馬医のドラマレビュー 1/2

馬医 最終回 あらすじと感想 そして新しき道へ

韓国ドラマ・馬医は夕べが最終回でした。「そして新しき道へ」の副題通り、とっても素敵なエンディングでございましたね。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)と感想をまとめさせていただきました。まず、御医(王の主治医)となったクァンヒョンは、最初は権力を握ることを拒んだものの、師匠のサアムによって違う見方を教えられます。権力を握れば己の信じる正しいことを、誰はばかることなく実行することができる。それを捨てるなど...

  •  0
  •  0

馬医 あらすじと感想 43~49話 王の主治医 まで

韓国ドラマ・馬医もついに来週が最終回です。これまで波乱万丈だったクァンヒョンが、ここに来てようやく報われました。以下早速ネタバレです。~尚、これは本日放送分ですので、まだ放送をご覧になっていなくて結果を知りたくない方はここでご遠慮くださいね。ネタバレされないと心配で見ていられないという両親のため、おばさんは一足お先に視聴したのでござる~顕宗は腸に腫瘍ができていたそうで、鍼や投薬では死を待つばかりだ...

  •  0
  •  0

馬医 あらすじと感想 41&42話 崩れ始めた威光

韓国ドラマ・馬医もついに核心に迫ってきましたね~。以下早速あらすじ(ネタバレ)です。その優しさゆえに痘瘡を発症してしまったスッキ王女を救うため、懸命に治療法を模索していたクァンヒョンに対し、チェ・ヒョンウクは、こともあろうに、「自分の腕を試すため」スッキ王女の病状をわざと悪化させました。それに使われたのがじゃ香だそうで、カヨンがスッキの部屋にこれがあったことを素早く見つけ出したのです。ありとあらゆ...

  •  0
  •  0

馬医 あらすじと感想 38~40話 スッキ王女を救えっ!!

韓国ドラマ・馬医も毎週欠かさず見ています。今回は久しぶりに語りたくなったので一筆書かせていただきまする。世子の顔にできた腫気を外科手術で取り除いたまでは良かったのですが、頬にはなかなか厄介な血管があるらしく、クァンヒョンは術後、出血が止められなくなると言う災難に見舞われてしまいます。それでなくても自分の体で治療法を模索しようとしたために腕を痛めていたクァンヒョンがまた実に痛々しかったですね~。しか...

  •  0
  •  0

「馬医」に心癒されて(35~37話) 感想とあらすじ

韓国ドラマ・馬医も毎週欠かさず見ています。以下、その37話のネタバレも含まれていますので、どうぞご注意くださいますように。うちの母などに言わせると、毎回心配でドキドキさせられるという馬医ですが、こう見えて結構シニカルなおばさんにとってはほとんど先が読めてしまって、そ~んなにハラハラはさせられないのですよね。でもそれでも止めずに見ているのは、見ていて気分が悪くないから~心地良いからなのでござる。おばさ...

  •  0
  •  0

馬医 あらすじと感想 30~34話 反撃の始まり

韓国ドラマ・馬医も毎週見ています。クァンヒョンが清国へ渡ってからもずっと亡き恩師=ジュマンを死に至らしめた附骨疽(ふこつそ)を治すべく奮闘していた姿には結構心惹かれていたのですが、それでも医療モノにはか~なり小うるさいおばさんとしては、外科手術に付き物?らしい「破傷風」の描写がどーしても気になってしまい、どんどこ語る気にはなれなかったのでございます。(自分でも、どうしてそうも細かいことが気になるの...

  •  0
  •  0

馬医 あらすじと感想 29話を視聴して久しぶりに語りたくなりました

久しぶりに馬医のあらすじ感想文を一つ。以前どうしてものめり込めない~と言ってからもずっと視聴だけは続けてきました。その後もその感覚はあまり変わらずにいたのですけど、この29話の「恩人との再会」ではちょいとワクワクさせられたので、今さら感も大きいでしょうが、少しだけ語らせていただきますね。前回、結果的にはコ・ジュマンを医療過誤で死に至らしめたと判断されたクァンヒョンは、ソンハやチニョンの計らいで、島流...

