ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
半沢直樹
 池井戸潤原作

半沢直樹 (第4話あらすじと感想) 望む一発逆転ホームランっ!

半沢直樹のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 池井戸潤氏原作ドラマ あらすじ一覧


半沢直樹の第4話は「10倍返しなるか!上司と部下の裏切り」だそうです。実際に、期待の10倍返しはまだできなくて残念でしたが、部下の裏切りは回避できたのは良かったですね~


東田の居場所を突き止めた直樹は、浅野と東田が幼馴染だったという事実に辿り着きます。ああこれは、先週花が言ってましたね~。支店長も中学までは大阪にいたって花、ナイス~♪


今回の計画倒産は、最初から浅野も一枚噛んでいたに違いない!


浅野が東田から見返りを受けとった証拠を探していた直樹は、浅野の運転手から思いがけない情報を得ます。この辺は同じ池井戸潤さんの「七つの会議」に共通する点があってニンマリしちゃいました。お、ネジの次は運転手も一緒だって


支店長が半年前からちょくちょくやってくるところと教えられたのが関西シティ銀行。その通帳はいつも肌身離さずカバンの中にしまっているとくればもはや、

「知られては困る大金」

を隠し持っていることは明らかです


何とかして浅野の尻尾を掴もうとした直樹は「花」の名前を使って浅野にメールも送っています。こんな時、愛人の名前ならともかく、正々堂々?妻の名前を使うところも直樹ならではでござりまするが、一行員の妻の名前など知るはずもない浅野が、東田とともに写っている写真を送り付けてきた送り主に、

ふたりは単なる中学の同級生だ。これ以上詮索するなら警察に届ける

などとわざわざご丁寧に返信してきたことこそがいかにも怪しい証拠でござる。も~ターちゃん、気が弱すぎ


浅野のこの気の弱さに付け込んだ直樹は、またしても脅迫メールを送り付け、1Fに例の写真をFAXで送ったとみせかけて、その隙に浅野のカバンの中を探したところ、出てきた出てきた~分かりやすすぎ( *´艸`)。ご丁寧に中身をくりぬいた文庫本の中から

「5千万」

が入金された通帳が。でもこの振込人は、東田ではなくその愛人の美樹になっているのが隠れ蓑のようです。それに東田は、既に

「自己破産」

をしたのだそうです。これには国税の黒崎も相当腹を立てていたようですから、それが誰になるにせよ、東田の隠し財産が根こそぎ奪い取られるのは時間の問題と言えるでしょう。


そしてその隠し財産の在りかも次第に明らかになってきてます。東田が車で走り去った際、リアウィンドウから見えた貰い物らしいティッシュの箱の模様がどこかの信用金庫のロゴではないかと調べたところ、物見高く「通帳」を見にやってきた渡真利が、これが「ニューヨークハーバー信託」のロゴだと思い出してくれたのです。どうやら渡真利は外資への転職を考えていたらしいです。


ここのプライベートバンクの取引対象は最低10億以上だそうで、東田の隠し財産もそれぐらいと見ていた直樹の予想もピッタリです。


とはいえ、それだけではそこに東田の隠し財産があるとは決めつけられず、手詰まりになってしまった直樹は、またしてもこの難局を、バンカーとしての王道を行くことで乗り切ろうとした姿が、実に清々しくて心地よかった


今にも自分の出向先が決定されようとしている最中にも関わらず、東田の隠し財産の在りかを知る美樹から情報を得るためとはいえ、ネイルサロンの店を出すのが夢だという美樹にバンカーとして融資(創業支援)のための情報をまとめる直樹はバンカーの鏡でござるね


東田や板橋を利用したように、本気で店を出したいなら、俺や銀行を利用しろ!男に頼らず自力でやってみろっ!


銀行はそのためにあるのだというこのセリフこそ、このドラマを通して直樹(作者)が訴えたいことなのでしょう。女性でも仕事にかける情熱は男性と変わらない~この点に気づけたのも、自分の夢をあきらめて家庭に入った愛する妻・花のおかげですね。働く女を舐めんなよっ!可愛くて頼もしくていい奥さんだな~♪


最初はこれを胡散臭く思っていた美樹も、ようやく直樹の真摯な態度に動かされたかに見えたのに、どうやらもっと美味しい黒崎の話に乗り換えてしまったようなのですが?!


