2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

オスマン帝国外伝 あらすじと感想 第11&12話 男の戦、女の戦

オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~】の11話は「男の戦、女の戦」、12話は「後宮の毒」です。以下2話分まとめたネタバレのあらすじですオスマン帝国外伝のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ついにスレイマンはベオグラードを制圧しましたここはあっさりすぎたよ~(;´Д`)。無用な殺生はせず、投降した者には危害を加えぬと約束し、今後この土地はオスマン帝国の支配下となるが、忠誠を誓えば臣民として扱い、豊かな生活を保証すると公言します。その証に、今後1年は徴税を控え、大金を投じて街の修復にあたるよう命じました


モスクと学校を建設し、降伏した者は都に連れていけ。


この戦いに貢献したボスニア軍政官のバリ・ベイはスメデレポとベオグラードを治めるよう任じられました。


勝利の喜びに湧くスレイマン陣営に、トプカプ宮殿からの知らせが届きます。スレイマンには財務長官やヒュッレムからの手紙が、そしてイブラヒムにはハティジェからのラブレターが届きました。マトラークチュは興味津々でのぞき込もうとしますが、イブラヒムはさっさとこれを追い払います


そのラブレターにはイブラヒムへの愛が綿々とつづられた後、最後にヒュッレムの懐妊についても触れてありました。


ヒュッレムのスレイマン宛の手紙には妊娠については触れられていなかったため、イブラヒムが報告します。スレイマンは勝利の喜びに加えて子どもまでできたと大いに喜び、神に感謝しました


その頃ハンガリーのブダ王宮では、あたふたと逃げていったラヨシュ2世が、バチカンの使者相手に大嘘をついていました。スレイマンはわが軍に恐れをなして逃げていった!


枢機卿のポールは、どんなに耳の遠くなった年寄りでもまだ目は見える、戦は完全な敗北だ、要衝ベオグラードの陥落は火を見るより明らかだと指摘しました。教会は虚言を禁じている。虚言こそ大罪だ


バチカンではローマ法王がラヨシュ2世の失態を批判していました。ハンガリーは分断され、イスラム教徒が欧州に来た。皆心得よ。オスマン軍はラヨシュ2世に止めを刺さなかった。備えよ、戦いは終わっておらぬ


それから2カ月が経ち、スレイマン率いるオスマン軍が故郷に凱旋してきました。スレイマンは、迎えに出た家族に温かい言葉と抱擁を与えますが、マヒデブランだけは徹底して無視します。またそこにヒュッレムの姿はありません。まだ「家族」ではないのです


不満をこぼすヒュッレムに、女官長のニギャールは、子どもを産めば変わってくるとなだめました。ダイェは母后の言いなりだけど、このニギャールは理知的かつ優しくて素敵ですよね


ようやくヒュッレムに会いに来たスレイマンは、そのお腹に感動し、片時もそばを離れませんでした


自分への冷たい仕打ちとヒュッレムへの待遇の違いに怒り狂ったマヒデブランは、ついに、あの毒薬を使うことを決意します。以前ギュルシャーがマヒデブランのために用意した、大量摂取は心臓を破裂させると語ったあの薬です。


ギュルシャーは寝所には入れないと躊躇しますが、マヒデブランは、他の側女を使えばよいと唆しました。お礼は弾むと言え


そこでギュルシャーは側女のハシベ(Begüm Akkaya)に目をつけました。その夜スレイマンの寝所まで料理を運ぶことになっていたハシベに、ヒュッレムに下剤を飲ませて懲らしめたいと持ち掛けます。陛下は甘いものが嫌いだから、デザートに入れればヒュッレムしか食べない


ハシベは何度も断ろうとしましたが、「お礼」につられてつい引き受けてしまいました。本当に下痢だけなのね?


こうしてハシベが盛った毒はすぐにヒュッレムを苦しめました。それまで美味しそうにむさぼっていたヒュッレムが急に叫んで苦しみだします。スレイマンは即イブラヒムを呼びましたが、その頃イブラヒムは恋するハティジェと逢引き中で気づきません


呼ばれた医女は中毒を疑い、スレイマンに手伝わせて()毒を吐かせました。吐しゃ物を見たスレイマンはすぐにこれが毒だと見抜きます


その頃マヒデブランは自室で耳をそばだてていました。もし成功すれば大騒ぎになるはずだ。失敗したに違いない


一方でニギャールはイブラヒムを探しに行き、ヒュッレムが倒れたと報告しました。


文字通り飛んできたイブラヒムに、スレイマンは嫌みを言わずにいられません。どこにいた?これでは私が死んでも気づかぬな


イブラヒムは黙って命令を待ちました。必ず暗殺者を捕まえろ!私も危うかったのだぞ!!


