ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/03
<<02 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  03>>

パンチ~余命6ヶ月の奇跡 あらすじと感想 第22話 再起をかけて

キム・レウォンさん主演の韓国ドラマ、【パンチ~余命6ヶ月の奇跡】を再視聴し始めてようやく前回のレビューに追いつきました。これは絶対に最後まで書かないと落ち着きませんよね~。それに何と言ってもやっぱりパンチは何度見ても面白いです


以下ネタバレの簡単なあらすじですパンチ~余命6ヶ月の奇跡のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


ジョンファンは、テソプが研究員を殺害した映像を復元するのに、最高検察庁内部にあるデジタル復元部を選びました。ググファンの力を借りて極秘で作業を進めさせます


イ・テジュンの目をできるだけ遠くに向けさせろとの指示を受けたヨンジンは、抜かりのないジョンファンのことだから海外に頼んだかもしれない、などとテジュンに吹き込み、検察の捜査をかく乱しました


が、その後ついにテジュンが「スパイ」の存在に気づいてしまいます。ちょうどヨンジンがいつも通りテジュンの様子をジョンファンに電話で知らせていた時に、ホソンが電話でテジュンに「チェ検事(ヨンジン)は通話中だから後で話す」と言ってしまったことがきっかけですついに見つかった(>_<)


え?チェ検事は今ここに立っているじゃないか?


念のためにヨンジンに電話をしても確かに通話中なのです。チェ・ヨンジンはジョンファンのスパイだったのか!?


そんなことはおくびにも出さず、テジュンは即座に対策を練り始めました。チェ・ヨンジンは、ジョンファンに協力しながらも、俺という保険をかけているはずだ。それは以前ジョンファンも指摘していましたよね。どうせつくなら、ガンジュより情の厚いテジュンがいい、最後は面倒を見てくれるはずだ、と。


チェ・ヨンジンの口を割るにはジョンファンを殺すしかない


さすがのホソンも驚きましたが、実際に殺すのではなく、偽の訃報を流すことにしたのです。そうすればヨンジンはジョンファンが死んだものと思い込み、すぐに変節するはずだ。


テジュンの予測は見事に的中し、ヨンジンはついに、データを復元している場所を明かしてしまいました。もしかしたら、総長のすぐそばで行われているのかもしれません


それが自分の真下のデータ復元部だと知った時のテジュンがまた憎たらしかったですね~。吹替えの声もそれなりには嫌らしく作ってあるけど、生声は、その声音に加えて訛りが実にねちっこくてイヤミなんだす。


テジュンのあまりの余裕ぶりに、ようやくヨンジンが真相に気づいて後悔しても、もう既に遅しです


ハギョンから事情を聞かされたジョンファンはすぐにヨンジンに電話をしました。着信を見たテジュンは、ジョンファンに謝ったら俺に代われと矢の催促です


が、ここですんなり引き下がるヨンジンではありませんでした。ヨンジンはジョンファンにすぐにデータを回収するよう仄めかした上で、何とか時間稼ぎをします。何せテジュンは、してやったり、と喜んでいるため、ヨンジンの逆襲には気づきませんヨンジン、でかした!


もちろんジョンファンはヨンジンの意図するところにすぐ気づき、グクファンを復元部に急がせました。電話を代わったテジュンが、ようやくとっくに通話が切れていたこと、つまり、自分が騙されていたことを知ってホソンを急がせますが、その頃グクファンは、復元されたデータを持ってジョンファンのもとへ駆けつけていきますグクファン、急げ~!


が、卑怯なテジュンはジスクに電話をし、ただちにグクファンを連行するよう命じました。以前ジョンファンが使ったネタ~グクファンの息子の件をもう一度持ち出してきたのです。


グクファンは、ジョンファンがグクファンの息子の罪をもみ消した見返りに重大な証拠を渡そうとした現行犯、という名目で逮捕されてしまいました。グクファンもまたパク・ジョンファンゲートの関係者にされてしまったのです万事休す!


