ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>
PR
ラブコメその他
 ラブコメ

君を愛した時間 あらすじと感想 第2話から第16話(最終回)まで

君を愛した時間】も、あっという間に11話まで見終わりました。決して嫌いじゃない、むしろ好きなタイプのドラマですが、どーにも感想が書きにくいドラマでもあります。というか、一言で終わっちまいそうな気がして


なんであのふたりは一緒にならんのかしらね?


もう17年も一緒にいるというハナとウォンは、絶対に互いを好きにならないと宣言したその日から、それを守り続けていたらしいのです。ま、少なくともウォンに関しては、そう見せかけているだけのようでしたし、ハナもまた、誰よりもウォンを愛しているのは間違いないと思われまするが


そのハナはパリに研修へ行った際、チャ・ソフ(ユン・ギュンサン~ジェミョン@ピノキオ)というピアニストと出会って恋に落ちたそうです。ふたりは結婚の約束をし、婚約式まで開くはずだったのに、その当日、肝心のソフが現れず、ふたりはそのまま別れてしまったそうです。何せソフはその日ばかりか、その後3年もの間姿を見せなかった、音信さえ途絶えていたのだとか


が、3年後に再び姿を現したソフは、再びハナに積極攻勢をかけてきます。3年前、ソフはどうやら、会社のミン代表(パク・タミ~ヤンソルラン朱蒙)に邪魔されたらしいのですけど、何とかハナの家に駆けつけた時には、そのハナはウォンの胸で泣いていたそうなのです


確かにそれはショックかもしれんけど、

そもそも泣かねばならぬようなことになったのは誰のせいやねん責任転嫁&言い訳するな!

って話でやんすよ。ハナを傷つけておきながら、自分はそれ以上に傷ついた、と事あるごとに主張するのは、まさに身勝手男の典型的な言い分です


それに、結婚を考えたほどの相手に、家族同様、否、家族以上に親しくしている友人がいることを知らなかったんですかね~。たとえソフがどんなにハナを愛していようと、ハナとウォンのふたりが共に過ごした年月を否定する権利はない、とおばさんは思いますけどね。だって、ウォンと過ごした日々もまた、今のハナを作ってきた年月なのですからね


それも全てひっくるめて愛してくれるような大らかな男性でない限り、ハナはず~っと苦しみ続けることになるのに、またしてもソフと付き合うことにするなんて、正気の沙汰とは思えませんアホちゃうかvv。まさにハナは「ダメンズ」に惹かれる女子の典型でしょう。誰よりもナイーブ(=ア〇ともいう)なこの人には私がいなきゃダメなの~本当は優しくていい人なんだからいい加減に気づけよってね


このままソフと結婚したら、今度は「モラハラ亭主に悩まされることは火を見るより明らかですわ


ま、さすがに最後にはウォンとハッピーエンドになるんでしょうけど


11話でのハナの母親のこの言葉はけだし名言でございましたね


同じところで2度転ぶのはみっともないからね


あ~早くウォンとハナがめでたく結ばれるシーンが見たいでござるね


以上でござる。やっぱり短かったですね



その後順調に最終回まで完走いたしました。期待通り、ハナとウォンは結婚し、これまでと変わらず~ケンカもしながら~仲良く暮らしていくようです。ちなみにウォンが「愛さない」宣言をしたのは、ウォンの友達がハナへのラブレターを託して亡くなったからのようです。ウォンはこれをハナに渡さなかったことをひどく後悔していたようです。それでもハナへの愛情はずっと変わらなかったらしい。


とはいえ、このドラマはあれこれ理屈をくっつけてあらすじや感想を書くのではなく、ただひたすら、ほんわか気分で見るのがよさそうですお勧めです♪


 

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます

こちらの関連記事はラブコメその他のレビュー一覧」でお読みいただけます

ラブコメその他
 ラブコメ

君を愛した時間 あらすじと感想 第1話 愛さない

ようやく新規の韓国ドラマを見始めました~「君を愛した時間」です。主役のカップルが、ハ・ジウォンイ・ジヌクというのがまず年齢的に見やすいですね


また脇の顔ぶれ~ユン・ギュンサン、シン・ジョングン、チン・ギョンにイ・ジュスンら~以前とっても楽しんで見ていた「ピノキオ」の出演者が多かった=個性豊かな布陣なのも嬉しいです。と思ったら、同じ演出家(チョ・スウォン)だったみたいです


