました。カットが多すぎてつじつまが合わないように思えることが多々あったからです。こ~れはカットされた方もご苦労なさったことでしょうね~きっと。


実際には伏線がたくさんあってかなり巧妙に作られたドラマだとお見受けしてます。おばさんはイラチなので大抵の場合はノーカットよりカット版の方が楽しめるのですが、この「恋する泥棒」は是非もう一度ノーカットで見てあれこれ納得したいものです。


BS11さん、以前はよくノーカット版も放送してくださったものだけれど、最近はお見掛けしませんね。是非また復活させていただけたら嬉しいです


と、ぼやきとお願いはそれぐらいにして()、以下ネタバレのあらすじです恋する泥棒最終回のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


まずは気になっていたヘウォンはソジュが助け出してくれました


最初ヘウォンはシネに協力してジュンテを懲らしめようとしたらしいですが、ジュンテは相手が「愛するヘウォン」でさえも金を出さなかったため、シネは一転してドルモクに身代金を要求してきます


そのドルモクにはソンジンから真相が明かされました。ジョンヘさんがあなたのお母さんだったのよ!


ドルモクはどんなことがあってもヘウォンを助け出そうとしましたが、ここはミンジェがファヨンを騙してヘウォンの居どころを突き止めてくれたようです。ミンジェはファヨンにシネとジュンテを逮捕すればファヨンがチョンムンの会長になれると唆しました。それでその気になっちまうファヨンはやっぱりシネとジュンテの娘ですよね


ソジュと師匠、そしてパンスが皆でヘウォンを救出に向かいました。ソジュから連絡をもらったドルモクが急いで駆けつけた時の「親子の再会シーン」は涙なくしては見られませんでしたね


ここでようやく皆のミンジェに対する誤解も解けます。ソジュがチームのふたりに真相を明かしてくれたのです。


ミンジェはジュンテにヘウォンは救出後どこかへ消えてしまったと報告しました。ジュンテが金を出し渋ったことから愛想をつかしたに違いないと言って


これでシネは誘拐犯として逮捕され、その株はかつての借金のかたにヘウォンに没収されました


次なるターゲットを父のジュンテに絞ったファヨンは早速チェ・ガンギュを巻き込みます。ミンジェとの婚約はジュンテが無理矢理決めたもので、ジュンテさえいなくなれば好きな人と結婚できると騙したのです。チェ部長がこれにまたコロリと騙されるのがアホですよね


以前、ジュンテがチェ部長から「犬の写真」を渡されて騙されたことがありましたよね。あの時はミンジェが差し替えたのだとばかり思っていましたが、どうやらそうではなかったらしく、テソク自身が犬の写真を送ってきていたようです~たぶん


あのネガさえ手に入れば!


チェ部長同様、ドルモクやソジュも心のどこかでそう思っていたようで、ふとした拍子にテソクの娘の納骨堂に隠してあるのではないかと閃きました。こうして無事ネガを手に入れたドルモクとミンジェは、これでようやくハギョンの仇が討てると喜びます


加えてヘウォンが金融監督院にチョンムンエネルギーの株価操作について訴え出ました。これに伴い株価は暴落し、チョンムンの株主総会ではソジュの株がモノを言ってドルモクが会長に就任します。ソジュの株って確か7千株じゃなかったでしたっけ


窮地に追い込まれたジュンテにヘウォンが止めを刺しましたなんて間が抜けているのかしら( `ー´)ノ。ヘウォンはついに自分がチャンギの妻であり、夫を殺された復讐のためにジュンテに近づいたと明かしたのです


ジュンテはヘウォンを殺そうとしましたが、ドルモクとソジュが助けに来ました。これでようやくジュンテが逮捕されます


取り調べではミンジェがやってくれました。ミンジェもまた自分の正体を明かし、ジュンテを思い切り殴りつけます。ここは、我慢に我慢を重ねてきただけに、ヒジョーに痛快でございましたね~


お前を殺してやりたいが、お前と同じ人殺しにはならない!俺はおまえとは違う!( `ー´)ノ


ジュンテはミンジェの「不正」をネタに脅迫しようとしましたが、そこはドルモクがちゃ~んと先手を打っていました。ホン会長の遺書を改ざんしたのはミンジェだったそうなのですが、これに加担したホン会長の弁護士たちが、ミンジェではなくジュンテに命じられて遺言書を書き換えたと証言してくれたのです。さすがはドルモク、そこに抜かりはありません


その上ファヨンも捕まりました。株価操作とインサイダー取引ですかね


ファヨンが無一文になった途端に捨てるのか、とミンジェに食って掛かると、ソジュが得意そうに皮肉りました。ドルモクのDNA鑑定までしたのにまだ気が付かないの?


