王と私のドラマレビュー 1/2

王と私 ノーカット版~(#61~最終話) 実に有意義な再視聴でした

王と私~ようやく最終回まで見終わりました。ここに来てつくづく思ったのは、やはり燕山君は紛れもない暴君だったと言う事でした。日本でのカット版制作者側があの「良い子燕山君」のシーンを沢山カットしてしまった気持ちが理解できるほど、それはそれはひどい暴君ぶりでした。この暴政はカット版でも十分に描かれていたような記憶もあるんですが、たぶん、妄想好きなおばさんは、ユン氏を廃位に追い込んだインス大妃への怒りが凄...

  •  4
  •  0

王と私 ノーカット版~(#55~60) 丸ごとカットされた燕山君の真意

王と私ももうかなりの終盤となりました。ここまで見てきてとても残念に思ったのは、このドラマのカット版では燕山君の真意がまったくもって描かれていなかったということです。おばさんが記憶している限りでは、以前BS日テレで放送された「王と私」の燕山君は、世間一般のイメージどおり~ただの暴君でした:母の死の真相を知るまではずっと良い子でいたはずが、それを知ってからは一変~母の無念を晴らすため、誰もが恐れる暴君と...

  •  2
  •  0

王と私 ノーカット版~54話~燕山君はこんなに良い子だったのです

王と私も引き続き順調に視聴を続けております。いたましくもユン氏が賜死となり、ソファの最期を看取ったチョソンの心情が悲しくて、またしてもボロボロと泣いてしまったおばさんではありましたが、その辺の感想は、以前カット版を見た時とほとんど変わらなかったので、何も語らずにおりましたのです。でもこの54話に来て、立派に成長した王子(ワンジャ)・燕山君が、母の死の真相を知る前はあんなにも素晴らしい人物に描かれて...

  •  0
  •  0

王と私(#43~50) この怒りを静めるためにあれこれ妄想してみました

王と私~前回42話まで語って黙り込んでいたおばさんですが、視聴の方は相変わらず順調に続けています。語らなかったのは、前回と感想が全く変わっておらず、相変わらず「インス大妃憎しっ!」の姿勢をとり続けているからです。も~アノ人が出てくると、パソコンぶち壊したくなっちゃう。でも、せっかく2度目の視聴ですし~ということで、ただ怒っているだけではなくて、ちょいとだけ冷静になって登場人物についての考察などを試み...

  •  4
  •  0

王と私(#38~42)再視聴にしてますます湧き上がる怒りが抑えられん 

王と私~もここに来て怒りが頂点に達しつつあります。さすがに2度目ということで、しかもじんわりと心に残るシーンがカットされていないということもあって、1度目の視聴よりはずっと心穏やかに見続けてきたおばさんではありますが、も~かなり限界です。特に腹立たしいのは、あのインス大妃。前回に引き続き、自分をどこまで抑えられるか疑問が残るところですので、またしても続きにさせていただきまする。これはもう皆様にお目...

  •  2
  •  0

王と私(#18~37) ノーカット版視聴中の雑感を少し?だけ(笑)

王と私~その日の「ノルマ」を書き終えて、さてと一息ついたところでこのドラマを見るのが今では日課となっているおばさんです。最初は毎日、しかも早送りができないことから、再視聴だしいつまで持つか~と自分でも危ぶんでいたこのGyao視聴ですが、今では土日に見られないのが寂しく思えるほどになっています。今はちょうどあのオウルドンが登場し、ずっと成宗に愛を注いできた王妃が苦しんでいるところです。以下、思いがけず長...

  •  5
  •  0

王と私(#13~17)ノーカット版の「笑」撃シーン

王と私~こちらはもう毎日欠かさず見ています。前回騒いだ草笛のシーンの様な超名場面はなかったものの、そこそこ良いシーンがたっくさんカットされていたことにうならずにはいられない毎日を送っているおばさんなのです。あいたたあいたた~なシーンもあれほどたくさんあったとは~あれでは男性は到底見るに耐えませんよね。病に伏せるソファをチョソンに看病させようと、ソウンたちがポドゥルを「合コン」に誘い出したり、この意...

