松坂桃李に関する記事 1/4

パーフェクトワールド ネタバレと感想 第5話 ヘルパー長沢は間違ってる!

松坂桃李さん主演のドラマ、【パーフェクトワールド】の5話もただただ切なくて辛かったですね~。でもそれじゃあいかんのですよね~人間はどんなに辛くても生きていかなくちゃいかんのだから、どうしたら少しでも楽になれるか=幸せになれるかを考えるのも大事な義務なのでござる。特に今回はあのヘルパー長沢に一言言わんと気が済まん。以下ネタバレの感想です。...

  •  0
  •  0

パーフェクトワールド ネタバレと感想 第4話 障害の有無にかかわらず

松坂桃李さん主演のドラマ、【パーフェクトワールド】の4話では、つぐみの頑張りが空回りしているようで見ているのが切なかったです。なんであの長沢ヘルパーはつぐみにもっと優しくできないのかしらね。やっぱ好かんわ~。早速ネタバレです。...

  •  0
  •  0

パーフェクトワールド あらすじと感想 第3話 ただいまどっぷり恋愛中

松坂桃李さん主演のドラマ、【パーフェクトワールド】の3話ではヘルパー長沢の樹に対する感情が明らかになりました。以下ネタバレのあらすじです。...

  •  0
  •  0

パーフェクトワールド あらすじと感想 第2話 これぞ王道のラブストーリー

松坂桃李さん主演のドラマ、【パーフェクトワールド】は2話目も見ごたえがありましたね~。こう見えておばさんは、半端なラブストーリーは見てて恥ずかしくなるので得意じゃないんですけど、このドラマは良いわ~。まさに王道ですね。以下ネタバレのあらすじです。...

  •  0
  •  0

パーフェクトワールド あらすじと感想 第1話 若い二人を応援したくなるドラマ

松坂桃李さん主演のドラマ、【パーフェクトワールド】を見始めました。番宣ではラブストーリーということでしたが、松坂さん演じる主人公が障害を持つ方だったため、社会派ドラマに分類しようか迷っていた時、公式HPのこの言葉が目に飛び込んできて、迷わず「ラブストーリー」に分類させていただきました。いつかこのドラマがただのありふれたラブストーリーになりますように。主人公の鮎川樹が吐いたセリフが蘇ります:障がい者だ...

  •  0
  •  0

この世界の片隅に 最終回 あらすじと感想 歴史に学ぶ賢者たらん

松本穂香さん主演の日曜劇場、【この世界の片隅に】もついに最終回を迎えました。う~ん、できればあと1話、せめてもう少し拡大していただいたら良かったのにと思わずにいられませんが、それでもこのドラマの素晴らしさは十二分に味わうことができました。こうした良質な作品にもっともっと触れて感動をもらい、経験はしていなくても歴史に学んで賢く強く生きていきたいものです。以下ネタバレのあらすじです。まずは何と言っても...

  •  0
  •  0

この世界の片隅に あらすじと感想 第8話 終戦を迎えて

松本穂香さん主演の日曜劇場、【この世界の片隅に】の8話ではようやく「あの日」を迎えました。でもすずの心には安堵も喜びも浮かばなかったようです。以下ネタバレのあらすじです。すずは広島に落とされた新型爆弾の影響が心配で、髪を切り落としてまでもなんとか一緒に連れていってもらおうとしましたが、トラックに乗れる人数は限られているから連れてはいけないと断られてしまいました。ハルがいかにもすまなそうに謝ると、美...

  •  0
  •  0

この世界の片隅に あらすじと感想 第7話 昭和20年8月6日

松本穂香さん主演の日曜劇場、【この世界の片隅に】の7話ではついに昭和20年8月6日がやってきました。以下ネタバレのあらすじです。北條家で目覚めたすずの脳裏に浮かんだのは晴美の姿でした。すずは激しい罪悪感に苛まれながら晴美の名を呼び続けます。晴美さん、晴美さんっ!!布団の横にじっと座っていた径子は憔悴しきった様子ですずを責め始めました。あんたがついていながらなんで?人殺しっ!!返して!晴美を返してやっ...

  •  0
  •  0

この世界の片隅に あらすじと感想 第6話 別れ

松本穂香さん主演の日曜劇場、【この世界の片隅に】は6話も痛ましかったですね。戦況がどんどん悪化する中で、なんとか普通に暮らそうと、小さな幸せを見つけて微笑む人々の健気さが伝わってきて胸が痛くなりました。大切なものを1つずつ奪われていった時代に、何故人々はあんな風に笑っていられたのか。日本人はどうしてあんなにも諦めが良いのか、もっと怒っても良いのではないか、甚大な被害を受けても尚、その大きさを隠そう...

  •  0
  •  0

この世界の片隅に あらすじと感想 第5話 普通が普通でなくなる時

松本穂香さん主演の日曜劇場、【この世界の片隅に】は5話も何とも切なく、また考えさせられるエピソードでございましたね。以下ネタバレのあらすじです。昭和19年12月。すずがいつものように水汲みをしていると、突然水原がやってきました。久しぶりじゃのう!えっと・・・あっ、すず。ははははは、すず!!昔はずっと浦野という名字で呼んでいたすずを、嫁いだ先の「北條」とは呼びたくないから、名前のすずで呼ぼう!という...

  •  0
  •  0
《他にもこんな記事を書いています♪》