ストロベリーナイトのドラマレビュー 1/1

「ストロベリーナイト インビジブルレイン」を堪能しました~あらすじと感想 

竹内結子さん主演の映画「ストロベリーナイト インビジブルレイン」を視聴しました。以前連ドラでもたっぷり楽しませてもらったストロベリーナイトでしたが、この映画もまた実に良かったですね~。おばさんはドラマに色恋沙汰はまったく要らない人ですが、こうしたしっとりとした趣のある大人のロマンスは大歓迎です。この映画が公開されたのはもう1年以上も前のことですから、今さらあらすじでもないでしょうが、自分としてはな...

  •  0
  •  0

ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブルレイン 楽しかったです♪

竹内結子さん主演のストロベリーナイトは、おばさんのお気に入りのドラマの一つでした。今回は映画「インビジブルレイン」の公開に合わせてSPドラマを放送すると言うので楽しみにしていたのですよ。でも「ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブルレイン」って、カタカナで書いてあるとなんだかさっぱり分かんないですな: Strawberry Night after the Invisible Rain。映画は見ていないのですが、今回のこの中で交わされ...

  •  1
  •  0

ストロベリーナイト~ソウルケイジの意味

先日最終回を迎えた「ストロベリーナイト」は、そのドラマの出来もさることながら、タイトルの意味も大きな注目を集めていたようです。おばさんが以前ここで「ソウルケイジ#2 左手首を遺棄した意味」などという「妄想」をご披露したばっかりに、今回「ソウルケイジ 意味」で検索をかけた方々が多くこちらにいらしてくださったことを知りました。別にそんな意図はなかったのですが、実に申し訳ない限りです。というわけで、今さら...

  •  3
  •  1

ストロベリーナイト 最終回 胸苦しいほどに素敵なドラマでした

竹内結子主演のストロベリーナイトも夕べが最終回でした。これはなんとも言いがたし~見ていて胸が締め付けられるような結末でございましたね。おばさんの妄想は見事に木っ端微塵でございましたが、ミステリーの妄想がこんな風に裏切られるのは実に楽しい、いや、今回の場合は「楽しい」という言葉は適切ではないけれど、そうですね~いたく感動してしまいました。なんとあの左手首は、高岡、否、内藤和敏本人のものだったのだそう...

  •  4
  •  0

ストロベリーナイト #10(ソウルケイジ#2) 左手首を遺棄した意味

竹内結子主演のストロベリーナイトの第10話は「ソウルケイジ#2」。さすがに2話目に入った今回は大分謎が解けてきた感じでした。姫川が最後に断言した「高岡がこのヤマの犯人です!」という結論にはおばさんも大賛成。予断いっぱい、妄想いっぱい~ではありまするが、そこはそれ~本職の刑事じゃないのでお許し頂くとして、以下、その結論に辿りついた経緯を、今回のエピソードで収集した情報も踏まえながら整理してみたいと思い...

  •  0
  •  0

ストロベリーナイト「ソウルケイジ」第9話で得た情報をまとめました

竹内結子主演のストロベリーナイトの第9話は「ソウルケイジ」。これから最終話(11話)までこの「ソウルケイジ」でいくらしいです。確かに、かなり凝った作りでしたものね。眠い頭で見るには複雑すぎて、今朝起きてから、もう一度見直しました。日本の刑事モノでここまで真剣に見たドラマは初めてかもしれません。今日は、あらすじというよりは、今回ドラマで得た情報を整理してみたいと思います。日下同様、細かいことをねちねち...

  •  2
  •  0

ストロベリーナイト~第8話で解けた「悪しき実」の謎

竹内結子主演のストロベリーナイトの第8話は「悪しき実」。これはなんとも意外な展開でございましたね。個人的にはちとセンチメンタル過ぎた感も無きにしも非ずですが、ま、そんな展開も決して嫌いではないのですが、このドラマでこの手のエピソードに出会うとは~なんとも複雑な心持にさせられました。でも日下が解いた部分は文句なしに面白かったです。殺されたふたりの暴力団組長の神部と鷹見は、世間的には反目する間柄だった...

  •  2
  •  0

ストロベリーナイト~第7話「悪しき実」に隠された真実とは?

竹内結子主演のストロベリーナイトの第7話は「悪しき実」。今回のエピソードもむっちゃ謎だらけで面白かったですね~。こういうの見るとワクワクして来ちゃいます。またミステリー部分はモチロンですが、今回は井岡(生瀬勝久)が頑張ってたのが個人的には楽しかったです~。ぷぷ、念願かなって姫川のバッグにお守りつけることに成功していました。生4杯自腹切った甲斐がありましたね。また、ずっと謎めいていた日下のキャラがよ...