ハナの友人=ナヨン役のカン・レヨンさんも「逆転の女王」以来です。この女優さん、結構好きだった~今回もチョイ役じゃないといいな


もともとは台湾ドラマのリメイクらしいですが、おばさんは台湾ドラマは見ないのでまったく問題ありません。土日の放送で全16話と短いのも助かります。今のペースだと、毎回あらすじ語るのは難しいかもしれませんが、(面白かったら)週1ぐらいなら書けそうですし。


以下1話を見た時点での簡単なネタバレのあらすじですkaeru3


オ・ハナ(ハ・ジウォン)とチェ・ウォン(イ・ジヌク)は家が隣同士の幼馴染です。高校時代から美男美女で人気のあったふたりですから、友情が恋に進展してもおかしくないと思われるのに、なぜかウォンが、これをキッパリ拒否したのだそうです


たとえ無人島に二人きりになっても、ゼッタイお前を愛さない!


それ以来ふたりはずっと~17年間も「親友」でいるのだとか。ま、恋人や夫より大切な親友もかなり貴重ですけどね。このふたりの制服姿にそれほど違和感がないのもスゴイ


そんな二人の回想シーンを織り交ぜたドラマの現在の設定は、ハナの34歳の誕生日でした。ハナはキャリアも積んだベテランサラリーマンで、私生活でもホジュン(チェ・ジョンウォン)という恋人がおり、誕生日を迎えたことからも、結婚も間近かと期待していたようです


が、そのホジュンからまさかの告白~実は二股をかけていて、そちらの彼女=ミンジ(コ・ウォニ)が妊娠した、との事実を明かされます。これが、またいかにも定番ですが、20代の実にイヤミな女なのです。しかも、同じ職場の後輩だというではありませんか。も~この男最悪でやんすね節操無しめ!


~このコ・ウォニさん、どっかでみたことあるな~と思ったら、花たちの戦い~宮廷残酷史~の荘烈王后ですね


落ち込んだハナは、早速ウォンにあたり散らしました。ウォンは飛行機の客室乗務員(チーフパーサー)をしているようです。


こんなに美貌の私が男に縁がないのは、あんたが昔、あんなことを言ったからよ!それがトラウマになってこの年まで一人なんだわ!


振られた挙句、それを同僚に知られたハナを気遣って、ホジュンとミンジの結婚式に付き添った上、二股をかけて調子こいてるホジュンをぶん殴ってくれたほど優しいウォンなのに、なんで恋愛だけはNGなんでしょうね~。好きすぎてダメなん?


それに、ウォンの家が隣だという話でしたが、ウォンの家族は登場しませんでしたよね?案外、それが原因だったりするのかしらん?


ま、その辺はおいおい分かっていくでしょうから置いとくとして、実に表情豊かなジウォンさんとジヌクさんの演技を心ゆくまで楽しみたいと思います。久しぶりにのんびりとラブコメが楽しめそうで超嬉しいです


君を愛した時間は続きもとっても楽しみです君を愛した時間が面白そう♪


 

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます

こちらの関連記事はラブコメその他のレビュー一覧」でお読みいただけます

匂いを見る少女
 ラブコメ

匂いを見る少女 あらすじと感想、登場人物一覧

匂いを見る少女(全16話)


ユチョンさん主演の【匂いを見る少女】も先週無事に見終わっています。これがまた実に可愛いくて楽しいラブコメで、全16話あっという間に終わってしまいました。このドラマ、韓国語では「냄새를 보는 소녀」(ネムセ ルル ボヌン ソニョ)というそうで、ファンの方の間では通称「ネムボソ」で通っているそうです。


ミステリーの方も、こう言っては何ですが、ラブコメにしてはシッカリつじつま合わせができていてなかなか楽しめました。何と言っても「匂いを見ての捜査というのが実に斬新で面白かったです


ただ1つ残念だった点が~個人的事情が~ありまするが、ネタバレになるのでここでは伏せておきますね。下に簡単なネタバレも開閉式にして記しておきますので、ネタバレOKの方はそちらをお読みくださいませ。でもそれ以外は文句なしにとぉ~っても楽しいドラマでした


特に、シン・セギョンちゃんが可愛かった~。彼女は「明日に向かってハイキック」以来ずっと気の毒な役が多くて今一つ相性が合わなかったものでしたが、このドラマのチョリムにはピッタリでしたね


いつも元気タップリでユーモアのセンスも抜群だけど、本当は照れ屋でとっても繊細な女の子なのです。それをまたユチョンさんのムガクが大らかに包んでくれて。いや精神年齢は一緒でしょうか。このふたりのカップル(こちらは「ムリムカップル」と呼ばれているそう)も実にお似合いで微笑ましかった


また彼らを取り囲む脇キャラも実に個性的で本当に楽しかったです。何度も言うようで恐縮ですが、こうした楽しいドラマはシリーズ化してくれればよいですのにね


以下、全16話のあらすじリストと登場人物をまとめさせていただきました。これからご覧になる方の視聴のお供にしていただけたら幸いですangel onpu


~この記事を書いている最中、偶然にパク・ユチョンさんの関与が疑われているという事件のニュースを目にしました。おばさんは芸能人の私生活にはほとんど興味がありませんが、何か誤解があったと信じたいですね。もし万万が一誤解じゃなかったとしても、社会人としての責任を果たした上で、俳優としてこれからも一層励み活躍していただきたいですし、これからも一ファンとして応援していきたいです



-目次-




【匂いを見る少女 あらすじと感想】


匂いを見る少女 あらすじと感想 第1話 超感覚と無感覚


第2&3話 チョリムとムガク


第4話 大切なパートナー


第5話 思い出の済州島


第6話 出せない手紙


第7話 バーコードが示すもの


第8話 突然のキス


第9話 彼女の呼び方


第10話 記憶の中の笑顔


第11話 たったひとりの目撃者


第12話 悲しい真実


第13話 恋の密着警護


第14話 密室の自叙伝


第15話 香水のプロポーズ


匂いを見る少女 最終回 あらすじと感想 ふたりの幸せ



▲あらすじトップに戻る



【匂いを見る少女 登場人物とキャスト】




《メインキャラ》


オ・チョリム(シン・セギョン~セギョン@明日に向かってハイキック、ほか):


お笑い芸人を志望して劇団で働いている。交通事故に遭った後、左目が青く変化し、匂いが見えるようになる。


▼チョリムのネタバレ(以下同様)▲

チェ・ムガク(パク・ユチョン~ガク@屋根部屋のプリンス、テギョン@スリーデイズ、ほか):


派出所勤務の巡査だが、なぜか強力係に加わりたがる。無痛症で(感覚がないため)大食漢。自分の手柄は全てカン係長に捧げる謙虚な人物。


▼ムガクのネタバレ▲

ヨム・ミ(ユン・ジンソ~ウォルヒ@美賊イルジメ伝):


バーコード殺人事件の捜査で南部署に派遣されたプロファイラー。すぐに班長に任じられ、巡査だったムガクを強力班に引き抜く。


チョン・ベッキョン(ソン・ジョンホ~ヨンミン@黄金の新婦、ほか):


チョリムのことをつけ狙う謎の男。後に痛症医学科の医師と判明。


▼ベッキョンのネタバレ▲

クォン・ジェヒ(ナムグン・ミン~マル@私の心が聞こえる?ほか):


「黄金のレシピ」という看板番組を持つカリスマシェフ。チョリムになにくれと気を配る優しい人物。


▼ジェヒのネタバレ▲


▲登場人物トップに戻る



《南部署の刑事たち》


ソン・ジョンファン(チェ・ホンイル~カン・メンギョン@インス大妃、ほか):


署長。オ・ジェピョに弱みを握られているらしいが詳細は不明。


捜査係長(キム・ビョンオク~コ・ボクテ@トライアングル、ほか):


最初はよそものを嫌ったカン係長に対し、ヨム・ミの実力を評価してバーコード殺人事件捜査の班長に抜擢する。自身も捜査に協力を惜しまない。


カン・ヒョク(イ・ウォンジョン~トクマン@奇皇后、ユン・フェ@大王世宗、ほか):


