NHK大河ドラマのドラマレビュー 1/29

いだてん あらすじと感想 第15話 あゝ結婚

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第15話は「あゝ結婚」です。よ~やく思い(初恋?)が実りましたね、スヤさん。以下ネタバレのあらすじです。...

  •  0
  •  0

いだてん あらすじと感想 第14話 新世界

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第14話は「新世界」です。いや~衝撃的なラストでした。今から来週がめっちゃ楽しみです。とはいえ、今週のネタバレもあっさりまとめておきまする。...

  •  0
  •  0

いだてん あらすじと感想 第13話 運命の分かれ道

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第13話は「復活」です。四三がダニエルとともに試合当日を振り返りました。以下ネタバレのあらすじです。...

  •  0
  •  0

いだてん あらすじと感想 第12話 四三、無念!!

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第12話は「太陽がいっぱい」です。いや~なんとも無念でしたね。でも四三という人物の素晴らしさを改めて痛感したエピソードでもありました。以下ネタバレのあらすじです。...

  •  1
  •  0

いだてん あらすじと感想 第11話 NIPPONコールに感涙!

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第11話は「百年の孤独」です。いや~なんとも感慨深いエピソードでございましたね。1912年7月に行われたストックホルムオリンピックからまさに100と8年が経過する来年の東京オリンピックで、三島弥彦氏の無念が晴らされますよう、心から祈らずにいられません。また播磨屋のピエール瀧さんの残念な事件がございましたが、「いだてん」という作品の価値が下...

  •  1
  •  0

いだてん あらすじと感想 第10話「真夏の夜の夢」で四三の気概に感服!

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第10話は「真夏の夜の夢」です。確かに悪夢のような日々だったようですね~。でもドラマとしては面白かったですよ~。以下ネタバレのあらすじです。...

  •  1
  •  0

いだてん あらすじと感想 第9話 さらばシベリア鉄道

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第9話は「さらばシベリア鉄道」です。毎回くどいようで恐縮ですが、今の季節はマラソン真っ盛りでして、昨日もちょうど来年の東京オリンピックに向けての選考会の選考会=東京マラソンが行われました。従来はマラソンの代表を選ぶ際の基準があいまいだったことから、陸連は今大会からMGCという一発勝負で決める大会をもうけたのです。そのMGCが9月に行わ...

  •  0
  •  0

いだてん あらすじと感想 第8話 「敵は幾万」で初恋に別れを告げる

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第8話は「敵は幾万」です。これがまた甘酸っぱくも切ない初恋と、ありがたい家族愛に感動させられたエピソードでございました。いや~泣けるんだけどついつい笑っちまいますね~。それに加えて、史実を知っている者にとってはちと不安が募る回でもありましたよね。あんな風に書かれてしまって大丈夫なのだろうか、と。以下ネタバレのあらすじです。...

  •  0
  •  0

いだてん あらすじと感想 第7話 おかしな二人

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第7話は「おかしな二人」です。これは~いったい誰と誰を指すのでしょうか?韋駄天こと四三と痛快男子の弥彦なのか、それとも、ああ見えて生徒思いのMr.Crabこと熱血部長=可児と、思いのほか自分のことをよく知る永井なのか、それとも詐欺師も真っ青の手練手管で四三を騙くらかしながらも一方では愛してやまない治五郎と、強面で愛情など微塵も感じられな...

  •  0
  •  0

いだてん あらすじと感想 第6話 四三と治五郎の掛け合いが見事!

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第6話は「お江戸日本橋」です。これまためちゃくちゃ面白かったですね~。個人的に、あまり甲高い声の俳優さんは好きじゃないんですが、この金栗四三に限っては、あの甲高い声が面白い。それでその表情はいつもいたってク〇真面目~あの顔と声で、ドギャンバッテンギャンギャン、とやられると、それだけでこちらの頬が緩んでくるのが分かります。また嘉納...

  •  0
  •  0
《他にもこんな記事を書いています♪》