しかも、唯一の頼みの綱がテジュンに渡ったと聞かされたガンジェも前言を撤回して自分の罪を認め、全ての黒幕はパク・ジョンファンだと記者発表してしまいます。


~今ちょうど「六龍が飛ぶ」を見ているのですが、ガンジェ役のパク・ヒョックォンさんは「ズルくて悪い奴なんだけどどこか気が弱そうで憎めない男をやらせたら、右に出る者がいませんね


目の前でグクファンを連行されたジョンファンは、怒りのあまり、その場に倒れて意識を失ってしまいました。病院に搬送されたジョンファンは、話すことも体を動かすこともできなくなってしまったそうです。医師は、これは一時的なものだろうが、最期が近づいていることは覚悟してほしい、とハギョンとヒョンソンに告げました。


ハギョンは、ずっと走り続けてきたジョンファンが、病のおかげでようやく休めると涙し、その足でジョンファンとの婚姻届けを出しに行きます


一方、九死に一生を得たテジュンは、手に入れたUSBの映像を消去し、USB自体も燃やしてしまいました。これでもう怖いものはありません


テジュンは法曹界の重鎮とジスクを呼び出し、ジスクがテジュンを法務部長官に推薦したがって困る、と嘘をつきました。


あのチップさえなければ!


ジスクの歯ぎしりが聞こえてきそうです


パンチ~余命6ヶ月の奇跡」は続きを見るのが待ち遠しいです


パンチ~余命6ヶ月の奇跡~DVD-BOX1パンチ~余命6ヶ月の奇跡~DVD-BOX1

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はパンチ~余命6ヶ月の奇跡のレビュー一覧」でお読みいただけます

おんな城主直虎
 NHK大河ドラマ

おんな城主直虎 あらすじと感想 第11話 さらば愛しき人よ

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の第11話は「さらば愛しき人よ」です。これは何とも切なかったおんな城主直虎のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。以下ネタバレのあらすじです。


瀬名の自害を阻んだのは、元康が送った使者、石川数正(中村織央~丸岡真次郎@ごちそうさん)でした。この石川数正もなかなか面白い人物らしいのですが、このドラマではどこまで扱ってくれるでしょうか


数正は、元康が鵜殿長照の息子、氏長を預かっているから、瀬名と竹千代、そして亀姫との人質交換を申し出たのだそうです。幼い頃からずっと人質人生を送ってきた元康ですから、さすがに妻子をあのまま放っておくことはできなかったのでしょう。


こうして九死に一生を得た瀬名は、母の佐名を駿府に残して岡崎城へ移り住むことになりました。その際佐名は瀬名に、昔瀬名自身がよく語っていたように、必ず今川を手に入れるよう言い渡しています。その後佐名は自害に追い込まれたそうですから、瀬名の決意は火を見るより明らかでしょう


とはいえ、瀬名の松平家での扱いもまた人質とそう変わらなかったようです。瀬名は元康の正室というより、あくまでも今川家の人間なのです。


一方井伊家では、一連の事情を知った直親が、今川を見限って徳川との同盟を結ぼうとしていました。瀬名のために骨を折った次郎に対する元康の礼に、直親宛の書状が添えられていたことがきっかけです。


直親は己の考えを政次に明かして政次の協力を求めました。政次もまた、今川には未来がないと見極め、直親に協力することを約束します選ぶ余地などない、がまったく逆の意味で使われた


その後直親は「鷹狩」と称して秘かに元康に会いに行きました。そこで「元康」を名乗ったのは(もー声で分かりましたよね)今川の送ったニセモノ(ほっしゃん~ 嘉平@銀二貫)だったのですが、元康と面識のない直親にはそれが分かりません


この密会で手ごたえを得た直親は政次に報告する際、元康の外見と人となりを話しました。年の割に貫禄があり、精悍な顔つきで手に刀傷があった


そのニセモノは図々しくも「縁組」の話までしたそうで、直親は、いまだに独身だったらしい政次にどうだと勧めますが、政次は、家を継ぐのは亥之助で良いと語り、嫁を貰うつもりはないと答えます。


すると直親は、今川の支配から脱すれば、おとわはすぐにでも還俗できるから、晴れて一緒になるがいいと促しました。政次は、それはおとわが望まぬだろうと答え、これまでずっと我慢のし通しだった次郎法師様のお好きなようになさるがいい、そうしてやってほしい、と続けます


そこへ次郎がやってきて、3人は昔のように井戸を囲んで談笑しました。直親と政次は、次郎が今川や三河に嫁入りしたらどうなるか、と話していたのだと次郎に聞かせ、すぐに飛び出してきただろうと笑いました。すると次郎は、私ほど尽くす女子はいない、と反論します。これには反論の余地もありませんね


が、そんな楽しい時はそう長くは続きませんでした。政次は、定例のご機嫌伺いに駿府に出向くと即、寿桂尼に呼び出され、詰問されてしまいます


井伊直親が松平元康と内通しているとの疑いあり!!