強力班係長。部下思いの優しい上司だが、5人の息子の父親なためしまり屋。後に待望の女児も誕生。


キ・チュンド(チョ・ヒボン~コ・ヨンフン@スリーデイズ、コ・チュンマン@グッド・ドクター、ほか):


異国の匂いのする刑事。ロシア人の恋人の名はエレナ・バシリブナ・シバノバ。あ~「異国の香」がするのは、自分が異国系の顔だからじゃなくて、ロシア人の恋人がいたからだったのですね~今気づきました(爆。


イェ・サンギル(チェ・テジュン~ヒョンソク@おバカちゃん注意報):


ブランド物を愛用する刑事。


▼イェ刑事のネタバレ▲

タク・ジソク(チェ・ジェファン~ホン・グギョン@剣士ペク・ドンス、チョン・ウンス@パスタ、アン・スヒョン@サイン、ナイトクラブのトッコ・ジン@最高の愛、ほか):


赤ちゃんの匂いがする刑事。


▼タク刑事のネタバレ▲


▲登場人物トップに戻る



《その他》


オ・ジェピョ(チョン・インギ~キ・ホサン@ピノキオ、ホン・グギョン@風の絵師、ほか):


チョリムの父。


▼ジェピョのネタバレ▲

チェ・ウンソル(キム・ソヒョン~セナ子役@屋根部屋のプリンス、ほか):


ムガクの妹。ムガクのたった一人の家族だったが、何者かに首を切られて殺害される。


チュ・マリ(パク・ハンビョル~ハナ@大切に育てた娘ハナ、ほか):


ベッキョンの恋人でモデル。飼い犬の名はムンチ。


チェ・サンシク(キム・ミョンジン~キム室長@ジャイアント、ほか):


チョリムの実父


ヤン・ミヨン(パン・ウニ~コ・ソニ@新・ソウルトゥッペギ、ほか):


チョリムの実母


タク・ミンソク(キム・ホチャン~チョン・デジュン@愛の選択~産婦人科の女医):


タク刑事の弟。ジムのトレーナー



▲登場人物トップに戻る



▲目次に戻る


ユチョンさん、頑張れ!

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます

こちらの関連記事は匂いを見る少女のレビュー一覧」でお読みいただけます

美女の誕生
 ラブコメ

美女の誕生 あらすじと感想、登場人物一覧

美女の誕生(全25話)


韓国ドラマ、【美女の誕生】も大分前に見終わっています。これがまったく屈託のない実に楽しいラブコメで、毎週本当に楽しく見させていただきました。最近はラブコメにミステリー要素が入るものが多く、このドラマも同様でしたが、その場合は片目をつぶらないといかんですよね。本格ミステリーはその手のドラマで楽しんで、ラブコメ付きのミステリーは、やっぱり楽しさ重視ですから。そこは笑い飛ばさなくちゃ


この「美女の誕生」も例外ではありませんでしたが、ラブコメ要素は文句なしに楽しかったです。とにかくチュ・サンウクさんとハン・イェスルさんのカップルが美男美女過ぎるにも関わらず、実は中身がかなりの三枚目だったりするのがおばさんの好みにピッタリでした。特にチュ・サンウクさんが本当に素敵でした~


簡単にあらましを説明しますと、「美女の誕生」というタイトル通り、本来はおでぶで「女は顔じゃない心だ!系のサ・グムラン(ハ・ジェスク)が、夫に殺されかけたことをきっかけに全身整形をすることになり、誰もが振り返る絶世の美女=サラ(ハン・イェスル)に変身する、という物語です


クムランを整形させたハン・テヒ(チュ・サンウク)もまた、幼い頃、何者かに両親を殺されると言う辛い過去を背負っていました


見た目は完璧でも心に傷を負ったふたりが、クムランの夫に対する復讐をきっかけに互いに励まし協力し合いながら、心の傷を癒し、かつ、愛を育んで成長していく過程が、実にコミカルに描かれています


おばさんが特に気に入っていたのは、クムランが、ちょっとおどけた風でテヒをキッと見つめる視線、テヒがいう所の「目力」のこもった視線ですわね。あれは柔道で培われた強さでしょうか。


それを受けたテヒがまたでれ~っとする姿も大好きでした。それにクムランが、見た目は本当に素敵なアガシなのに、心は(良い意味での)「アジュンマ」のままなのも庶民的で好感が持てました。クムランの手料理、食べたかったな


このふたりの楽しいラブコメに、例に漏れずミステリー要素が加わっていきますが、それは二の次三の次で、とにかくふたりの絡みが楽しすぎでした。毎度思うことなれど、これが日本のドラマならきっと続編があるだろうにな~と思うと残念でなりません。


ラブコメ好きな方には是非是非お勧めしたい一作です。以下、あらすじと感想のリストを一覧にしました。同じBS11で、既に来月から再放送されるそうなので、もし、視聴のお供にしていただけたら幸いです。また後半の登場人物リストには、各登場人物ごとの結末ネタバレも簡単に付記してあります。ネタバレOKの方だけ該当箇所をクリックしてお読みくださいますように



-目次-




【美女の誕生 あらすじと感想】


美女の誕生 あらすじと感想 第1話 復讐大作戦の始まり♪


第2話 恋の四角関係?


第3話 目指せ元さや!?


第4話 クムラン自殺に隠された陰謀


第5話 悪人どもをとっちめろ!


第6話 復讐始まる!


第7話 ヨボアンニョーン♪大作戦


第8話 ブチ切れクムラン大暴れ!


第9&10話 ハン・テヒはサラを愛している


第11話 あんたがいないとダメなんだ!


第12話 ドングルはサ・グムランも愛している!


第13話 下心いっぱいの悪徳マネージャーに大笑い


第14話 腹黒同士が結託!


第15話 命懸けのチャレンジ!


第16話 Shall we dance?


第17話 覚悟すべきはお前の方だ!


第18話 獅子身中の虫


第19話 クムランの決意


第20話 テヒもっとしっかりせんか!


第21話 味は嘘をつかない


第22話 クムラン負けるな!


第23&24話 最強コンビ復活!


美女の誕生 最終回 あらすじと感想 外見も心も美男美女のカップルが楽しかった


▲あらすじトップに戻る



【美女の誕生 登場人物とキャスト】


ハン・テヒ(チュ・サンウク~キム・ドハン@グッド・ドクター、ミヌ@ジャイアント、ユンホ@パラダイス牧場、他):
レストラン専門のコンサルティング会社、「レストランの神」の経営者。


▼テヒのネタバレ~こちらをクリックしてご覧ください(以下同様)▲

サラ/サ・グムラン(ハン・イェスル~イ・ナンスク@いかさま師タチャ、ハン・ジワン@クリスマスに雪は降るの?、他):
ガンジェの妻。あることをきっかけに絶世の美女=サラとして生まれ変わる。テーマソングは「年なんて関係ない」で好物は3点盛。家事全般が得意だが、特に料理の腕は抜群。


▼クムランのネタバレ▲

サ・グムランのみ(ハ・ジェスク~イ・ヒジュ@パスタ、チソン@どれだけ好きなの、イ・ギョンスク@光と影、他)


イ・ガンジュン(チョン・ギョウン~チェ・ハンウ@サラリーマン楚漢志、他) :
クムランの夫。金目当てにクムランと結婚し、チェヨンと浮気をした挙句、クムランを殺そうとする最低男。HBSの代表理事


キョ・チェヨン(ワン・ジヘ~コ・ヘミ@完璧な恋人に出会う方法、チャン・イニョン@プレジデント、他):
HBSのアナウンサー。ガンジュンと不倫後、ガンジュンと結婚する。テヒの幼馴染


