2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

「インスンはきれいだ」のレビュー一覧

インスンはきれいだ~本音と建前

ついに母親に再会したインスン。再会といっても別れた時一歳だったのではほとんど記憶にはないことでしょう。


子どもを捨てたという罪悪感も手伝って、最初はインスンに優しくする母です。住むところを追い出されたインスンを自分の家で暮らすように誘います。意外な、でもうれしい展開に喜ぶインスン。


が、長い間離れていれば、所詮、他人も一緒です。二度目の夫と離婚したばかり&仕事も思うようにウマくいかないという状況も手伝って、母親は次第にインスンのやることなすことが癇に障るようになっていきます。


女優としてマスコミ関係者に会っていたとき、ケータイを届けに来たインスンに、サンウが声をかけてしまったおかげで、知らん振りができなくなり・・・どうするのかなぁと思いきや、「うちのスタッフなの」と紹介します。


「少年院帰り」の過去を母親に知られたくないインスンは、母が自分の仕打ちばかりを気にかけていることにホッとする一方、ナゼ、娘の過去~どんな風に生きて、苦労してきたのか~を聞かないのか、一抹の寂しさを感じてしまうのです。


同級生のサンウもそうです。


初恋の人、別れてからも忘れられなかったインスンに再会して、最初は「うまくいけば結婚な~んて想像していたのに(笑)、いざ「少年院帰り」「学歴は中卒」という事実を知ると、心がひいてしまうのを否定することができません。


口では「前科モノだなんて気にすることはない。堂々と生きろ」などと慰めますが、そのすぐ後で、「忙しいからしばらく逢えない」なんていう言い訳をしちゃうんですね~でも、良心が咎めるのか、結局は放っておけないんですけど(笑)。


このドラマの登場人物は、私が今までに見た韓ドラのそれとはちょっと違っていて、「本音と建前」を使い分けているようなんですね~。それがイイのか悪いのかは分かりませんが、ワタシ的には逆に新鮮な感じがしてます(*^_^*)。


「前科ものでも色眼鏡で見てはいけない」
「自分が捨てた娘にはやさしく接しなくちゃいけない」

の建前と、

「でも、自分がその人生を背負うのはちょっと・・・」
「いくら娘とはいっても、ちっとも愛せない」


そんな感情をビミョーに感じ取りながらも、目に見える好意を信じたいと願うインスンがなんとも健気に思えて、いつの間にか応援したくなっちゃうドラマです。


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

インスンはきれいだ あらすじと感想

韓国ドラマを見ていると、時々キリスト教のにおいを感じることがあります(笑)。たとえば、テ・ジョヨンや太王四神記に見られる「王(キリスト)」の存在と「民の救済」。


そして、今回の「インスンはきれいだ」にも、キリスト教の根本的な教えが前面に出ていました~ひとりひとりの人間は神から選ばれた存在で、神に愛される存在である。


~念のためお断りしておきますが、ワタシはクリスチャンではありません(笑)。時々、自分の都合が悪くなると信じてみたり、行事に参加したりしている、ま、パートタイマーです(^^ゞ~


主人公のインスン(キム・ヒョンジュ)は、小さい頃に両親を交通事故で亡くし、祖母に育てられました。その祖母も亡くなって今では天涯孤独の身の上です。そればかりか、高校1年生のとき、どうやらいじめられている友達を庇って殺人を犯してしまったらしく、「少年院帰り」という肩書きまでついています。


物語は、こんなインスンが、働いていたパン工場を首になり、寮(屋根部屋?)まで追い出されてしまったところから始まりました。次の職を探すも、↑ではなかなか・・・(-_-;)。


「ケンチャナ、インスナ(インスン、大丈夫よ!)」


悲しい時苦しい時にいつも繰り返してきたのでしょう、いつもの「おまじない」が口をついて出てきます。


「わたしはキレイ、わたしは立派、わたしは可愛い」


1日に12回唱えるようにと教えてくれた先生が紹介してくれた仕事も、過去が明らかになって断られてしまいました。どうやらインスンはこのソ先生が好きみたいですね~つい先日まで放映されていたHITでは、この先生、性格異常者の役だったんデス~演技上手すぎて印象強すぎ・・・(-_-;)。


自分なんてどんなにがんばっても報われることなどない!


そう思ったインスン、ついに自殺を図ろうとしますが・・・


「インスナ!」


呼び止める声にはっと我に返ります~それは高校の同級生、ユ・サンウ(キム・ミンジュン)でした。思いがけない再会に、サンウは(初恋だったようです)ですが、インスンは今ひとつ盛り上がりに欠けるようで(笑)。


また、伯母さんの話から、自分の母は実は生きている!有名な女優、イ・ソニョン(ナ・ヨンヒ)であることが分かったインスン。早速舞台に駆けつけることに~って、他の人の演技に(母親と勘違いして)涙ボロボロではお話になりませんが・・・(笑)。


特に笑えるわけでもなく、ハラハラドキドキストーリーでもなさそうな、この「インスンはきれいだ」ですが~カテゴリは何?(爆)~、少しだけ様子を見てみることにします(*^_^*)。


だって、久しぶりのキム・ミンジュンさんなのですもの(^^ゞ~チェオクの剣で大注目(゜o゜)の後、さっぱりお姿を見かけなかったのに。でも、今回はちと顔がでかすぎるような・・・(@_@;)、ヘアスタイル変えたほうがいいような・・・。


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

《他にもこんな記事を書いています♪》