スレイマンに叱責されたイブラヒムは通りかかったニギャールにその怒りをぶつけました。ニギャールの首を絞め、誰が毒を盛ったのだ、と問い詰めます。ヒュッレムの数少ない味方のニギャールが知るはずもないのに、あれはひどかったですよね~。これまでイブラヒムを買っていただけに、あれはかなりカチンときました


その頃自分のしでかしたことの大きさを知ったハシベはぶるぶると震えていました。そこへギュルシャーが様子を見にやってきます。ハシベはギュルシャーが自分を騙したと怒り、すべてぶちまけると言い放ちました


困ったギュルシャーはハシベを洗濯室に連れ込み、口をふさいで殺します。その上であたかも自殺を図ったかのように遺体を梁につるしました。


その後ギュルシャーが部屋に戻ろうとしたところを、ダイェとスンビュルが目撃します。ダイェは黙っていましたが、スンビュルはそうは参りません。イブラヒムから詰問されるとすぐに白状してしまいました


またそのギュルシャーはマヒデブランからひどく責められてしまいます。ギュルシャーがハシベを殺したのはマヒデブランを守るためだったのに、マヒデブランは、とんでもないことをしてくれたとギュルシャーを口汚く罵りました。こう言うところが好かんわ~このマヒデブランヒュッレムもそんなに好きじゃないけどマヒデブランはハッキリ嫌い(;´Д`)


イブラヒムは早速ギュルシャーを連れて来させました。ニギャールへの仕打ちを思えば、ギュルシャーなどひとたまりもないだろうと思っていたのにあにはからんや、イブラヒムはかなり優しく問いただします。マヒデブランとギュルシャーに対してはマニサ時代からの縁もあって同情的だったようです。


マヒデブランの仕打ちにショックを受けていたギュルシャーはあっさりすべてを打ち明けました。が、イブラヒムは、マヒデブランの名前は出すなとキツク口止めします。スレイマンが知ったら逆上することが分かりきっていたからです。


が、スレイマンも馬鹿じゃありません。イブラヒムがギュルシャーを呼びつけておきながら、毒を盛った側女は自殺したとだけ報告すると、すぐに真相を見抜きました。お前がどんなに隠そうと無駄だ


スレイマンは早速母后のもとへ行き、ヒュッレムに毒を盛ったのはマヒデブランだと告げ、これ以上彼女を制御できないのなら、自分が罰を下すと伝えました。もはや忍耐の限界です!


母后は早速ヒュッレムに大きな部屋を与え、食事には十分注意するよう命じました。


またイブラヒムも秘かにマヒデブランに会いに行き、これ以上の暴挙は看過できなくなると忠告します。あなた様と皇太子を守れなくなります。


あ~やはりイブラヒムはヒュッレムとは別の道を行くのですね~残念です


法王も語っていたように(史実的に)オスマン帝国の侵攻はまだまだ続くのでしょうが、しばらくは後宮ドロドロ劇になりそうですよね。まあそれが嫌にならん程度に少し距離を置いて見ていくことにしまひょか


なにはともあれ、ヒュッレムとお腹の子が無事でよかったです



オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ シーズン1 DVD-SET 1 [DVD]

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 2件

コメントはまだありません
ロン  
私も見ています

こんさん
こんにちは。ご無沙汰しています。
これ私も見ていますが、まだまだ最初の方です。
ヒュッレムが顔を殴られた回までです。

内容も面白いですね。
もともと、漫画を読んでいて気になって見始めたました。ヒュッレムは魅力的ですネ。
頑張って続きを見ます。

この間「恋のスケッチ 応答せよ1988」を見ました。
お母さん達が同じ世代で感慨深いものがありました。いい話でしたよ。昭和初期のような感じで。

年号が新しくなると昭和も明治扱いで嫌になります😩

ブラックリストも録画してまだ進んでいなくて、いつか見なくては!と思っています。
こんさんもお体大事にして下さい。

2018/10/18 (Thu) 14:47 | 編集 | 返信 |   
ロンさんへ  
そうでしたか!(^^)/

ロンさ~ん、こんにちは~♪
お変わりなかったですか?

おぉ~ロンさんもオスマン帝国外伝をご覧になっていたのですか!
ほぉ~漫画もあったのですね~( ゚Д゚)。

今ちょっとググってみたのですが、
篠原千絵さんの「夢の雫、黄金の鳥籠」とは
出だしは篠原さんが少し早くて(2010年7月)
終わったのはこの外伝の放送が早かったみたいです(2014年6月)。

内容はほぼ同じみたいですが、脚本は別みたいですよ~。
スレイマンとヒュッレムの物語はそれだけ有名で
ドラマになりやすいということなんですかね~面白いですね(^_-)-☆。

日本でいうと信長とか秀吉とかですかね~。
知らない人はまずいませんから。

>年号が新しくなると昭和も明治扱いで嫌になります

には大爆笑ですv-408
本当ですね~平成30年ってだけで驚きでしたのに(;´Д`)。

ブラックリストはシーズン3になって盛り上がってきましたよ~。

そろそろ寒くなってきましたからロンさんもご自愛くださいね~。

またお話しできる日を楽しみにしておりまする(^^)/。こん

2018/10/18 (Thu) 17:57 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