カテゴリ時代劇・歴史モノ 1/195

ぬけまいる あらすじと感想 第7話 お志花の秘密

ともさかりえさん、田中麗奈さん、佐藤江梨子さんの【ぬけまいる】はもう7話になりました。来週は最終回だそうで、あっという間ですね。予告では、また長五郎が出てきそうな思わせぶりも見られましたが?以下ネタバレのあらすじです。今回は志花の過去が明らかになりました。...

  •  0
  •  0

立花登青春手控え3 あらすじと感想 第6話 女の部屋

~立花登青春手控えのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 立花登青春手控え あらすじと感想、キャスト一覧~藤沢周平さん原作、溝口順平さん主演の時代劇、【立花登青春手控え3】の第6話は「女の部屋」です。いやこれまた何ともむごい話でございましたね。以下ネタバレのあらすじです。...

  •  0
  •  0

ぬけまいる あらすじと感想 第6話 幼馴染はいいねえ

ともさかりえさん、田中麗奈さん、佐藤江梨子さんの【ぬけまいる】は6話もまたとっても楽しかったですね~。期待通り痛快な仕返しのみならず、しみじみとした人情話にも泣かされました。以下ネタバレのあらすじです。...

  •  0
  •  0

立花登青春手控え3 あらすじと感想 第5話 影の男

~立花登青春手控えのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 立花登青春手控え あらすじと感想、キャスト一覧~藤沢周平さん原作、溝口順平さん主演のBS時代劇、【立花登青春手控え3】の第5話は「影の男」です。以下ネタバレのあらすじです。...

  •  0
  •  0

オスマン帝国外伝 最終回 ネタバレと感想(46~48) 死の宣告

【オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~】の46話は「最後の手紙」、47話は「命がけの密会」、そして最終話=48話が「死の宣告」です。あらすじに行く前にご報告です~オスマン帝国外伝のシーズン2は来年放送されることが決まったそうです。何とも気がもめるところで終わってしまったので、来年のいつ頃になるのか早く知らせてほしいでやんすね。以下ネタバレのあらすじです。最初にお断りしておきますが、イブラヒムファンの方は...

  •  0
  •  0

ぬけまいる あらすじと感想 第5話 次兵衛の決心

ともさかりえさん、田中麗奈さん、佐藤江梨子さんの【ぬけまいる】は5話も楽しかったですね~。これは何とも温かくて人情味あふれたドラマでござるね。以下ネタバレのあらすじです。...

  •  0
  •  0

立花登青春手控え3 あらすじと感想 第4話 影法師

~立花登青春手控えのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 立花登青春手控え あらすじと感想、キャスト一覧~藤沢周平さん原作、溝口順平さん主演のBS時代劇、【立花登青春手控え3】の第4話は「影法師」です。これはあくまでもおばさんの想像ですが、この「影法師」には文字通りの「影」のほか、人間の邪悪な心=悪霊的な意味合いもあったのでしょうか?以下ネタバレのあらすじです。今回の囚人はおちせ(川添野愛)...

  •  0
  •  0

オスマン帝国外伝 あらすじと感想 第43~45話 後宮の凶行

【オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~】の43話は「愛の反乱」、44話は「悪夢」、そして本日放送の45話が「後宮の凶行」です。以下早速ネタバレです。何と言っても痛快だったのは、ヒュッレムがスレイマンをやり込めたことです。鼻の下を伸ばしてターニャの到着を待っていたスレイマンの部屋に乗り込み、もしターニャを選ぶなら私を殺せ!と迫ったヒュッレムに対してスレイマンは激怒しますが、それでも臆さず二者択一を迫ったヒ...

  •  0
  •  0

オスマン帝国外伝 あらすじと感想 第40~42話 悲しみと死の宮殿

【オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~】の40話は「痛みの記憶」、41話は「疑惑」、42話が「悲しみと死の宮殿」です。以下3話分まとめたネタバレのあらすじです。この間最も注目したのはやはりフェルハトの処刑ですよね。以前悪事が露見した際はベイハン皇女の夫だということで減刑され、スメデレボに左遷されたというのに(#28~30)、またそこでも悪政を働いたため、ついにスレイマンの逆鱗に触れてしまいました。しかも、こ...

  •  0
  •  0

ぬけまいる あらすじと感想 第4話 お蝶の負けず嫌いが楽しい

ともさかりえさん、田中麗奈さん、佐藤江梨子さんの【ぬけまいる】は4話もまたとっても楽しかったですね~。猪鹿蝶は3人ともそれぞれ個性が違っていて素敵ですが、おばさん個人としては今お蝶が一番気に入っています。うぬぼれが強くていつもエラソーにしているけれど、実際陰では誰よりも努力しているから自慢するだけのことはあるんですよね。頑張って店を大きくしたのも元はと言えば家族のためなのに、その家族から鬱陶しがら...

  •  0
  •  0
《他にもこんな記事を書いています♪》