ミンジェはついに自分がチャン・ミンジェだと打ち明けました


こうしてついに悪人どもをやっつけた(と思った)ミンジェとドルモクがパンスを間に挟んで寝たシーンがまた良かったですね~。立派な息子に囲まれたパンスはどんなに嬉しかったことでしょう。ハギョンもあの世できっと涙を流して喜んでいたに違いありません


その後ドルモクはついに竹の地図の在りかを思い出し、宝の在りかを突き止めました。かつて燃やした2枚の地図が必要になったため、わざとファヨンに第3の地図を見つけたという情報を流します。ジュンテはあの2枚の地図の写真を保管していたのだそうです。


一方のジュンテもまた意地汚く再びチェ部長を脅して逃走を図り、宝を手に入れようとしましたが、ドルモクとミンジェの策略に引っかかってあっけなく逮捕されてしまいました。ジュンテはこともあろうに娘のファヨンも殺そうとしましたが、ドルモクがジュンテの銃が暴発するよう細工をしていたらしく、己の手を吹っ飛ばしてしまったようです。チェ部長は死んだのかな。


ドルモクは自分がJだと公表し、潔く裁判を受けました。法は誰にでも平等であるべきだから厳しく罰してほしいと主張する一方で、金で法が曲げられることがあってはならないと訴えます


裁判長は、Jが犯行に及んだ動機が私利私欲ではないという世論も加味し、懲役1年の刑~ただし執行猶予2年~を言い渡しました


ジュンテには死刑の判決が下ったそうですが、韓国は公的には死刑廃止国と見なされているため、死刑は執行されないそうです。それならいっそ死刑制度を廃止すればよいのでしょうが、中には死刑を望む声も多いそうで、結論がでないでいるのだそうです(死刑執行モラトリアム)


事実上の無期懲役となったジュンテは毎日「黄金の鳥」を折りながら何を思っていたのでしょうか。ジュンテも「裏切り者の息子」でなければ違った道を歩めたのでしょうか


ちなみにファヨンとシネも刑務所暮らしです。シネには、今やドルモクの頼みでソンジンの下で働いているミエが面会に来てくれますが、ファヨンは孤立無援のようです。シネもファヨンをもはや娘とは思っていなかったようでしたね


ミエ同様一文無しになったユノは、ジュンボムのチキン屋で雇ってもらっていました。


そしてソジュはドルモクの子どもを宿し、毎週末には先祖の墓のあるあの大木の下でひと時を過ごしていたそうです。結婚式はカットされたのかな~たぶん。


ミンジェはきっとアパートを引っ越してパンスと一緒に暮らすことになったのでしょうね~とはおばさんの妄想でござるが


ペクサン将軍の「宝」も無事国の文化財として扱われたようですし、チョンムングループは一族経営ではなく、一般社員の手にゆだねられることになってめでたしめでたしでございましたね


カットはともかく、全体としては、韓ドラのいいところがいっぱい詰まった、人情あり、コメディあり、ミステリーあり、ロマンスありの、とっても贅沢なドラマでした



恋する泥棒~あなたのハート、盗みます~DVD-BOX1~5

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさ~ん、お疲れさまでした(^^)/。

ですよね~楽しいことは楽しかったんだけど、
今一つ??な部分が多すぎて残念でしたよね~(;´Д`)。

でもおっしゃるようにドルモクの笑顔には癒されました~( *´艸`)。

BS11さんでノーカット、是非放送してほしいでやんすね( `ー´)ノ。こん

2018/10/11 (Thu) 07:24 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