東田の隠し財産の在りかを教えてくれたら、君の取り分は見逃してやろう


浅野に脅迫されて直樹を裏切りそうになった垣内も、浅野のような卑怯者に一生振り回されるぐらいなら

「バカな部下」

でいたほうがマシだと言ってくれて、あともう少しという所まで来ましたのに半沢直樹絶体絶命っ!?


とはいえ、あのいかにも「いつか直樹の最大の敵になる」と予告しているかのように今から嫌らしさ全開の大和田常務が、子飼いのはずの浅田に対し、

「恥知らず

と言わんばかりの嫌みを言い、直樹が5億を回収するのをひそかに期待している風なところを見ても、決してこのままでは終わらないのでしょうよ。何かきっと、一発逆転ホームラン的な起死回生の策があるはずっ!!間違いないっ!( `ー´)ノ


あの通帳から、浅野が振り込まれた5千万のうちの4800万を「五洋証券」に振り込んだことは分かっているのですから、その辺をつついてみたらどうなんでしょうね?他にも、バンカーとしての立場を悪用してうまい汁を吸っているかもしれませんし。


も~半沢直樹は今から来週の放送が待ち遠しくてたまりませんね~っ!


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

半沢直樹
 池井戸潤原作

半沢直樹 (第3話あらすじと感想) 今度は10倍返しだっ!(≧▽≦)

半沢直樹のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 池井戸潤氏原作ドラマ あらすじ一覧


半沢直樹~堺雅人さん主演の社会派ドラマは2週間我慢した甲斐がありましたね~。まためちゃくちゃ楽しかったですよ~


特に今回ものすご~く印象的だったのが(おかげで眠れなくなったほど)あの実にいやらしい小木曽の表情でございました。も~アップで見れば見るほどとても人間のそれには見えず、まるでドラゴンボールのピッコロ大魔王みたいじゃありませんでしたか?


とまたくだらない話から始めてしまって申し訳ござらぬ


小木曽のみならぬそんな妖怪のような輩ばかりで行われた裁量臨店は実に面白かったですね~。文字通りつるし上げにあった直樹たちはたまったものではなかったでしょうが。


まずこのような「内部監査」が行われる際は、本来あらかじめ1週間ほどの猶予(準備期間)が与えられるそうなのですが、直樹が聞かされたのはたったの2日前のこと。


「私はだいぶ前に伝えたが。そうやって自分のミスを他人のせいにするのはよくないですねえおめえだよっ!( `ー´)ノ


でもここ、直樹を陥れるべく、裁量臨店を仕組んだ浅野支店長の嫌みを聞いても、まったくイラッとさせられないのが自分でも不思議でした負けたままでいないのが分かってるのは気持ちイイね~♪。なぜならば、

「その言葉、そっくりそのままぜ~んぶ返してやるっ!!しかも倍返しだ!(≧▽≦)

とばかりに「義理堅い直樹」がやり返してくれることを、(まだ3話目という短い付き合いにもかかわらず)信じて疑わないからですも~すっかり直樹のファンになっちまった(;´∀`)。もはや、半沢直樹はスーパーサイヤ人なのか?(ちゃうって、離れなさいって


このメンバーに意図的に組み込まれたらしい渡真利が心配して知らせてくれていたように、この裁量臨店は紛れもなく直樹への嫌がらせ以外の何物でもありませんでした。通達の日数だけでなく、直樹たちが用意していた資料まで

「小木曽が抜き取っていた」

のですからね~。それをまるで鬼の首でも取ったように鼻高々に不備を指摘する姿には、もはや苦笑するしかありません。


「資料の管理がずさんすぎる!いったい課長(直樹)は部下をどう教育しているんだ?」


あまりの不手際に、さすがの直樹もこのからくりに気づいたようです。しかも、部下で気の弱~い中西が、何かを言いたそうにしていたことの意味も、とっくに察していたようです。


「大丈夫。自分の身くらい自分で守れる。言いたいことは笑い話になる時が来たら聞かせてくれ」


でもその「時」は意外に早くやってきました。裁量臨店は3日間行われたのですけれど、前日直樹があまりの暴言三昧に腹が据えかね、ついつい激しく反論してしまったために、3日目はすっかりアウェイ状態に置かれてしまっています。


が、たとえホームでなくとも「実力」さえつけておけば、何も恐れることはないのでござる


なんと直樹は、その日に閲覧される資料をすべてリストアップしていただけでなく、それらの書類をすべて「その日の朝刊とともに」写真を撮っておいたのだそうです直樹グッジョブ!( `ー´)ノ


このように、今朝は確かに存在したものが、なぜ今お手元のファイルからは消えているのでしょうか?


いったい誰が抜き取ったんだ!ありていに白状しやがれっ!!往生際が悪いぞっ!妖怪のくせにっ!! (注:おばさんでござる


ここで意外にも渡真利が直樹に食って掛かると見せかけて、見事な援護射撃をしてくれたのには、も~おばさん拍手喝采でございました


失敬な!我々が盗んだとでも言いたいのか?そんなに言うならここで潔白を証明してやろう!


自らカバンの中身をぶちまけた渡真利に皆が続かぬわけにはいきませんね~もちろん妖怪たちも


途中、むしろ小木曽より数段憎たらしかった虎之介ならぬ灰田が、そのカバンの中にエロ本を忍ばせていたのには大笑いでした。


そしていよいよ小木曽のカバンが奪い取られて中身が暴き出されると、封筒に入った「紛失資料」が期待通りに現れたにもかかわらず、これを今度は

「これは罠だ!おまえたちが俺を陥れようとしているんだ!どうしても俺が盗んだというなら動かぬ証拠を見せろっ!!」

と叫びだします。も~どこまで往生際の悪いオヤジなんだ


で、ここで満を持して発言したのが中西でした中西もやるな~( `ー´)ノ。彼は、臨店初日に小木曽が書類を抜き取った現場を見てしまったらしいのが、逆に小木曽に脅されてしまったのだそうです。もしこれを漏らしたら、5億融資の責任を君にも取ってもらう


でも中西もやられっ放しではありませんでした。何せ上司に

「頂いたものは倍にしてお返ししなさい

といつもOJTされていますからね楽しすぎる~(≧▽≦)


携帯で小木曽との会話をすべて録音していた中西はアッパレでございましたね~


これに勢いづいた直樹が、浅野に対し、この借りは必ず返すとすごむと、浅野はそんなことより

「5億回収」

のほうが大切なのではとうそぶきます。


そして、そう言った張本人がやはりこの「5億融資事件」の黒幕だったようです


半沢は、逃亡中の東田の縁故を辿り、本来は銀行に恨みを持っていたという老人=小村のために、東京中央銀行の今回の不祥事をマスコミにすっぱ抜かせる代わりに、その家族を探し出すという、まさに肉を切らせて骨を断つ作戦を成功させ、ついに東田の居場所を突き止めました。


早速その場へ駆けつけた竹下が撮った写真に写っていたのが、ほかならぬ浅野支店長その人だったのでござるよ黒幕出た~!


でもここで、直樹の妻の花を通して「浅野は家庭ではとても良い人。その妻も奥ゆかしくて素敵な女性」という情報を提示したところを見ると、この浅野もまた結局は誰かに操られてるんと違うのかな。今、いかにも直樹を買っているかのような発言を繰り返している大和田常務もめちゃくちゃ怪しいんですが~まだ早いかな。


めでたく小木曽の出向も決まり(思えば哀れでござるね)、黒幕を突き止めた直樹が、来週はどんな

10倍返し

を見せてくれるのか~今回は姿を見せなかった国税や東田の女(壇蜜)も何やら動きを見せていたようですし、半沢直樹は来週の放送も今からとぉ~っても待ち遠しいですね半沢直樹が楽しい~( *´艸`)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

半沢直樹
 池井戸潤原作

半沢直樹 (第2話あらすじと感想) 黒幕は誰だ!?

半沢直樹のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 池井戸潤氏原作ドラマ あらすじ一覧


半沢直樹~堺雅人さん主演の社会派ドラマはもう

「面白い!半沢直樹がサイコーです♪

という言葉のほかに適切な言葉が見つかりません。まだ2話目だというのに登場人物が皆シッカリとキャラ立ちし、新たに登場した小者でさえ、いかにも小心なネズミ野郎で楽しかった~。憎たらしいキャラは大勢いるけど、無駄なキャラが一つもない


主役の半沢直樹はもちろんですが、特にすごいのが、国税査察部統括官の黒崎駿一(片岡愛之助)と東京中央銀行常務の大和田暁(香川照之)です。 お、ふたりともくしくも歌舞伎役者さんだ。この二人のいかにも悪そうなキャラにはもはや脱帽でござる


「やられたら倍返しだっ!やられっ放しではいないっ!