  •  0
  •  0

馬医 (15話まで) 今一つハマれない理由を考えてみた

韓国時代劇・「馬医」の第15話は「医師への第一歩」です。10本目の鍼を見事に成功させたクァンヒョンは、ついに念願の医学生となりました。試験後にばったりと倒れ込んでしまった彼の腕は痛々しいほどに腫れ上がり、「鍼を打つなど無謀なことなのによくやった!」そう、誰をも唸らせるほどだったのです。彼の鍼の腕は本物だ!首医のジュマンをして将来は「鍼の大家」になれると言わしめたクァンヒョンは、その後、チニョンを初めと...

  •  -
  •  0

馬医 あらすじと感想 第14話 絶体絶命

韓国時代劇・「馬医」の第14話は「絶体絶命」です。今毎日、同じイ・ビョンフン監督作品の「ホ・ジュン」を見ているせいか、どうもこの馬医がのんびりドラマに思えてならないおばさんです。それが悪いという訳ではありませんが、そこまでしてこのドラマをラブコメタッチにしなくてもいいんじゃないかな~と思えてならんのですよね。これはあくまでもおばさん個人の感想でやんすが、何て言うか~ふくらませ過ぎて味がぼやけたパンを...

  •  2
  •  0

馬医 あらすじと感想 第13話 面影を重ねて

韓国時代劇・「馬医」の第13話は「面影を重ねて」です。今回は、クァンヒョンが恵民署の医学生試験にチャレンジする、この手のドラマでは最も楽しいエピソードとなりましたね。何せこれは立身出世を楽しむドラマですから。馬医が人間の医師を目指すと聞いて大騒ぎしたのは、クァンヒョンをよく思わぬ者ばかりではありません。チャボンもまた、分不相応な望みは捨てろと忠告します。でも、さすがにギベは違いました。もしなれるもの...

  •  0
  •  0

馬医 あらすじと感想 第12話 訪れた転機

韓国時代劇・「馬医」の第12話「訪れた転機」を視聴しました。馬医で友人のカン・ダルホに鍼を刺したことが国法に触れると大罪人になってしまったクァンヒョン。獣より卑しい賤民に生まれ、医師より劣る馬医になってしまった者の定めはたして本当にギベのいう通りなのか。自分の様な人間が他人を治療しようなどと、命を救おうなどと、思ったこと自体が過ちだったというのか。ちょうどチニョンが両班だったことも明らかになり、クァ...

  •  4
  •  0

馬医 あらすじと感想 第11話 波紋を呼ぶ鍼

韓国時代劇・「馬医」の第11話は「波紋を呼ぶ鍼」です。最初のスッキ王女のくだりは正直申し上げてもう全然見なくていい感じでした。回を重ねていくうちの自然な流れでのロマンスはまったく問題ありませんが、取ってつけたようなラブコメは、この手の時代劇にはいらないとおばさんは考える方なのです。でも後半はそれなりに見せてくれましたね~。以下(自分的に)盛り上がってからのネタバレでござる。チニョンが司僕寺に復帰して...

  •  0
  •  0

馬医 あらすじと感想 第10話 信頼の芽生え

韓国時代劇・「馬医」の第10話は「信頼の芽生え」です。今回はようやく「疾病の原因」が明らかになりました。やはりこれは間違いなく中毒で、しかもチニョンが言った様に「水」に含まれていた物質が原因でした。でもそれがまさか、普段は問題なく口にする「アワビ」だったとは驚きでしたね。なんでも、イチョンを通りかかった商人たちが、運んできたアワビが痛んだのを川に投げ捨てたそうなのですが(この行為自体がひどい)、その...

  •  1
  •  0

馬医 あらすじと感想 第9話 謎の疫病

韓国時代劇・「馬医」の第9話は「謎の疾病」です。これもまた実にハラハラさせられましたが、なかなか面白かったですね~。やはり今回の病は何かによる中毒のようです。あまりにも感染の広がりや発症が早すぎることにいち早く気づいたクァンヒョンは、チニョンとともに牛の腹を裂き、胃の内部に激しい出血が見られたことを発見しました。やはりこれは何らかの「猛毒」による症状に間違いない!宮廷から派遣されてやってきた恵民署...

  •  2
  •  0

馬医 あらすじと感想 第8話 ひとときの安らぎ

韓国時代劇・「馬医」の第8話は「ひとときの安らぎ」です。前半ののんびりしたシーンもほのぼのと楽しめましたが、やはりおばさんとしては最後の展開に目が釘づけになってしまったエピソードでした。よもやあの時代に「人獣共通感染症によるパンデミック」かっ!? でもまずはそこにいたるまでのほんわかシーンについて少しまとめさせていただきますね。前回司僕寺の馬医見習いとなったクァンヒョンでしたが、この辞令は決して「...

  •  0
  •  0

馬医 あらすじと感想 第7話 「渦巻く妬み」 面白かった~!

韓国時代劇・「馬医」の第7話は「渦巻く妬み」です。これはまた実にハラハラさせられたけれどめちゃくちゃ面白かったですね~。では早速あらすじをば。鍼で馬を治してみせると言い切るクァンヒョンをことのほか心配するのは、監督責任を問われて牢屋に入れられているチュ・ギベです。肺風(馬の肺炎)を治す手段は五参散しかないはずだ。いったいどうやって鍼で治すというのだ?前回クァンヒョンは、もう助からないと思われた犬の...

  •  2
  •  0

馬医 あらすじと感想 第6話 命懸けの試練

韓国時代劇・「馬医」の第6話は「命懸けの試練」です。異人村でせっかく出会えたふたりなのに、チニョンとクァンヒョンは互いが誰かを知る術もなく、そのまま別れてしまいました。が、その直後にクァンヒョンが犬を治療したと聞き、彼が「動物ならなんでも治せる馬医」だということがスッキ王女の知るところとなり、クァンヒョンはとんでもない目にあわされてしまいます。「あんたが王女なら、俺は左議政、兄貴は領議政だ」(逆だ...

  •  2
  •  0

馬医 あらすじと感想 第5話 運命の再会

韓国時代劇・「馬医」の第5話は「運命の再会」です。前回の予告で、ソンハを蹴飛ばしてしまったヨンダル(馬の方です)を、ジョンドゥが切り殺そうとしたシーンが気になってたまらなかったおばさんです。人間ももちろんですけれど、おばさんは、ああいう動物を虐待する輩が到底許せんのです。そこへ行くとクァンヒョンは実に良い事を言っていましたね~。動物も人間もその命は等しく尊い。以下、簡単なあらすじです。弟のソンハが...

  •  2
  •  0

馬医 あらすじと感想 第4話 新しき人生 ようやく動きが出てきました

韓国時代劇・「馬医」の第4話は「新しき人生」です。ここに来てようやく新しい動きが出てきて面白くなってきましたね~。ショジキ、第1話での「打ち上げ花火」がほぼ不発に終わってからは、ちと盛り上がりに欠けていたおばさんでござる。でも今回は文句なしに楽しかった~。クァンヒョンの育ての父=ペク・ソックが亡くなる前に、どうにかこうにか虫の息で書いたらしい「カン・ドジュン」という血文字が何を表すのか知る由もない...

  •  0
  •  0

馬医 あらすじと感想 第3話 出会いと別れ

韓国時代劇・「馬医」の第3話は「出会いと別れ」です。まさにこのタイトル通り、悲喜こもごもの回でしたが、これまではただやんちゃ坊主だったクァンヒョンの優しさや、すっかり悪人と化したかに見えていたミョンファンに残された良心も垣間見ることができて大収穫のエピソードでした。以下、簡単なあらすじをまとめておきます。殺す方殺される方ともに実父=カン・ドジュンの仇とは知らず、ミョンファンのヒョンイク殺害現場を目...

  •  0
  •  0
《他にもこんな記事を書いています♪》