2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

ぬけまいる あらすじと感想 第1話 女3人気ままに伊勢路を行く

ともさかりえさん、田中麗奈さん、佐藤江梨子さんの3人が江戸時代の三人娘ならぬ三人おばさんを演じる【ぬけまいる】は、なかなか軽快で楽しいドラマでした


しょっぱなからかなりのドタバタでしたが、この3人にまったく嫌味が無くてあっけらかんとしているのが、何とも痛快なのですよね。同じNHKの時代劇、「昭和元禄落語心中」とは180度毛色の違う作品ですが、これはこれで大笑いして楽しめそうです


以下、登場人物の紹介を兼ねたネタバレのあらすじですぬけまいるのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


若い頃は「馬喰町の猪鹿蝶(いのしかちょう)」と呼ばれた3人はその名も以乃(ともさかりえ)、志花(佐藤江梨子)、(田中麗奈)。


以乃は母お里(宮崎美子)の一膳飯屋「こいこい」を手伝う独身女、志花は武家に嫁いだ子持で知る人ぞ知る剣術の達人、そして蝶は、店を立て直したことが自慢の小間物屋の女主人で、店の者からは大層鬱陶しがられ、否、敬われていたそうです。


そんな3人はある日、思い立って「ぬけまいり」に出かけることになりました。抜け詣りと言うのは手形を持たずに着の身着のままでお伊勢参りへ行くことを指すのだそうです。その特徴は各人手に柄杓を持っていくことだそう。


当時は「死ぬ前に一度は伊勢参りを」と言われていたこともありますが、3人の場合はそれぞれ事情がありました


まずお蝶は、夫の次兵衛(三宅弘城)がいながら、次兵衛が小間物屋の番頭だったことが面白くないのかはたまたイケメンじゃないのがつまらないのか、年下の情人を囲っていたのにその仙太郎が若い女と浮気していたことに気づきます。しかもその相手の女から「おばさんは引っ込んでいろと言われたのが悔しくてなりません


また志花は、格式ばった婚家の姑、須磨からあれこれとうるさく小言を言われたのが耐えられなかったようです。志花は浪人の娘だったのだそうです。だから家の格が違う嫁をもらうことには反対だったのです!!


そして以乃は、女だてらに料理人や絵師、まとい持ちになりたいなどという夢が次々に挫折して、弟の寛太にカッコ悪いと馬鹿にされてしまったそうです


昔はブイブイ言わせてきた猪鹿蝶がなんてザマだい!!アタイたちがこんなにしょぼくれちまうなんて( ;∀;)


そこで3人はいっそ何もかも放り投げて旅に出ようということになりました昔のアタイたちを取り戻そう( `ー´)ノ。3人は柄杓を片手にすぐに出かけましたが、本当に何も持っていなかったのは以乃だけで、志花も蝶も、それなりの路銀は持っていたそうです


船に乗った3人は、後ろ姿はなかなか粋だったけど、前から見たらかなりの年配の女性(大地真央)に出会います。彼女の三味線に感動し、その境遇を勝手に気の毒に思った蝶は、懐からお金を出してこの女性に恵みました。以乃と志花は失礼だと止めようとしますが、女性は笑ってありがたく頂戴すると受け取ります。


その後も蝶は、何も持たずに来たことに不満タラタラで、途中で二人と別れてたんまり買い物をしました。


さすがは私だ、良い買い物ができたと悦に入っていた蝶の前に、若い女の子たちが現れます。そのうちのひとりから、母親を亡くしたばかりで巡礼の旅に出たのだと聞いた蝶はまたしてもすっかり同情し、またまたお金をたんまり与えました


恐縮する娘たちに、蝶は「これでも江戸ではちょっとは知られた鳩屋の女主だからと偉ぶると、娘たちは、鳩屋なら知っている、有名だ、と持ち上げますんだんだ(^^)/


調子こいた蝶はますます金を与えました。おほほ、本当??


その後以乃と志花が合流しました。「目利き」が自慢な蝶の目をふたりは疑いもしませんでしたが、その荷物の多さには辟易します。江戸で買ったら3倍はするんだから


娘たちに小遣いを与えたのも「喜捨」と言われたら反対もできません。


おっかさんの菩提を弔いに巡礼に出ている子なんだから


が、その後宿に着いて風呂に入った後、その「しおらしい娘たちの声が聞こえてきました。


ちょっと褒めたらまんまと引っかかったわね。大きな葛籠(つづら)抱えたおばさんの格好、舌切り雀の欲深ばあさんみたいだったわねみっともないったらありゃしない~(^^)/


以乃と志花、それに蝶はブチ切れて、いったいどういう了見だと怒鳴りこんでいきましたがよくも騙したな!( `ー´)ノ「おしゃま連と名乗るグループのリーダー、みすず(吉本美憂)は、まったく悪びれません


巡礼の格好をしているのは魔除けなの。おばさんと違って狙われたら危ないから!


口は達者だけれど腕力はからっきしの蝶に代わって、以乃と志花が暴れました。特に剣の達人の志花は、帯をヌンチャク代わりにしてジャリどもを次々と倒していきます志花がカッコいい(^^)/


二度と大人の女をなめんじゃないわよ!


これでスッキリしたはずが、おしゃま連はやられっぱなしではいませんでした。なんとこのジャリどもはご馳走三昧に芸者まで呼んで大騒ぎした挙句、それらの代金をすべて蝶たちが払うと嘘をついて出ていったのだそうです!?


してやられたっ!!おのれ~小娘がっ!( ;∀;)


悔んでも後の祭りです。


その頃ジャリどもは「おばさんのくせに生意気よと粋がっていたそうです。


おしゃま連、覚えてろよっ!( `ー´)ノ


代金代わりになると思われた蝶が途中で買った葛籠は二束三文だったそうで、3人は文字通り一文無しになってしまいましたお蝶は今んとこイイトコなし(;´Д`)。これでもう本当の「抜け詣り」です。


そんな3人に町人風のイケメン(福士誠治)が目を付けています。見たところ悪人ではなさそうなので、合流したら楽しそうですね。加えて予告では滝沢秀明さんの顔も見受けられましたが?


どうやら楽しい土曜の夜が期待できそうでござりまする。続きもとっても楽しみですぬけまいるはイケメンキャストも期待できそう♪


NHK土曜時代ドラマ ぬけまいる~女三人伊勢参り~と江戸のおんな旅
早くもガイドブックの登場です~11月8日発売予定

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