  •  0
  •  0

ストロベリーナイト~第6話「感染遊戯」~魅力にあふれたドラマです♪

竹内結子主演のストロベリーナイトの第6話は「感染遊戯」。今回の主役はノリこと姫川班の葉山則之(小出恵介)でしたかね。姫川と同じ様に、心に傷を抱えて警官になったノリの過去が明かされました。目の前で指された女性は、ノリの家庭教師だったのだそうです。殺人という狂気をごく間近に見てしまったノリは、恐怖のあまり、目撃証言をすることができなかったばかりか、その場にいたことさえ言えなかったのだとか。もっともっと...

  •  4
  •  0

ストロベリーナイト~第5話で見えたこのドラマの奥深さ

竹内結子主演のストロベリーナイトは第5話の「過ぎた正義」(後半)にはかなりグッと来ちゃいました~。ミステリーとしては勿論、このドラマの社会性に気づけたことが今回の視聴の最も大きな収穫だったと思います。ま、これはおばさんのいつもの「妄想」入っちゃってるかも知れませんけど。親は完全ではない。否、親だからこそ完全ではない。息子が恋人を殺した事実を許せない元刑事が、その息子を断罪しよう=殺そうと苦しんでい...

  •  2
  •  0

ストロベリーナイト~第4話は「過ぎた正義」

竹内結子主演のストロベリーナイトは第4話の「過ぎた正義」もなかなかでしたね~。法で裁けない犯人たちを力で裁こうとする元刑事ありがちなテーマですが、その見せ方がうまかった。刑務所の塀の前をうろつく姫川。菊田の言葉から推測するに、ヒマさえあればそこに通っているらしい。面会を申し込んでも受刑者である倉田英樹には会えない姫川だが、本当に逢いたいのはむしろ、その父親=倉田修二(杉本哲太)のほうらしい。ちょう...

  •  2
  •  0

ストロベリーナイト~第3話 右では殴らない(後半) 姫川よくぞ言った!

竹内結子主演のストロベリーナイトの第3話もなかなかでしたね~。ストーリー=犯人は、前回の最後と予告でほぼ分かってしまっていましたが、その犯人を怒鳴りつけた姫川がカッコよかった~。おばさんがあの場にいたとしても同じことを言っただろうな~とテレビの前で拍手喝采しちゃいました。いやいやおばさんだったら、あの顔に直接グーパンしちゃったかもしれません。いくら自分の人生がつまらないからって、それを他人のせいに...

  •  0
  •  0

ストロベリーナイト~第2話 右では殴らない(前半)

竹内結子主演のストロベリーナイトは第2話もますます面白かったですね~。その副題「右では殴らない」~現時点ではさっぱり見当がつきませんが、ここに何か大きな意味が隠されているのでしょうか?劇症肝炎を死因とする3人の遺体~この1つを前に監察医の國奥(くにおく)がこう語ったことから彼らは突如「殺人事件」の被害者となりました。これらの遺体全てから新種の「違法薬物」が検出されている!被害者全員が覚せい剤を使用...

  •  0
  •  0

ストロベリーナイト~第1話「シンメトリー」はまずまずの好感触(^^)v

竹内結子主演のストロベリーナイトの連続ドラマ版がスタートしました。第1話はなかなかの好感触でございましたね。最初に姫川玲子(竹内結子)の母親が、過去の事件のトラウマから娘の独立を反対し、一日でも早く幸せな結婚をしろと怒鳴りたてるシーンには、路線が変わったのかとちょいと興ざめしちゃいましたが、姫川のライバルである日下守(遠藤憲一)のデスクがやけに整然としていたのを見たらなぜだか血が騒いだんですよね~...

  •  1
  •  0

ストロベリーナイトが面白そうです(^^♪

竹内結子主演のストロベリーナイト~連続ドラマに先駆けてのSP版再放送(レジェンド)を視聴いたしました。救命医ハンクも捨てがたかったおばさんは、どうしても最後の20分を放棄せざるを得なかったのですが、これはなかなか面白かったですよ~。来週からの連ドラは絶対見ると心に決めました。ストロベリーというとても可愛らしい名前とは裏腹なこのドラマは猟奇殺人を扱ったものです。ここでのストロベリーは、殴打されてグチャグ...

  •  0
  •  0
《他にもこんな記事を書いています♪》