八重の桜のドラマレビュー 1/3

大河ドラマ・八重の桜 全50話 あらすじと感想 一覧

八重の桜(全50話)分類: 日本のドラマ制作: 日本放送協会(NHK)演出: 加藤拓、 ほか脚本: 山本むつみ(「御宿かわせみ」「コウノドリ」「相棒」ほか)出演: 綾瀬はるか(「わたしを離さないで」「ホタルノヒカリ」「JIN-仁」 他)、長谷川博己(「家政婦のミタ」「雲の階段」「運命の人」「MOZU」「デート~恋とはどんなものかしら~」他)、西島秀俊(「アンフェア」「ストロベリーナイト」「チームバチスタ~ジェ...

  •  0
  •  0

八重の桜 最終回感想とあらすじ 本当に素晴らしいドラマでした

~八重の桜のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大河ドラマ・八重の桜 あらすじと感想~大河ドラマ・八重の桜はついに夕べが最終回でした。このドラマが自分にとって一生忘れられない作品となったことは間違いありません。「いつの日も花は咲く」、以下そのあらすじをタップリ語らせていただきます。時は明治27年(1894年)、ちょうど日清戦争が始まって3カ月が過ぎ、大山率いる第2軍が遼東半島から旅順へと進軍し...

  •  8
  •  0

八重の桜 第49話 再び戦を学ばず 大いに共感いたしました

~八重の桜のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大河ドラマ・八重の桜 あらすじと感想~大河ドラマ・八重の桜の49話は「再び戦を学ばず」です。これは、襄亡き後、同志社英学校の総長代理を務めていた覚馬が卒業生に対して贈った言葉だそうですが、これには大いに感動させられました。かつて自分は会津藩士として戦い、京の町を焼き、故郷の会津を失った。その償いの道も未だ半ばだというのに、日本は今また(多くの...

  •  6
  •  0

八重の桜 あらすじと感想 第48話 グッバイ、また会わん

~八重の桜のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大河ドラマ・八重の桜 あらすじと感想~大河ドラマ・八重の桜の48話は「グッバイ、また会わん」~ついに襄がこの世を去る日がやってきました。襄と言う「日本の宝」が消えてしまうことは実に痛ましく惜しいことだったけれど、でも襄が最後の最後まで掲げ続けた教育への理念と情熱は間違いなく全国に伝播したのが確かに見て取れたのがとても感動的でした。その一人とし...

  •  2
  •  0

八重の桜 あらすじと感想 第47話 残された時間

~八重の桜のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大河ドラマ・八重の桜 あらすじと感想~大河ドラマ・八重の桜の47話は「残された時間」です。憲法発布を翌年に控え、襄はそれまでに何としても同志社を大学にすべく奔走しています。立憲国家が道を誤らぬようにするためには、国民の教育こそが何より重大だと襄は考えていたのです。国会に送り込む人材を急ぎ育成せねばならない。そんな襄のために、今では民友社の社長...

  •  2
  •  0

八重の桜 あらすじと感想 第46話 駆け落ち

~八重の桜のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大河ドラマ・八重の桜 あらすじと感想~大河ドラマ・八重の桜の46話は「駆け落ち」です。今回は、結婚して家を出たみねが、同志社の教師となった夫の伊勢とともに京都へ戻り、山本家で「平馬」という男児を出産するという慶事があったにもかかわらず、その後すぐにみねと、その後を追うかのように、襄の父=民治が他界してしまいます。みねは産後のひだちが良くなかっ...

  •  0
  •  0

八重の桜 あらすじと感想 第45話 不義の噂

~八重の桜のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大河ドラマ・八重の桜 あらすじと感想~大河ドラマ・八重の桜の45話は「不義の噂」です。これもまたなかなかよく出来たエピソードでございましたね。まずタイトルにもなった「不義」ですが、これは時栄が青木との関係を取り沙汰されたという物でした。実際この話は、来週メインとなるらしい徳富蘆花が、その自伝的小説の中で、恋人の久栄の母=時栄について触れていて...

  •  0
  •  0

八重の桜 あらすじと感想 第44話 襄の遺言

~八重の桜のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大河ドラマ・八重の桜 あらすじと感想~大河ドラマ・八重の桜の44話は「襄の遺言」です。今回は、あの当時、私立大学を創設するというのは並大抵の苦労ではなかったのだなとあらためて痛感させられたエピソードでございました。しかも新島襄という人物は、政治家でも財界人でもなく、一介の宣教師である上に、その目的もミッションスクールのそれとは違って、あくまで...

  •  0
  •  0

八重の桜 あらすじと感想 第43話 鹿鳴館の華 楽しい負け戦♪

~八重の桜のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大河ドラマ・八重の桜 あらすじと感想~大河ドラマ・八重の桜の43話は「鹿鳴館の華」です。これは実に楽しいエピソードでございました。その名前だけはよぉ~く知っていても、実際に大山捨松さんが登場するドラマは、ハイカラさんという朝ドラの再放送でしか見たことがありませんし、情報と言えば以前見た歴史秘話ヒストリアで得たものしかなかったのですが、今回の捨...

  •  0
  •  0

八重の桜 あらすじと感想 第42話 襄と行く会津

~八重の桜のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大河ドラマ・八重の桜 あらすじと感想~大河ドラマ・八重の桜は、今週は42話の「襄と行く会津」です。予想通り、会津での懐かしい人々との再会はとても楽しかったのですけれど、意外にも最も心に残ったのは、板垣退助と襄の会話でした。襄が「板垣死すとも自由は死せず」で有名な板垣退助のもとに、私立大学の重要性を訴えに言った際、「人民の力を育むには、国家権力...