  •  2
  •  0

王と私(#8~12)ノーカット版視聴で湧き上がったポドゥルへの怒り

王と私~今週は8話から12話まで視聴しました。この間で、最も印象に残ったのはポドゥルのエピソードです。カット版を見ていた時も、あんなに「王様の寵愛を受ける」と張り切って入宮したはずなのに、いつの間にか「ただの女官」で満足していたように見えて、結局あの野心は報われたんだろうか?とずっと気になっていたのですよね。それが~あんなにも活発に行動していたとは驚きでした。内侍院の子どもという「強み」を最大限に利...

  •  2
  •  0

王と私(#6&7)ノーカット版の感動シーン~草笛の音色に泣けた(;_;)

王と私も引き続き暑苦しく語らせていただきまする。も~この早寝のおばさんが、昨日は11時過ぎまで見入っちゃいました。これはマジで気をつけないといかんです。でもこの6話は本当に感動的で、これ=草笛のシーンを見ただけでも~他は見なくてもいいかも~と思えたほど泣けてしまいました。実に素敵なシーンだったのですヨ。ま、これがあってこそまた他のシーンも生きると言うものでしょうが。~そうそう、このシーンの直後にあ...

  •  2
  •  0

王と私~ノーカット字幕版で再視聴中(1~5話まで)

王と私は、一昨年、とぉ~っても夢中になって見ていた韓国ドラマです。最近すっかりGyaoづいたおばさんは、これもまた現在ノーカット字幕版を視聴中です。本当はこの時間には7話まで視聴したかったのですが~草ぼうも気になってね~ちょっと一息ついて感想などをしたためたく筆を執りました。良いドラマ、好きなドラマは何度見ても飽きませんが、これは特に今回ノーカットということで、その印象が大分変わって、以前よりずっと面...

  •  4
  •  0

王と私 最終回あらすじ~最後まで実に美しいドラマでした

韓国ドラマ~王と私もとうとう昨日で最終回を迎えてしまいました。今日はさっそくあらすじを語らせていただきます。死を覚悟して、燕山君に最後の忠義を尽くそうと考えたチョソンです。六根壷をその手に持って、言葉と心を尽くして燕山君の心を動かそうとします。「これまでの暴政は、すべて太平の世のためだとおっしゃった」「それが今では王の道理を失って、民の犠牲を踏みにじる暴君と化した!」信頼していたチョソンの言葉です...

  •  11
  •  0

王と私(#61) ひさしぶりにあらすじを語ります

韓国ドラマ、王と私はここに来てもう目が離せません状態です。遅れはしても年末に終わってくれるのは本当に良かったと思います。とこんな風に最初の頃と同じように盛り上がってきましたので、今日はちとあらすじを語らせていただきまする。チギョムの並々ならぬ決意を感じ、燕山君の部屋へと駆けつけるチョソン(内侍府長)。「チョーナー!チョーナーッ!!」当の燕山君は酒に酔いつぶれて眠っていただけなのですが、その傍らには...

  •  2
  •  0

王と私(#58~60) いよいよ大詰め!(^O^)/

韓国ドラマ、王と私は、終盤に来てますます面白くなってきました。まるで、先代の王成宗の鬱憤をも晴らすかのような悪行ザンマイ。朝廷や内命婦に操られる傀儡にはならん!絶対的権力を持った強い君主となる!!遺体まで傷つけた~非道の限りを尽くした燕山君を、こんな風に評価するようになろうとは、この「王と私」を見るまでは思いもよらなかったおばさんです。母=廃妃ユン氏の復讐も、あくまでもこれを「盾」にしているだけで...

  •  2
  •  0

王と私(#55~57) ついに真相が明かされました!

