NHK大河ドラマのドラマレビュー 1/30

いだてん あらすじと感想 第6話 四三と治五郎の掛け合いが見事!

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第6話は「お江戸日本橋」です。これまためちゃくちゃ面白かったですね~。個人的に、あまり甲高い声の俳優さんは好きじゃないんですが、この金栗四三に限っては、あの甲高い声が面白い。それでその表情はいつもいたってク〇真面目~あの顔と声で、ドギャンバッテンギャンギャン、とやられると、それだけでこちらの頬が緩んでくるのが分かります。また嘉納...

  •  0
  •  0

いだてん あらすじと感想 第5話 四三のごぼう抜きに惚れ惚れ

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第5話は「雨ニモマケズ」です。マラソン&駅伝好きにとってこの時期の昼間は毎週試合がある(テレビ放送がある)のでめちゃ楽しいのですけど、最近はこの「いだてん」のおかげで夜まで楽しめてます。いや~勘九郎さんの走りは見ているだけで本当に楽しいわ~。どんだけ練習なさったのでしょうか。それに今回走った羽田発のマラソンコースに「六郷橋」が含...

  •  0
  •  0

いだてん あらすじと感想 第4話 小便小僧

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第4話は「小便小僧」です。いやいやそう来たか。今週も懲りずに、まず先に同じスポーツネタのお祝い事を共有いたしましょうぞ。何と言っても大坂なおみさんですよね~。先週は福島が日本一になったと大喜びでしたが今週はレベルが違いまする~なんとなおみちゃんは世界一になりました。全豪オープンで優勝したのももちろん素晴らしいですが、その結果、世...

  •  0
  •  0

いだてん あらすじと感想 第3話 冒険世界 暑苦しい実次がサイコー!

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第3話は「冒険世界」です。あらすじに行く前に個人的な(?)お知らせです~年に一度、広島で開催される都道府県対抗の男子駅伝で、福島県チームが念願の初優勝を果たしました。これは東北勢としても初めての優勝です。も~7人とも見事な「いだてん」で素晴らしかったよ~!毎年楽しみにしていた母もきっと天国で大騒ぎしているはずです。本当におめでとう...

  •  0
  •  0

いだてん あらすじと感想 第2話 坊ちゃん

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第2話は「坊ちゃん」です。今回は金栗四三の幼少期に焦点が当てられました。以下ネタバレのあらすじです。...

  •  0
  •  0

いだてん あらすじと感想 第1章ストックホルム大会編 第1話 夜明け前

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】がいよいよスタートしました。最初から情報がてんこ盛りで圧倒されてしまいましたね~。これは面白くなりそうです。ドラマでは、ちょうど後半部にあたるであろう東京オリンピック招致のシーンから入っていましたが、それを入れるととてつもない量になって混乱するので、今回は割愛させていただきまするね。とはいえ平沢和重に星野源さん(四宮春樹@コウノド...

  •  0
  •  0

いだてん~東京オリムピック噺~がものすご~く楽しみです!

今年の大河は【いだてん】といってマラソンをテーマにしたものだということは大分前から耳にしていましたが、その後主人公が「金栗四三(かなくり・しそう)」(演:六代目中村勘九郎~五代目中村勘九郎@赤めだか)だと聞いてますます大喜びしてしまったおばさんです。こう見えておばさんは「駅伝&マラソン」が大大大~好きで、お正月の3日間は駅伝三昧するのが常なのでござる。このブログも最初は「韓ドラと駅伝大好きおばさん...

  •  0
  •  0

西郷どん あらすじと感想 第18話 流人、菊池源吾

大河ドラマ、【西郷どん】の18話は「流人、菊池源吾」です。今回から入ったあの字幕、これまでも入れてほしかったと思ってしまったのは果たしておばさんだけでございましょうか(笑。以下ネタバレのあらすじです。月照とともに入水した吉之助でしたが、幸運なことにひとりだけ生きながらえたそうです。彼を助けてくれたのは、吉之助の決意に気づいて駆けつけた正助です。どうして死なせてくれなかった!そう嘆く吉之助を、正助は、...

  •  0
  •  0

西郷どん あらすじと感想 第17話 西郷入水

大河ドラマ、【西郷どん】の17話は「西郷入水」です。あの「西郷さん」が自殺未遂をしていたとは~ひとえに自分の勉強不足なのですが、いかに西郷隆盛のことを知らなかったか、毎回つくづく思い知らされています。以下ネタバレのあらすじです。吉之助は月照を連れてなんとか無事薩摩に戻ってきました。実家に月照を匿っていた吉之助を案じた正助は、妻の満寿に頼んで山田に会いに行きます。この満寿がまた一を聞いて十を知る実に賢...

  •  0
  •  0

西郷どん あらすじと感想 第16話 斉彬の遺言

大河ドラマ、【西郷どん】の16話は「斉彬の遺言」です。以下、ネタバレというよりはドラマを見て疑問に感じたことへの覚書です。斉彬の死を知った吉之助は、悲しみにくれながらも「殿」の遺志を継ぐべく奔走しておりました。近衛忠煕を通して孝明天皇を説き伏せようとします。朝廷の許可なく開国を決めた幕府に腹を立てていた天皇は、早速密命を下しました。これを戊午の密勅と呼ぶそうです。これが「密命」と呼ばれたのは、正式な...

  •  0
  •  0
《他にもこんな記事を書いています♪》