2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

まんぷく ネタバレと感想 13~17話 横流しの真犯人

NHK朝の連続テレビ小説、まんぷくは、本来なら明日のきりのよいところで~とは思ったのですが、本日はめでたい展開だったので一足先に語らせていただきまする。以下すぐにネタバレしておりますので、知りたくない方はご遠慮くださいますように


萬平を陥れたのは、やっぱり、加地谷でした。ですよね~ゼッタイに怪しいと思ってましたよまんぷくのネタバレ行きますよ~(^^)/


加地谷は、才能あふれる萬平が、作ればゼッタイに儲かる「人殺しの道具」を作ろうとしないことに腹を立て、ジェラルミンの横流しで金儲けをした上に、その罪を萬平に擦り付けたのだそうです。最初に萬平を捕まえに来た憲兵の村城も加地谷とグルでした


一度憲兵に睨まれたら生きては外に出られない~そう誰もが思っていたところ、福子だけは決して諦めませんでした。立花さんは決して横流しなどするような人ではない。皆が幸せになれるよう、その役に立ちたくて発明をしているのだから!!


が、相手が憲兵となるとさすがの福子もひとりではどうすることもできません。実際福子は友人ふたりに付き添ってもらって萬平に会いに行くのですが、玄関で追い返されてしまいました。下手をすると福子まで逮捕されかねないと心配し、後をついてきた恵や牧たちが、慌てて福子を引き留めます


その後も皆が福子を応援してくれました。母の鈴だけは憲兵に捕まるような相手と付き合うなど言語道断だとわめきますが、これには克子も忠彦も反対してくれます。僕たちは福ちゃんの味方です!


とはいうものの、なすすべもなく焦っていたところに、ホテルで商工会の集会が開かれることになりました。そこで福子は、大阪経済界の大物、三田村会長(橋爪功)に直談判することにします


立花さんのような人材を失うことは大阪経済界にとっても大きな打撃となります!会長のお力で救ってください( ;∀;)


ここで、日和見の世良がしゃしゃり出てきました。世良は萬平が憲兵に捕まったと聞くと即、それまでの「親友気取り」を止めて逃げ出してしまったのですが、三田村会長が動くとなれば話は別だと、大威張りで自分が一肌脱ぐと宣言します


不幸は伝染するなんて言ってたくせに、ま~ったく調子のイイ男ですが、この際使えるもんはなんでも使った方がよろし


世良は早速理創工作社へ行って実情を探りだしました。以前立ち寄って萬平の話をした際、けんもほろろだった加地谷に対し、従業員の竹ノ原大作(宮田佳典)は、萬平は横流しなど絶対にしないと断言していたのを思い出したからです


世良がああ語った根拠は何かと尋ねたところ、竹ノ原は、確証はないけれど、もし万が一萬平が横流しをしたら、加地谷が気づかぬはずがないと答えました


それで世良は加地谷の後をつけ、加地谷と村城との密談を盗み聞きすることに成功します。加地谷は、萬平が罪を認めようとしないと聞いて、秘かに萬平を殺せと村城を焚きつけていたのです。萬平から横流しを受け取ったと証言したという闇商人もこの村城が殺したそうです


お~のれ!加地谷めっ!!許せんっ!( `ー´)ノ


世良から話を聞いた三田村は、早速世良を伴って陸軍大将の神宮幸之助(麿赤児)に会いに行きました。三田村は萬平を失うことは大阪の経済界にとって大きな損失だと訴え、是非とも助けてほしいと頼みます。それはきっと閣下の利益にもなることでしょう


一方、横流しの罪で捕まった萬平は、毎日それはそれはひどい拷問を受けていました


同じ牢に入れられていた稲村大悟(六平直政)から、いい加減に罪を認めたらどうだと勧められても、僕はやっていない!と言い張ります。やってもいないことをやったというくらいなら死んだ方がマシだ!


拷問に加えて、萬平は自ら何も口にしようとしなかったため、最初は萬平を信じていなかった稲村も、真剣に萬平のことを考えて心配してくれました。萬平が、家族はいないが大切な人はいると語ったから尚更です。


生きてその人に会いたかったらまずは食うことだ。死んでもたら二度と会えんぞ


萬平はプライドをかなぐり捨てて、稲村が差し出した不味いおにぎりを頬張りました


萬平を「クロ」だと決めつけながらも、彼がハンガーストライキをしていることに一抹の不安を感じていた憲兵たちは、これで勢いを増しましたが、萬平は、必ず生きてここを出て福子に会いたい一心で拷問を耐え抜きます。


また萬平は、先に釈放の決まった稲村を心から祝福したため、稲村は涙を流して感動しました。あんたのような人は初めてだ!


そうこうしているうちに「鶴の一声」があったらしく、萬平は無事釈放されました。世良と福子が迎えに行き、福子と萬平は涙涙の再会を果たします


生きてあなたに会えるとは思わなかった!福子さんっ!!( ;∀;)


ちなみに加地谷はいち早く逃げたようですが、村城は捕まって軍法会議にかけられるそうです。


その後福子は毎日お弁当を作って萬平の家に通ってきました。もちろん鈴は面白くありませんが、福子はまったく気にしません。図々しく萬平に恩を売りまくる世良からは早くも「女房」のようだとからかわれて嬉しそうです


明日は鈴も根負けしてふたりの交際を許してくれる~になるとよいですね


 
朝からこの歌を聞いて福ちゃんの笑顔を見ると元気になれます

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 1件

コメントはまだありません
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさ~ん、こんにちは~♪

加地谷はホンマに卑劣な男でしたよね~( `ー´)ノ。
近くにいたらボコボコにしてやりたかったです(爆。

ふふ、私も鼻歌歌ってますよ~トゥラッタッタ~♬
軽快でノリの良い曲ですよね~。
掃除も洗濯もはかどりまっせ(?)(^_-)-☆。

今日の放送も既に見終わってニンマリしていたところでしたv-314
どうぞよい週末をお過ごしくださいね~(^^)/。こん

2018/10/20 (Sat) 09:48 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