韓国ドラマ、王と私~燕山君の時代になってからと言うもの、イライラすることもなくサクサク視聴が進んでいきます。世子が冊封され、自らの王としての権威を誇示する燕山君に対し、内命婦や朝廷の圧力が弱体化していくのが~これまでの流れからすると、実に胸がスカッとしちゃうおばさんでやんす。特に、自分は引退する時に「内侍府の政治への関与は許さない」とヤン尚薬に後任を託したチギョムが、オ尚宮へのみそぎが済んだとばか...

  •  4
  •  0

王と私(#53、54) 燕山君はコム(大祚栄)でしたか!

韓国ドラマ、王と私~53&54話では一気に話が進みました。ハンスから世子を毒殺するよう命じられたホン女官(ホンビ)はその命に背いたためハンスに絞殺されますが、万が一のことを考えて残したチョソン宛の手紙から、ハンスのこれまでの悪行が白日の下にさらされます。「大妃と廃妃の仲を裂いたのも、側室の子を流産させたのも~すべてハンスの命令で自分が行ったこと」~これを知っても、自分の過ち(ソファへの誤解)を悔いるよ...

  •  4
  •  0

王と私(#52) 燕山君の秘めたる決意!

韓国ドラマ、王と私~52話を見たおばさんはかなりビックリしちゃいました。ユン王子は、世子になる前から母の死とその真相を知っていた?!あれだけ皆が必死になってひた隠しにしていた真実を、王子の耳に入れてしまったのが「父親の成宗」だったというところがなんとも皮肉でございましたね。まあ、直接語ったわけではなくて、チョソンと話していたところを王子が立ち聞きしてしまったようなのですけれど。そしてこのユン王子、全...

  •  2
  •  0

王と私(#51)で撃沈しましたvv 

韓国ドラマ~王と私、前回書いた「王と私(#48~50) ク・ヘソンの演技力に感服!」で、大分心の準備をしていたつもりのおばさんでしたが、実際にこの51話を見たらそんな覚悟はぶっ飛んでしまいました。泣けたぁ~。今日はちっとばかしあらすじも語らせていただきます。ヤン尚薬が薬を煎じています。これはユン氏の賜死のための毒薬です。ヤン尚薬の表情のなんと切なそうなこと。本来「人を生かすための薬」を作るための土瓶が「人...

  •  4
  •  0

王と私(#48~50) ク・ヘソンの演技力に感服!

韓国ドラマ~王と私、廃位されてからのユン氏(ソファ)を見ていると、本当に胸が痛くなってしまいます。ひとりの民として成宗が聖君になることを心から祈る姿、そして、母を失った幼い息子の無事な成長を毎日神仏に祈らざるを得ない哀れな母の姿が、切々と、実に見事に表現されていると思います。そこで~おばさんはつくづく思いました。このク・ヘソンさんの演技力はすごいなぁと。おばさんは~体力がないのとひどい無精者などの...

  •  3
  •  0

王と私(#46、47) 父と息子の深い溝

韓国ドラマ~王と私、今回の47話ではとうとう中殿ユン氏が廃位されました。もう少し感動があるかなぁと期待していたのですが、思ったほど心は動きませんでしたね~残念なコトに。むしろ、ソファが成宗に「私には中宮としての器がありませんでした」と言った時、大きく頷いてしまったほどだったんです。ソファが悪いと言ってるんじゃないんですヨ。この時代に生まれたことが不幸だったのだと納得させられてしまったのです。王子との...

  •  2
  •  0

王と私(#44、45) 己の愛を貫いたオウルドンに共感

韓国ドラマ~王と私、意外なコトに(?)こちらはちょいと面白くなってきちまいました。主人公であるソファが気に入っていた時は、かなりイラッとさせられたのですが、ソファのあまりにもまっすぐな気性が眩しくなってきてからは、その周りに好意的な眼差しを向けることができるようになったようなんです。特に今回やられちまったのはオウルドンでした。(気に入ったからもう「おうどん女」なんて言われへん)あ、最初に断っておき...

  •  2
  •  0
《他にもこんな記事を書いています♪》