ユーザータグユ・ドングン 1/1

家族なのにどうして 全72話 あらすじと感想、登場人物一覧

家族なのにどうして~ボクらの恋日記~(全72話)分類: 韓国ドラマ制作: 韓国KBS演出: チョン・チャングン(「愛しの金枝玉葉」「復活」ほか)脚本: カン・ウンギョン(「ホテリアー」「タルジャの春」「強敵たち」「製パン王キム・タック」ほか)出演: ユ・ドングン、キム・ヒョンジュ、キム・サンギョン、他お気に入り度: お勧めキャラ: スングム(ヤン・ヒギョン)&テジュ(キム・サンギョン)放送局: BSジ...

  •  0
  •  0

チョン・ドジョン(鄭道伝) あらすじと感想、登場人物一覧 全50話

チョン・ドジョン(鄭道伝)(全50話)分類: 韓国ドラマ制作: 韓国KBS演出: カン・ビョンテク(「海神」「キム・マンドク」ほか)脚本: チョン・ヒョンミン(「プレジデント」「自由人、イ・フェヨン」ほか)出演: チョ・ジェヒョン、ユ・ドングン、イム・ホ、アン・ジェモ、他お気に入り度: お勧めキャラ: チョン・ドジョン(チェ・ジェヒョン)&イ・ソンゲ(ユ・ドングン)放送局: BSジャパン公式サイト: チ...

  •  0
  •  0

限りない愛 あらすじと感想 14~22話 すっかり身内気分です

韓国ホームドラマ【 限りない愛 】も挫折することなくここまで見続けています。しかも、登場人物たちとは今やすっかり身内気分になってきたほど~です。以前も感想を書いたように、決して、ものすご~く面白いわけではないんですが、でもなんとな~くほのぼのとした気分にさせてくれるのが心地よいドラマなのでござるよ。ホームドラマですから、それなりにゴチャゴチャはしているんだけど、登場人物が皆それぞれに個性的で、大いに...

  •  0
  •  0

明成皇后(#13~17) 5話もあったのにちいとも進まん

明成皇后~今週は13話から17話を視聴しました。も~まともに見るとイライラするし、そうでないと眠くなるし~な実に辛い展開でした。おばさんが以前から懸念していた「ワンマンショー」そのものになってきてましたね~ユ・ドングンさんの。いつ見ても同じような表情で、いつ聞いても似たような話を永遠と語っていらっしゃる。大体この大院君、ものすご~く「息子ベッタリ」なのですよ。最初は高宗もかなりのファザコンだったのです...

  •  0
  •  0

龍の涙がとうとう終わりました!(全159話)

韓国ドラマ~龍の涙が、とうとう最終回を迎えました!!先週から最終回づくしですが、これはソンジョそこらのドラマの最終回とは格が違いますヨ~。何せ始まったのが2008年10月ですからね。あしかけ3年ですわ。いやいや実に長かったですね~。とは言え、おばさんは全部見てたわけじゃないんですのヨ。最初の方~かなり早めに一度目の断念=イ・ソンゲが怖すぎた、そしてその後、昨年の初め頃=64話に再び視聴に踏み切りますが、80...

  •  31
  •  0

龍の涙~第75話 バンウォンの本性あらわるっ!

さて今日はもうひとつの時代劇~龍の涙についても語っちゃいます。~日曜は「駅伝とマラソンの日」だったのが、すっかり「歴史モノ」を語る日~になりそうかしらん?~この龍の涙~こっちも妖婦張禧嬪と一緒でものすごぉ~く古臭いんですが、なかなか面白くなってきたんですよ。それに結構目を通してくださる方もいらっしゃるみたいですしね。大王世宗(テワンセジョン)つながりかしらね~あちらも今は号泣に継ぐ号泣の時ですもの...

  •  0
  •  0

エデンの東~第50話 愛のための選択

エデンの東は第50話「愛のための選択」です。~ストーリーはとっても面白かったけど~いつも思うんですが~この副題は今ひとついただけないでやんすね~。ま、オバサンがどうこう言える筋合いじゃないんですけど。。~とりあえず、その面白かったドラマのあらすじを語らせていただきますね。まず最初のクク・デファ会長が、デファグループのメンバーに向かってドンチョルを後継者に据えることを宣言したシーンから。「文句のあるヤ...

  •  0
  •  0

「龍の涙」~第64話からの再挑戦です!

この「龍の涙」、週一の放送でただ今64話を放送したところなんですが、ちょいと覗いてみましたらなかなか面白そうでした。以前、最初の1ヶ月ぐらいは見たんですけどね~。なんだかあの古臭~い感じがどうにもなじめなくて。それにちょうど時期を同じくして、王の女、チャン・ヒビンなんかも見てたものですから、お腹イッパイ!な気分になってしまってたんです。で、結局は3本ともぜ~んぶリタイアしてしまったオバサンでした。そ...

  •  0
  •  0

淵蓋蘇文~第74話「国の事情」まで~オッサンで大正解です!

~淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)のあらすじはこちらかご覧いただけます: 淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)~レビュー&あらすじ~巷では、「オッサン揃いになってしまった」と大分評判のよくないらしい(?)淵蓋蘇文なのですが、オバサン的には、かなりその評価はアップ! このユ・ドングンさんって、かなりの迫力ですよぉ~。私生活では暴行事件を起こしたこともある、なんて耳に挟んだのですが、この人に間近で怒鳴られたら、かなりビビ...

  •  2
  •  0
《他にもこんな記事を書いています♪》