  •  0
  •  0

八重の桜 あらすじと感想 第41話 覚馬の娘

~八重の桜のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大河ドラマ・八重の桜 あらすじと感想~大河ドラマ・八重の桜は、今週は41話です。もう残り10話に入ったのかと思うと実に感慨深いものがありました。今回は、全国的に高まってきた自由民権運動のうねり中での覚馬と槇村の駆け引きと、同志社英学校の卒業生でもある伊勢時雄とみねの結婚が大きなテーマだったと思うのですが、この2つもまた切り離せないというところが...

  •  2
  •  0

八重の桜 あらすじと感想 第40話 妻のはったり

~八重の桜のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大河ドラマ・八重の桜 あらすじと感想~大河ドラマ・八重の桜の第40話は「妻のはったり」です。これもまたなかなかユーモアがあって面白かったですね~。この「はったり」は八重が学生たちに利かせたものでした。どうやら当時、アメリカから資金援助を受けて同志社英学校を設立したことが各方面で問題になっていたようなのです。外務省からは廃校にしろと命じられ、内...

  •  2
  •  0

八重の桜 あらすじと感想 第39話 私たちの子ども

~八重の桜のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大河ドラマ・八重の桜 あらすじと感想~大河ドラマ・八重の桜の第39話は「私たちの子ども」です。ここでついに、佐久とみねが八重に続いて洗礼を受けることになったようです。私には覚馬の様な大したことはできねえが、八重を助けるぐらいはできるだろう熱心にマタイ伝を読んでいたという佐久が、夫と息子を失って10年が経ったのをきっかけに「赦し」を教えるキリスト...

  •  0
  •  0

八重の桜 あらすじと感想 第38話 西南戦争

~八重の桜のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大河ドラマ・八重の桜 あらすじと感想~大河ドラマ・八重の桜の第38話は「西南戦争」です。この八重の桜を見ていてつくづく感心させられるのは、歴史というものは本当によくできたドラマだということです(笑。そんな実に面白いはずの「歴史」が学校の「教科書」の中で語られてしまうと、実に味気のない「年号」の羅列になってしまうのは何故なのか、今では不思議でな...

  •  2
  •  0

八重の桜 あらすじと感想 第37話 過激な転校生

~八重の桜のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大河ドラマ・八重の桜 あらすじと感想~大河ドラマ・八重の桜の第37話は「過激な転校生」です。これもなかなか面白かったですね~。襄と結婚した八重は、これまで「体裁」や「常識」のために押し殺さざるを得なかった自分をどんどん露わにしていきます。「旦那様、洗濯など私がやります!」男に家事をさせるものではないと教わった八重ですが、「私も家事が得意です。...

  •  0
  •  0

八重の桜 あらすじと感想 第36話 同志の誓い 再婚おめでとう!

~八重の桜のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大河ドラマ・八重の桜 あらすじと感想~大河ドラマ・八重の桜の第36話は「同志の誓い」です。先週、オープニングの映像が変わったという話をいたしましたが、その中のステンドグラスは、同志社大学のチャペルのものだったのですね。これもまた知ると知らないとは大違いでござる~なんとも感慨深く何度も眺めてしまいました。同じ志を抱く者の社と覚馬が名付けた同志社...

  •  0
  •  0

八重の桜 あらすじと感想 第35話 襄のプロポーズ ああよかった

~八重の桜のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大河ドラマ・八重の桜 あらすじと感想~大河ドラマ・八重の桜の第35話は「襄のプロポーズ」です。これもまた、きっとず~っと忘れられない素敵なエピソードでございました。実は昨日、ようやくオープニングテーマの際に流れる映像が変わったことに気づきました。八重の着物の柄があでやかになったことには気づいていましたが、ここもガラリと雰囲気が変わっていたので...

  •  2
  •  0

八重の桜 あらすじと感想 第34話 帰ってきた男

~八重の桜のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大河ドラマ・八重の桜 あらすじと感想~大河ドラマ・八重の桜の第34話は「帰ってきた男」です。八重にとって新島襄との最初の出会いが描かれていたこのエピソードもなかなか楽しかったです。朝敵だった会津が他に一歩先んじるためには教育しかない、しかも、国内のみならず、広い世界に目を向けるためにまずは「英語」を学べと八重に勧めた覚馬が、次に八重に命じたの...

  •  2
  •  0

八重の桜 あらすじと感想 第33話「尚之助との再会」大いに笑い大いに泣いた

~八重の桜のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大河ドラマ・八重の桜 あらすじと感想~大河ドラマ・八重の桜の第33話は「尚之助との再会」です。好きで別れたわけではない二人の再会とあって、視聴前は大いに覚悟をしていたおばさんでやんすが、意外にもとっても楽しいシーンもあって、大いに笑い、そして大いに泣いた、本当に素敵なエピソードでございました。まず大いに笑ったのは「女紅場(にょこうば)」に舎監...

  •  2
  •  0

八重の桜 感想とあらすじ 第32話 兄の見取り図

~八重の桜のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大河ドラマ・八重の桜 あらすじと感想~大河ドラマ・八重の桜の第32話は「兄の見取り図」です。このドラマの放送が始まった頃、なぜ自分がこの「新島八重」という人物を知らなかったのかたいそう不思議に思ったものです。会津でそれほど活躍した人物なら、同じ県民として名前ぐらいは聞いていてもよかったはずですのに。そしてこのドラマを見進めていくうちに、これほ...

  •  6
  •  0
《他にもこんな記事を書いています♪》