もちろん政次はしらばっくれようとしましたが、同席した「証人」の手の甲を見て愕然としてしまいます。そこには直親が触れていた「刀傷」があったからです。謀られた!!偽者めっ!(`・ω・´)


寿桂尼に問い詰められた政次は、あくまでも自分は知らぬことだと突っぱねましたが、もはや残された道はただ一つと覚悟を決めたようです。それは、今回のことをすべて直親一人の責任にして井伊家全体への攻撃を減じてもらうこと


~これはおばさん個人の解釈なので異論のある方もいらっしゃるかもしれません


政次の胸に父の言葉が去来しますかわいそうな政次vv。結局はおまえも俺と同じ道をたどるはず


その頃井伊谷でも真相が明らかになりました。松平元康からお礼の品が届いたからです。


今川が井伊を試したのだ!


未だ戻らぬ政次は果たして殺されたのか、捕まっているのか、はたまた井伊を裏切ったのか、と複雑な思いに駆られる直親でしたが、最後は井伊を守ったと思いたい、と言ってくれたのがせめてもの救いでした。


井伊谷ではこれを機会に今川と戦おうという声が上がりますが、直親がこれを望みません。それは虎松の時に取っておいてほしい。今回は自分が招いた結果だから自分が責任を取ると、寿桂尼の呼び出しに応じる覚悟を固めます。


一方次郎は、なんとしても直親を助けようと東奔西走していました。頼みの綱は自分が救った瀬名ですが、瀬名は前述したように松平家では何の力もありませんし、元康は元来が計算高い男なので(もともと家康が好きじゃないので)、分の悪い勝負には決して手を出さんのだす


己の力不足を嘆く次郎に、直親が別れを告げに来たシーンがまた泣けました


そもそも我が男だったらよかったのだ。そうすれば今川へ行くのは我だったのに!!直親を行かせずに済んだ(;O;)


悔しがる次郎に直親は、それでは自分が困ると反論しました。もしおとわが男だったら、たった一つの自分の美しい思い出が無くなってしまうから


直親は次郎を抱きしめて、戻ってきたら一緒になってほしいと申し出ました。次郎もこれを承諾しますが、これはもう来世の話をしているのも同然ですよね。今川が直親を許すはずがないからです


案の定、直親は駿府に向かう道中で今川勢に射殺されてしまったようですさらば愛しき人よ


何とも哀しい展開でしたが~こう言っては身も蓋もありませんが~ここで直親が死なない限り「おんな城主直虎」の誕生も迎えられません。それでも何とか、子どもの頃のようにどこかに逃げ延びてでも生きててほしかったですが、もはや直親は守ってもらう側ではなく、虎松を守らねばならぬ身ゆえ、そうもいかなかったのでしょうか直親も可哀想(;O;)


そういう訳で来週はいよいよおんな城主の誕生です。続きを見るのが待ち遠しいです




これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はおんな城主直虎のレビュー一覧」でお読みいただけます

精霊の守り人
 歴史ファンタジー

精霊の守り人~悲しき破壊神 あらすじと感想 第8話 王子の足跡

精霊の守り人のあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: 精霊の守り人 あらすじと登場人物一覧


精霊の守り人2~悲しき破壊神~】の8話は「王子の足跡」です。いや~みぞみぞ、否違った、ワクワクしてきましたね~。以下早速ネタバレです精霊の守り人2のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まずは、心に深い傷を負って厭世的になる一方愛と希望も捨てられない男=ヒュウゴが、我らの可愛い可愛いチャグムを騙していたことが発覚しました。おばさんは、自分も結構めんどくさかったりするので、ヒュウゴみたいに超めんどくさい人間はあんまり好きじゃないんですよね~。バルサがやらなかったらおばさんがガツンとやるとこだすヒュウゴもラウルも好かんわ~(´・ω・`)


前回ヒュウゴが拷問の末処刑されそうになったのは、すべてヒュウゴ自身の策略だったのだそうです。ラウルから、チャグムに心を鷲掴みにされたのではないかと冷やかされたヒュウゴが、そうラウルに提案したのだそうです。そうすれば、チャグムは思いのままに操れます


ヒュウゴはチャグムの情の厚さを利用したのですも~許せんっ!!