今回最後の最後に来て、せっかく東田から取り戻せそうだった5千万を横から引っさらって行った黒崎にもキッパリそう豪語した直樹が、こちらはまだ「敵」とは言えぬまでも、近い将来必ずや大きな敵となるに違いない大和田とどのような戦いを繰り広げていくのか、今からう~~~んと楽しみでなりませぬゾクゾクしちゃいますね~( *´艸`)


と、面白い面白いだけではあらすじ探しに来た方に申し訳ないので、一応簡単なあらすじもまとめておきます。いや~ストーリーも実にテンポが良くって面白かった~あ、また言っちまった


西大阪スチールの東田が「脱税」していたという事実から、直樹はこれが実は「計画倒産」だったことに気づいたようです。協力を申し出た竹下金属の竹下社長によると、東田は自社どころか、下請けの竹下金属の売上をも「粉飾」していたのだとか。


その差額を東田はいったいどこに貯めこんだのか


同様に「粉飾」された下請け=淡路鋼材が見つかったため、直樹は早速社長の板橋(岡田浩暉)に接触しますが、実はこの板橋は、東田の口車に乗せられて、ハワイに買った五千万の別荘を餌に、東田に協力して自社を倒産させたとんでもない悪党だったことが判明します。


最初は騙されていたかのように見えた直樹でしたが、倒産したはずの板橋が遠距離タクシーに乗ったことなどからその経済状況を調べ、その息子の架空名義に多額の振り込みがあったことを突き止めていたようです


あんたは本当は恐ろしい人なのかも


敵の目を欺くにはまず味方からの例え通り、真相を聞かされていなかった竹下はこう危惧しますが、そのぐらいの男じゃないと、巨悪には立ち向かえませんよね~直樹の本心やいかに?


一方、四面楚歌にされたかに見えていた行内でも、直樹の立場が変わってきます


国税に目をつけられたと知った東田が板橋に命じて処分させようとした書類を直樹が銀行から持ち出す際、同じ融資課の部下=垣内(須田邦裕)に、

「全て自分の責任にしてくれ」

と言い残した言葉を信じ切れずにいた垣内、そして、これまでは

「長い物には巻かれろ」

で生きてきたらしい角田(モロ師岡)が、前回圧力をかけられて直樹に不利な証言をさせられてしまった中西(中島裕翔)とともに、支店長浅野の腰ぎんちゃく=副支店長の江島(宮川一朗太)から直樹を庇ったシーンは痛快でした。もう、会議の資料はできています!


一方、直樹のみならず、どこまでもしつこく汚いやり口の黒崎の手からさえのがれた東田には、どうやら強い味方(黒幕)がついているようなのが気になりました。銀行や国税の動きを知らせていたらしいあの男は、

銀行の損失より己の保身やメンツが大切な浅野支店長

でしょうか。ま~さか近藤ってこた無いよな~。この3人の同期の友情は大切に描いていってほしいし


その近藤はまだ出向先が決まっておらず、それまでなんと「座敷牢」と呼ばれる部屋でどうでもよい資料作りをさせられているのだそうです。いっそ悪人になってしまった方が救われるような気もしないでもありませんが


あ~直樹は一刻も早く東田を捕まえんとあかんね早く宇梶を捕まえろっ!!。渡真利の言うように、せっかく大和田常務が

「銀行員になったからにはトップ=頭取を目指すぐらいの気構えが欲しい」

と直樹を評価して(面白がって)くれているうちに=利用できるものは何でも利用して、なんとか起死回生の逆転満塁ホームランを打たないといけません


来週は、直樹が「裁量臨店」なる内部検査を受けるそうです。これまた前回の聞き取り調査みたいなものでしょうかね。常務から小馬鹿にされた小木曽が返り討ちを狙って嫌みに拍車をかけてくるのが目に浮かぶようです。


いずれにしても、早く続きが見たいでござるね~半沢直樹来週の放送が今からとぉ~っても待ち遠しいです!半沢直樹が面白すぎる!(≧▽≦)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

半沢直樹
 池井戸潤原作

半沢直樹 (第1話あらすじと感想) めちゃくちゃ面白いドラマが始まった!