ハン・ミニョク(ハン・サンジン~ソンプン@ソル薬局の息子たち、顕宗@馬医、シム・ジョンス@根の深い木、他):
ウィナーグループの後継者。


▼ミニョクのネタバレ▲

キョ・ジフン(イン・ギョジン/ト・イソン~クォン・ソクチョル@馬医、オ・スチョル@どれだけ好きなの、他):
チェヨンの兄で美容整形外科医。テヒを兄のように慕う


シム・ヨオク(イ・ジョンナム~ヨム・ギルスン@新・ソウルトッペギ、他):
クムランの母。


ウン・ギョンジュ(シム・イヨン~コ・オク@棚ぼたのあなた、タロット占い師@奇皇后):
クムランの親友


ソン・ジスク(キム・チョン~チヨンの母@黄金の新婦、コ・ジョンスク@ラスト・スキャンダル、他):
ミニョクの母


▼ジスクのネタバレ▲

イ・ジョンシク(ハン・ジニ~ハ・マンス@グロリア、イ・ドンホ@私はチャン・ボリ!、他):
ガンジュンの父で奉仕活動を旨とする。夫婦でオペラを歌うのが趣味。


コ・スンドン(キム・ヨンエ~コン・スンホ@ロイヤルファミリー、大王大妃@妖婦張禧嬪):
ガンジュンの母。ジョンシクとともに奉仕活動はするが、根は怠け者でガメツイ


シン・ヒジャ(キム・ヨンオク ~シム・マルニョン@海雲台の恋人たち、ミョンジャ@宝石ビビンバ、他):
ガンジュンの祖母で認知症を患ったのを、クムランが献身的に介護をする


イ・ジニョン(カン・ギョンホン~ビビアナ母@不屈の嫁、他):
ガンジュンの姉で金遣いが荒い。


イ・ミニョン(チン・イェソル~ミョンヒの若い頃@ナイン):
ガンジュンの妹。趣味はねずみ講。


パク・マンドク(キム・ヨンリム~スミ@私はチャンボリ!、スンシン祖母@最高です!スンシンちゃん、他):
テヒの祖母


テヒ父チョン・チャン~ヒョンチョル@どれだけ好きなの、ロイ・チャン@主君の太陽、他):
テヒが幼い頃、工場の爆破で死亡


キム・ジュンチョル(チェ・ジョンファン~臨海君@華政、ユ・ヒブン@王の女、武王@階伯、他):
ウィナーグループ理事。マンドクの腹心



▲登場人物トップに戻る


▲目次に戻る



これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます

こちらの関連記事は美女の誕生のレビュー一覧」でお読みいただけます

匂いを見る少女
 ラブコメ

匂いを見る少女 最終回 あらすじと感想 ふたりの幸せ

匂いを見る少女のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 匂いを見る少女 あらすじと感想、登場人物一覧


韓国ドラマ、【匂いを見る少女】もついに昨日が最終回でした匂いを見る少女、最終回のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


連続殺人犯の最期はああなるしかなかったよな~と思いつつ、やはり心のどこかでマル(私の心が聞こえる?)、そして今見ている他の「養子」を扱ったドラマ(フォスター家の事情ワンス・アポン・ア・タイム4)を思い出すと、やはりちょっとだけ複雑な気分に駆られてしまいました。もちろん、その他については大満足です。以下、いつもよりちょっと長めのネタバレのあらすじですネタバレですのでご注意を♪


続きを読む

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます

こちらの関連記事は匂いを見る少女のレビュー一覧」でお読みいただけます

匂いを見る少女
 ラブコメ

匂いを見る少女 あらすじと感想 第15話 香水のプロポーズ

匂いを見る少女のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 匂いを見る少女 あらすじと感想、登場人物一覧


韓国ドラマ、【匂いを見る少女】の第15話は「香水のプロポーズ」です。も~終盤だというのに、これまた最後の最後でとんでもないことになってしまいました。以下早速ネタバレですのんびりあらすじ語っている場合じゃあらへんっ!!( `ー´)ノ


ムガクたちはついにジェヒを逮捕しました。ムガクは、その腹に一発お見舞いした上、取調べの後、顔も2発ほどぶん殴り、妹ウンソルとチョリムの両親の恨みを晴らします。本当はジェヒに謝罪を求めたのですが、ジェヒがこれを拒否したため、殴らずにはいられなかったのです。


それに対し、

この借りは必ず返す

そう語っていたジェヒは、現場検証からの帰り道、移送中のトラックが漢江に転落してしまい、必死の捜索でも発見されず、ついには死亡と発表されてしまいました。そんなことある訳ないのに


案の定、しかもこともあろうに、チョリムとムガクがついに結婚するその日、ジェヒはチョリムの控室にやってきて、チョリムを拉致してしまいます。ちなみに結婚式は水族館で行われていたようです。


司会を任されたキ刑事が、何度「新婦入場と呼びかけても、もうチョリムには聞こえません。ヨム・ミが慌てて控室に駆けつけると、そこには荒らされた跡があり!?


これでチョリムが残っていれば、匂いを手掛かりに後を追えるのに、とここは心底ヤキモキさせられました匂いを見る少女がさらわれたっ!(>_<)。もう今頃は最終回が終了したと思うと、書くより見たい気持ちでいっぱいですが、ここはグッと我慢です


と、いきなりのネタバレで大変失礼いたしました。残りは、楽しかったシーンをあれこれピックアップさせていただきまする


ジェヒの逮捕後、ヨム・ミを初めとする強力係は皆、一階級昇格されたそうです。カン係長には念願の女の子が生まれ(結果、6男1女となったらしい)、実は財閥の御曹司だったイェ刑事は、係長になるまでは警察に残る、と言い張って刑事を続けているそうです。父親はコ・インボムさん(ファン・オム@大王世宗)でしたね


またキ刑事は、どうやら一旦は別れたロシア人のエレナ・バシリブナ・シバノバと、めでたく復縁したようです


ヨム・ミは大学で犯罪学の教授となり、肝心のムガクは刑事を辞めて、水族館に戻ることにしたらしい。ソウルに移動させたウンソルとチョリムの両親のお骨はまた済州島に戻すのでしょうか


そのムガクが、ジェヒを逮捕した後、ようやく心のつかえがとれたのか、長年失っていた感覚を取り戻したらしいのは何よりでしたね。それまではいつも何人前でも平らげていたのに、2人前で「満腹だ」と語った時のチョリムの喜びようったらありませんでしたね


感覚が戻ってきたのねっ!!


そのチョリムも、恐ろしく悲しい経験ではあったものの、両親の夢を見てすべてを思い出します


こうして日常を取り戻したふたり~ムガクがチョリムにプロポーズしようとして、あれこれ悩んだのがまた可笑しかったですね~ムガクが悩む悩む(^◇^)


せっかく買った指輪を砂場に埋めて、靴ひもを直すふりをして拾おうとしたのに(これ、「家族なのにどうして」でキム・サンギョンさんが使った手ですね)どこにいったか分からなくなったり、車のトランクに風船を仕込んでプロポーズののぼりを立てようとしたのに、追突されてダメになったり


その指輪は、ちゃっかりチョリムが拾っていたのも可笑しかった。ムガクはあのまま諦めるつもりだったのでしょうか


でも、本番のプロポーズはバッチリ上手く行きました。ムガクはチョリムを夜の公園に連れて行き、そこでチョリムの香水を借りて、空中にプロポーズを描いたのです。結婚してくれますか?


いや~これは本当にキレイでしたね。それに、相手はチョリムでなければわからない、まさに世界でたった1つのプロポーズです


ふたりの新居は家具付きの割引マンションになったようです。既に割引されているのに、さらに割り引きさせようとするチョリムが頼もしかったですね


ふたりで漫才コンビを再結成し(?)、結婚式への招待状代わりらしいビデオレターを作ったのも楽しかったなあ


チョリムで~す♪ムガクで~す♪ふたり合わせてムリムで~す(^^♪とは言わんかったね


んね~ここで素直にハッピーエンドに行くわきゃないとは思ったんですが


それともう1点、ちと気になることが残っています。オ・ジェピョはチョリムに、チョリムの両親との家族写真と母親の形見の指輪を返してくれたそうなのですが、肝心のジェピョの妻の事件の話はなかったようです。これは最後まで明かされずに終わるのでしょうか?


とついつい細かいことが気になってならんオタク体質のおばさんですが、自叙伝はすべて回収されたはずなので、もしかしたら、その辺はカットされただけかもしれませんね


あ~今日はいったいどうなったのかなあ匂いを見る少女の最終回が早く見たい!。「匂いを見る少女」は結末が気になってたまりません


匂いを見る少女 Blu-ray SET1匂いを見る少女 Blu-ray SET2

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます

こちらの関連記事は匂いを見る少女のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング