2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

ぬけまいる あらすじと感想 第2話 このドラマ楽しい♪

ともさかりえさん、田中麗奈さん、佐藤江梨子さんの【ぬけまいる】は2話目に入ってまたぐーんと楽しくなりましたね~笑いアリ人情アリ活劇アリでもうすっかり気に入っちゃいましたぬけまいるのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


以下ネタバレのあらすじです


無一文になった猪鹿蝶こと3人は食うにも事欠いたため、仕方なく「ひしゃく」を使って物乞いをしました。が、そう簡単に施してはもらえず、小田原の酒匂川に差し掛かっても金がないため=人足を頼むことができず、川を渡ることができません。


どうしたものかと佇んでいるところに、例の年増の三味線引きが現れました。その名をお凛と名乗った女性はかなり景気が良さそうでしたが、前回の仕返しか、金など恵んだら失礼に当たるといなされてしまいます


行っちゃった


3人がため息をついているところに、老婆の悲鳴が聞こえました。助けて~~~っ!!


急いで駈け寄って助けた老婆の名はチヨ(浅茅陽子)。チヨは背負っていた籠の重みでひっくり返って起き上がれなくなっていたのです。しかも起こした拍子に腰を痛めてしまったらしい


チヨの荷物はお蝶が運び、チヨには志花と以乃が付き添いました。チヨの家まで送り届けることにした3人は、目的地に近づくにつれいつの間にか川が浅瀬になっていることに気づきます。そう、遠回りをすれば、川は歩いて渡れるのだそうです


情けは人の為ならずね~と喜んでいた矢先、チヨが夫と営んでいるという茶店に着いた途端、今度はその夫の与平(泉谷しげる)がひっくり返っているのを発見しました。与平は転んで足をひねってしまったのだそうです


3人に礼がしたいという夫婦に代わり、以乃が自分で団子を焼いてご馳走になりました。与平から、魚焼きで鍛えた焼き方を褒められた以乃は嬉しそうです。タレは夫婦の息子が大坂の菓子屋で修行をした甘めの味付けで、柔らかいのにこしのある団子にピッタリだったそうです


ここでチヨが腰を痛がったことから、志花が脚を揉み始めました。志花は、腰痛持ちの舅が按摩に揉んでもらっているのを見て覚えたのだそうです。


与平は3人に泊まるところはあるのかと尋ね、当てがないなら与平のうちに泊まるよう勧めました。3人は二つ返事で好意に甘えることにします


布団で寝るの久しぶり~~~


そこでお蝶は閃きました。小田原に入ったこの辺りは江戸からの疲れが出る頃。ここで足裏按摩をしたら路銀が稼げるのではないか?お蝶はビジネスの勘が鋭い(^^)/


どのみち急ぐ旅でもないからと、足腰を痛めた夫婦の茶店を手伝う傍ら、足裏按摩を始めることにしました。それがまた大当たりだったそうです


最初は、言い出しっぺの癖に「他人の足など触りたくないとごねていたお蝶が、実際には一番上手で熱心でした。以乃は力が強すぎて使えなかったそうで、団子づくりに回されたのです


そのせいもあって、以乃は与吉とすっかり意気投合しました。以乃は一膳めし屋で働いているだけあって、舌が肥えているのです。ちょっとした配合や焼き加減の工夫に気づく以乃を与吉もいたく気に入ったようです


嬉しそうな与吉を見たチヨは倅がいた頃を思い出す、と涙ぐみました。それは与吉も同じだったようで、その話はするなと言いながらも、夜中に人知れず男泣きに泣いていました


その後も父親の顔を知らない以乃は与吉にどんどんなついていきます


ある時以乃は客が忘れて行った本に夢中になっていました。以乃の父親は戯作者だったのだそうです。それで以乃は自分も本を書こうとしたのに、版元に勤めている弟の寛太に独りよがりで面白くないとこき下ろされてしまったのだそう


やだよね。どうでもいい腕っぷしや賭け事の際はあるのに、欲しい才はからっけつ


そうぼやく以乃を与吉は優しい目で見つめていました


一方お蝶の元には、1話で猪鹿蝶を目にして気に入った風だった(福士誠治)が客として現れました。政は「ちょっと言えない用」で旅をしているそうですが、その腕っぷしはなかなかで、与吉の店に借金を取り立てに来た男たちを見事に撃退してくれます政、カッコいい~( *´艸`)。以乃と志花も大いに善戦しましたが、相手が刃物を持ち出してきたため敵わなかったのです


政は地元の親分に話をつけてやると言って帰っていきました


その夜、景気づけにと皆で花札を始めたところ、チヨがまた倅=太吉の話をし始めました。すると与吉はその話は止めろと咎めて不機嫌になります。なんでも太吉は、火事でチヨを庇って亡くなってしまったのだそうです。


私は太吉の話がしたいのに!


嘆くチヨを猪鹿蝶が慰めました。爺ちゃんは婆ちゃんのためを思って話さないんだよ。言えば婆ちゃんが自分を責めると思ったからよ


以乃は親の気持ちは分からないが、親を庇って死んだ太吉の気持ちは分かると言い出しました。チヨを庇ったのはとっさのことで、まさか死ぬとは思っていなかった。むしろ、逆縁の不孝をして申し訳ないとすまながっているに違いない。


与吉とチヨは涙を止めることができません。でもこれでようやくふたりが少しだけ楽になったことだけは間違いないようです


猪鹿蝶は、足裏按摩でたんまり設けたことを理由に、そろそろ旅に戻ることにしました。以乃もこれ以上いたらますます与吉に情が移って別れがたくなると考えたそうです。


3人は夫婦にタップリの「場所代」を支払いました。与吉は以乃に帳面と筆を渡し、気が向いたら書け、そして倅の代わりにあんたの夢を叶えてくれと勧めてくれます


帰りも必ず寄ってくれという二人に別れを告げ、3人はまた伊勢路に向かいました。その後ろ姿を見ながらチヨは、太吉がわざとチヨを転ばせて3人に会わせてくれたに違いないと語ります。与吉もそうかもしれねえなと頷きましたさあ店を開けるぞ!


3人は途中でまたしても政に遭遇しますが、その政は誰か大切な人を待っていたそうです。それは女かい?と聞いたお蝶の心中は穏やかではなかったようです


あ~やっぱり時代劇は楽しいですね~。来週はお休みだそうで寂しい限りでござりまする


NHK土曜時代ドラマ ぬけまいる~女三人伊勢参り~と江戸のおんな旅
早くもガイドブックの登場です~11月8日発売予定

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