半沢直樹のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 池井戸潤氏原作ドラマ あらすじ一覧


こちらも昨日からスタートした半沢直樹~堺雅人さん主演の社会派ドラマは実に面白かったですよ~半沢直樹が面白いよ~(≧▽≦)!。これは期待通り、否、期待以上の作品になりそう来週の放送が今から楽しみ~♪。以下、簡単なあらすじ(ネタバレ)と登場人物をまとめておきます。


東京中央銀行の大阪西支店で融資課課長を務める半沢直樹(堺雅人)は、その名の通り企業に融資を行う課の責任者で、今やその実績で、この西支店を「最優良店舗賞」受賞に導こうとしています。


が、一見出世がすべてと考えているかのようなこの直樹には、実は暗くて悲しい過去がありました。彼の父親(笑福亭鶴瓶)は小さな町工場を経営していたらしいのですが、銀行からの融資を打ち切られたため、その責任を取ろうと首をくくってしまったそうなのです。その銀行は産業中央銀行


その父が死ぬ直前、小さいながらも抜群の技術(樹脂製の軽くて耐久性のあるネジ)を信頼して融資を決断してくれた信用金庫のおかげで、残された工場は母が継ぐことになりましたが、直樹は自分たちを見捨てた銀行に仕返しすべく、こともあろうに、憎い仇の産業中央銀行への入行を希望するのです。


その面接の際に述べた入行の理由がいかにも笑えましたね~。御行は、潰れかけたうちの工場を救ってくれた恩人です。私は御行に入行してその恩を返したいのです!嘘八百でござる( *´艸`)


こうしてまんまと敵の懐に飛び込んだ半沢と同じ年に入行した同期もまたなかなかの個性派です。同じ慶応卒のこのふたり~いかにも世渡り上手な渡真利忍(とまり・しのぶ~及川光博)とこちらは実直で誠実そうな近藤直弼(こんどう・なおすけ~滝藤賢一)はこれからも直樹の生涯の友となりそうです同期っていいよね( *´艸`)


また、直樹の妻の(上戸彩)もとても素敵な奥様でした。茶目っ気があって楽しくて、でもちゃんと夫の心も理解するという、仕事の緊張続きで疲れて帰ってきた夫の心を優しく癒してくれるような、まさに理想の妻でござる。ま、時々社宅での奥様方の愚痴を言うぐらいは直樹も大目に見てやってほしいですね。


さて話を元に戻しましょう


直樹が入行した後バブルははじけ、産業中央銀行は東京第一銀行との合併を余儀なくされ、東京中央銀行というメガバンクが誕生しました。直樹は今、そこの大阪西支店で働いていると言う訳です。


あと5億あれば「最優良店舗賞」を受賞できると躍起になっていたのは、直樹ではなく、支店長の浅野(石丸幹二)でした。彼は旧・産業中央銀行の人間なのですが、どうやらこの受賞をきっかけに、本店に戻ろうと企んでいるようなのです。


直樹の父親を死に追い込んだこの「産業中央銀行」出身のトップと目されるのが、浅野の先輩らしい常務取締役の大和田(香川照之)です。頭取の中野渡(北大路欣也)が

「多額の金で人を破滅させることもできる銀行員には人を見る目がなければいけない

と考えているのに対し、この大和田はいかにも

「人間の価値は動かせる金で決まる」

と考えていそうな俗物でした。そんな男にくっついる浅野の言うことなど信じてしまったことがそもそも直樹の犯した大きな過ちだったのです。


何としても5億の融資先を確保したかった浅野は、ろくに調べもせず、これまではライバル銀行をメインバンクにしていた西大阪スチールという企業が声をかけてきたのに飛びついて、緊急で稟議を通してしまいます。融資課長である直樹がいくら止めても聞きません。


全責任は私がとる


こうしてめでたく「最優良店舗賞」は獲得したものの、しばらく経つと西大阪スチールとは連絡がぱたりと取れなくなり、あれよあれよという間に、この会社は倒産してしまいます。彼らが直樹たちに提出した経営状況は、すべて「粉飾」されていたのです。


「粉飾が見抜けなかったのは融資課長の責任だっ!稟議を通そうとゴリ押しまでしたじゃないか!


体の良いトカゲの尻尾切にあってしまった直樹を、なんとか助けようと骨を折る渡真利と近藤。特に近藤は、本来は将来を有望視されたとても優秀な行員だったにも関わらず、上司の小木曽(おぎそ~緋田康人)にその才能を妬まれてネチネチと苛められたため統合失調症を患ってしまい、半年間の休職を余儀なくされて鳴かず飛ばずだったところをようやく立ち直ってきた矢先、もはや希望のない「出向」を命じられてしまったのに、です。


一度失敗したら這い上がれないのが銀行員だ


友人たちの協力を得て、倒産とともに雲隠れした西大阪スチールの社長=東田(宇梶剛士)の行方を突き止めた直樹でしたが、ここでまんまと逃げられてしまったため(剣豪も女性には弱いのですね塚原卜伝が活きましたね)、こちらもまた東田の「脱税」を調べていたらしい国税のオカマ調査官=黒崎駿一(片岡愛之助)に目をつけられてしまったのは痛かったかな。あの男、邪魔ね。


この、本来は東田の脱税を調べていた国税が、カムフラージュで銀行にやってきて、西大阪スチールの経営状況を調べようとしたのをいち早く察知した直樹が、銀行内の元技術者に頼んでコピー機の中にこっそりとハードディスクを設置し、この調査官の鼻を明かしてやったのは実に痛快でございましたね


やつらがコピーしていったのは西大阪スチールの領収書ばかりだ!東田にはまだ隠し財産があるに違いないっ!!


そう、このドラマのメインは「銀行」を中心とした経済界の話なのですが、直樹の父親やこの技術者のように、いわゆる日本の高度経済成長を支えてきた技術者たちに注目している点も楽しいのです


西大阪スチールの下請けで、その倒産の煽りを受けた竹下金属の社長(赤井英和)が、最初は直樹の話などまったく聞こうとしなかったのに、同業者で仲の良かったマキノ精機の社長(志賀廣太郎)から、直樹がこの会社の職人技を高く評価したに留まらず、その製品の特許明細書を書き直してまで3千万を融資したことを聞き、

一緒に東田のガキをぎゃふんと言わせてやろう!赤井のパンチを繰り出したれ~っ!

と手を組んだのもう~んと楽しかったです。やったろやないかっ!!やれやれ~東田を捕まえろっ!!( `ー´)ノ


また、こちらは本当に薄汚い金貸し野郎=浅野支店長の根回しを受けて、同じ派閥の人間が、たかが一課長の直樹に全責任を擦り付けようとした際に、

「ゴリ押しをすれば稟議が通るのか」「3日もかけて審査したのに粉飾が見抜けなかった本部の融資課は、いったい何のために存在しているのか」

とやり返してやったのも痛快でした。そうそう、責任が取れない上司なんて要らんっ! なんのための「管理職」だっ!!ク〇上司め、覚えていやがれっ!!5億取り戻してやるから邪魔をするなっ!!


同期の近藤を破滅させた小木曽をやり込めて、絶対に5億を回収すると断言した直樹。前途洋洋とは行かなさそうだけど、この男なら何かどでかいことをやってくれそうな気がしませんか。やられたら倍返し!!


まずは、有段者(だと思う)の隙をついて直樹を殴り倒した愛人の美樹(壇蜜)と逃亡した東田の行方を追うことです。自分でしたことに落とし前をつけられないような奴はみんなコテンパンにしてやり~っ!!


最初このドラマを見始めた時、これは半沢直樹の「復讐」なのかと思ったのですが、実際2時間視聴してみると、その復讐が単に「銀行を懲らしめる」だけに留まらず、利益最優先の銀行の体質を変え、まじめで優秀な企業が、その規模に関わらず、正当な融資を受けられるようにしたいというのが、直樹の願いなのではないかと思うようになりましたが、どうでしょうか。


いや~これは本当に楽しみなドラマが始まりましたね~。半沢直樹は来週の放送が今からとぉ~っても楽しみでござりまする半沢直樹が楽しみです~( `ー´)ノ


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

kindle版で読み放題!

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴全ドラマ一覧表

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング