2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

SUITS/スーツ ネタバレと感想 第5話 馬場さんの顔が見てみたい

織田裕二さん&中島裕翔さんの月9、【SUITS/スーツ】は5話も楽しかったですね~。ストーリー自体は、懸念していた通り、本格的なリーガルものとは言い難くなってしまいましたが、今回は蟹江の秘書を務めているという「秘書の鏡のような馬場さんと、甲斐の面倒見の良さに注目してみました


以下ネタバレと感想ですスーツのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


まずメインストーリーでは、甲斐を恨んでいる糸井公一(半海一晃)が登場しました。糸井は甲斐のお抱え運転手=赤城達男(ブラザートム)の車が糸井の運転していたトラックにぶつかったのをいいことに、かつての恨みを晴らそうとします。甲斐は金を払って穏便に済ませようとしましたが、糸井は恨みを晴らしたい一心で甲斐の行為をネットに流してしまいました。


大手法律事務所の弁護士が弱者を金で黙らせようとしてる!


クライアントが次々と離れて行った窮地を大貴が救ってくれました。事故当時赤城の運転する車に乗っていた大貴は、糸井のトラックの後ろからやってきた車をシッカリ覚えていて、その車の車載カメラの映像から、糸井のトラックが一時停止をしなかったために事故が起きたと明らかにしてくれたのです


チカは赤城を切り捨てるよう仄めかしたけど、甲斐はキッパリ断ったのがまた良かったな。


赤城は 私のスタッフです。彼を守るのも 私の仕事です


その赤城はかつてバンドマンだったそうです。当時は検事だった甲斐が担当していた事件の被告人もまた同じバンドに所属していたそうで、弁護士から被告に有利な証言を強要された赤城はこれをキッパリ断り、甲斐の尋問で真実を明らかにしてくれたのだとか


そのせいで業界を追われてしまった赤城を甲斐が個人的に運転手に雇ったのだそうです


恩着せがましいことは何も言わず、お互いに好きなCDを貸し合いながら、「もう事故は勘弁ですよ」「目を開けて 運転いたします」「お願いします」とやり合うふたりが実にええ感じでございましたね。もちろん曲はブルースやジャズです


こんな素敵なスタッフに恵まれていたら、いくら好きな歌舞伎であっても蟹江と行く気にはなれませんよね~。ちなみに蟹江は歌舞伎の他にも「マー君@NYヤンキース」が好きだそうです


また蟹江は玉井も好みらしく、自分の秘書の馬場に代わって玉井を秘書にしたがっていたようです。甲斐に犠牲にされそうになった玉井が「遺書」を残して行ったのを見て慌てて屋上にやってきたところを見ると、蟹江もそれほど悪人ではありませんよね~何と言っても猫好きですし。ちなみに甲斐は猫が苦手のようです


で、その「馬場さんですが、まだ実際に登場はしてきていません。蟹江曰く、毎週必ず誰かを病気にして早退しているそうです。週に1度の早退でなんとか頑張って仕事を続けている馬場に、早くお目にかかりたいものです


一方の大貴はようやく遊星と縁を切りました。というか~もうとっくに切っていたと思ったのですが、そう簡単に過去は葬れないようです。となると、大貴は遊星に「弁護士になった」と明かしてしまったのですけれど、また遊星にこれを悪用されたりするのでしょうか?


中途半端な優しさは友情とは言わない。それは 甘やかしだ


そう言い切る甲斐がまた素敵ですよね。織田さん、素敵に年を取っていますね


せっかくキャラが楽しいので、もう少しリーガル面が盛り上がってくれると嬉しいですよね~。甲斐の元上司の柳の件が前面に出てくると面白くなりそうなのですが。玉井が柳を嫌っている理由も知りたいです。


この玉井もまた可愛いですよね~。馬場とカワハギを食べながら蟹江の悪口に花を咲かせているツーショットを見せてもらえないかしらね


来週はその蟹江と甲斐がタッグを組むそうです。いやいや楽しくなりそうですね

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