この事は、ヒュウゴ自身の口からバルサに明かされました。経緯は以下の通りです


新ヨゴ国の王子が死んだ


そう聞かされたバルサは、アスラをマーサに託し、また旅に出ることにしました。バルサを心配したタンダは一緒に戻ろうと誘いますが、バルサは、自分に戻る場所などない、と断ります


そのバルサに、祭儀場でのショックが元で口が利けなくなったアスラがしがみつきました。アスラはバルサから「死の匂い」を嗅ぎ取り、彼女が心配でならないようです。


行かないで、バルサ!私の側にいて!


アスラの心の声が響いてきますアスラが可愛すぎ


それでもバルサはマーサの側という温かい陽だまりのような場所を後にし、新たな用心棒の口を求めてロタ王国に渡ろうとしました。口入屋のタチヤから、国王が喪中だから仕事はないと断られたため、仕事ができるまで待とうとしていたところに、別れたばかりのタンダが駆けつけてきます


バルサ、チャグムは生きていた!!死んでなどいなかったんだ!


タンダは途中で狩人のジンに出会い、真相をすべて聞いてきたのです。しかもジンは二ノ妃からバルサ宛の書状を託されていました。二ノ妃は、王宮に戻ったシュガから真相を明かされた聖導師を通してチャグムの生存を知ると即、バルサを捜すよう命じたそうです。あの子に必要なのはバルサよ!!


再びチャグムの用心棒として雇われたバルサの目に、ようやく精気が宿りました。バルサは早速チャグムの足跡をたどりますチャグム、待ってろ!


ジンの話から、チャグムがラウルから高価な宝石=タルファの首飾りを貰ったことを知ると、バルサは早速、宝石を売り買いする店を当たりました。そこでバルサは、赤目のユザン(平山祐介~奥山孫一郎@おんな城主直虎)という海賊がこれを持ち込んだことを探り当てます


またバルサはここで、同じようにチャグムを追っていたらしいセナに出会いました。セナはバルサに、自分はチャグムの友人だと言い、バルサはチャグムの言ったとおりの女性だと話してくれます。ふたりがまた会えるよう祈っています


この時セナと一緒に現れたのがヒュウゴです。ヒュウゴから一部始終を聞いたバルサは、ヒュウゴを殴り倒しましたさすがはバルサ!( `ー´)ノ。いやいやここは実に気持ち良かった


その頃チャグムは、タルシャの首飾りを手放したことから足がついてしまいます。チャグムはどうやら自分を救ってくれたラッシャロー(海上で生活する民)を助けようとして、ユザンに宝石を渡したようなのです。


その宝石が回り回ってスーアンの手に渡ったことから、チャグムはスーアンに捕まってしまったそうです。スーアンはチャグムを切り札にしてタルシュ帝国と取引するつもりのようです。スーアンは見るからにア〇そうな自分の息子、オゴン(富澤たけし~ノクターンの店主@カルテット)をロタ王国の王にしようとしているのだそうです。そのためにはタルシュ帝国の協力が必要だ!


果たしてチャグムは無事スーアンの下を逃げ出し、イーハンに助けを求めることができるのでしょうか?


一方、チャグムが死んだとの報告を受けた帝は、死んだチャグムを「軍神」と称えました。チャグムを殺した(ことになっている)モンを呼び、チャグムが自分の計略に気づいたかどうかを確認するところなんぞ、いかにも肝っ玉が小さいことの現れですよね


よくぞ私の息子を殺してくれた!!


あ~この帝だけは、ラウルの言うように暗殺しても良かったんじゃなかとね帝め許さんっ!(`・ω・´)、と思わずにいられません


次回はいよいよシーズン2の最終回で、タイトルは「呼び合う魂」だそうです。何とも惜しい所で終わってしまいそうで、今から無念でなりませんが、とりあえずはどんどこ盛り上がることを信じて=楽しみに待ちたいと思います精霊の守り人2も最終回


 

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は精霊の守り人のレビュー一覧」でお読みいただけます

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング