不毛地帯のドラマレビュー 1/1

不毛地帯~最終回~散り際の美学に感涙

「不毛地帯」もとうとう先週最終回を迎えました。山崎豊子さん原作のドラマというとどうしても最後がやるせない気持ちでいっぱいになることが多く、しかもこの「不毛地帯」というタイトルからして、最初はどうにも気持ちが重かったドラマでした。が、その予想に反し、最終回は実に見事な終わり方でございました。主人公の壹岐正はこうして自らの戦後を処理したのか、これからも向き合っていくのかを思うだけで今でもまだ胸が熱くな...

  •  2
  •  0

不毛地帯~第18話~残された切り札は?

不毛地帯~第18話です。前回、「イラン・サルベスタンこそが壹岐正にとっての第2のシベリアだ」とイラン国王の側近=ドクター・フォルジが言っていた訳がようやく分かりました。それでは「不毛地帯第18話」~早速語らせていただきます。石油採掘の見込みが高いと評判だったサルベスタン鉱区でしたが、一滴の石油も出ないまま過ぎた3年8ヶ月。近畿商事はもう既に3本の井戸を掘ったのだそうです。その上、既に取り掛かっていた第...

  •  0
  •  0

不毛地帯~第17話~サルベスタン鉱区は誰の手に?

不毛地帯~こちらもはや17話です。今回はイラン・サルベスタン鉱区を誰が入札するのか~もうこちらもハラハラドキドキの展開でした!では、早速語らせていただきます。シベリアに抑留されたトラウマを振り切るように、みずから「最後の仕事」と決めた石油開発に文字通り全身全霊を捧げる壹岐正(唐沢寿明)です。モスクワで会う予定のドクター・フォルジもまた、心に深い傷を負った戦争の被害者でした。故郷イスファハンの内乱によ...

  •  0
  •  0

不毛地帯~第16話~壹岐正ははたして国賊か?

不毛地帯~第16話。いよいよ壹岐正(近畿商事)が石油ビジネスに乗り出しました。「石油を甘く見てはいかん!」国際ロビイスト竹中莞爾が前回言ったひと言がひしひしと身に沁みる回になってしまいましたね。それでは早速あらすじを語らせていただきます。イラン、サルベスタン鉱区の国際入札にあたって、当初あてにしていた石油公社から離脱し、アメリカの独立系企業オリオン・オイルとパートナー契約を結んだ近畿商事に世間の風当...

  •  0
  •  0

不毛地帯~第15話~壹岐渾身のリベンジです!

今回の不毛地帯(15話)は、かなり見応えがありました。前回してやられた壹岐が、渾身のリベンジを果たします!最近は壹岐がすっかりビジネスマン化しているような気がして、少しガッカリしていたオバサンでしたが、この回を見て、その志の高さに感動し、またすっかり壹岐びいきになってしまいました。~あっ、恋愛方面では相変わらずいただけません ~それでは早速あらすじ語らせていただきます。前回、鮫島と貝塚にまんまとして...

  •  0
  •  0

不毛地帯~第14話 まだまだ甘いナ

不毛地帯~第14話。近畿商事はいよいよ「石油開発」に着手することになりました。投資額も大きい(二百億)けれど見返りも大きい(一千億)~文字通りハイリスク&ハイリターンなビジネスに、太っ腹の大門社長がゴーサインを出してくれたのです。「分かった。やってみぃ!」このシーンで、大門社長が綿の相場を自ら陣頭指揮をしているのを見て、壹岐がちょっと注意をしたところがありました。大企業の社長にふさわしくない行動だと...

  •  0
  •  0

不毛地帯~第13話 これからが本当の戦いです!

前回、フォーク社と東京商事にいっぱい食わされていたことを知った壹岐です。認識の甘さを里井に指摘したところ、帰ってきた答えはコレ。「キミのように不安材料を並べ立てる戦略は私には通じんっ!」もう最初の登場の頃からこの人のビジネスマンとしての能力を大いに疑っていたオバサンでしたが、今回はこれがもうとどめでしたね!「想定しうる限りの不安材料は全てとりのぞいてから交渉にあたるのがビジネスだっ」里井は、フォー...

  •  0
  •  0

不毛地帯~第12話 やはり鮫島は侮れません!

前回、フォーク社から派遣された5人の調査員のうち、ひとりがオーストラリアにいると聞かされた壹岐は、すぐにその真偽を確認させます。大体、アーリックは責任者なんですのに、それをさっぱり不思議に思わない里井(副社長)を見ると、やっぱり近畿商事はまだまだ三流だわね~と思わずにはいられませんね。だから大門社長は壹岐をヘッドハントしたんでしょうけど。。。しかも里井は、調査団には「財政が安定している支店」だけを...

  •  0
  •  0

不毛地帯~第11話 里井が倒れた!

とうとう近畿商事のナンバー2~副社長の里井達也(岸辺一徳)が、フォークと千代田自動車との合併話に割り込んできました。あれだけ「千代田は切り捨てる」って言ってましたのにね~ちょっと「美味しいにおい」をかぎつけるとすぐコレだ。こういう役やらせたら、岸辺一徳さんは天下一品ですね。あの憎たらしいことったら!その合併話も、互いの要求がかみ合わず暗礁に乗り上げるかと思われたのですが、里井の「奇策」によってなん...

  •  0
  •  2

不毛地帯~第10話 いよいよ千里と急接近です

いよいよフォークとの提携に乗り出す近畿商事です。壹岐もそれに備えて一時帰国。社内の2大勢力(?)里井と一丸、ふたりの副社長にもそれぞれを手土産を携えてくるなど、なかなかビジネスマンらしくなってきたようデス。でも、そんな話に丸め込まれるような甘い男じゃないんですけどね~この里井って人は。。。家に帰ると2枚の表札がありました。大きく「鮫島」小さく「壹岐」と。一瞬焦っちまいましたが、娘夫婦と同居している...

  •  2
  •  0

不毛地帯~第9話 かなり面白いデス(^^)v

前回、妻の佳子を亡くした壹岐ですが、大門社長の勧めもあってアメリカに渡ることになりました。ニューヨークにあるアメリカ近畿商事の社長として。でも壹岐は、渡米にあたって1つお願いしたいことがあるといいます。それは、千代田商事とフォーク社の合併話を進めさせてほしいという事。千代田自動車は、新製品を開発したにも関わらず、その情報が事前に流失したことから(出所は小出か?)他社製車に惨敗。里井副社長が進めてい...

  •  0
  •  0

不毛地帯~第8話 最愛の人を失って

押し寄せる資本自由化の波にそなえて、国内の自動車産業は様々な動きを見せ始めたようデス。近畿商事の取引先である千代田自動車は、新車の開発を進めながら、一方では富国自動車との合併も考えています。今後参入するであろう外資に対抗し、生き残る手段として。この2つの路線は社内でも対立構造を描き、その上、近畿商事にもあらたな波紋を呼び起こそうとしています。前者の「自主独立派=技術担当常務の小牧」は壹岐に助けを求...

  •  0
  •  0

不毛地帯~第7話 不毛な恋愛?

前回の第三次中東戦争の件では「漁夫の利」を存分に得た近畿商事でしたが(商社なんてそんなもんです)、今回の戦いはどうも最初から苦戦を強いられているようデス。今度の舞台は「自動車業界」。もともと繊維部門が中心の近畿商事には大胆な改革が必要です。壹岐たち業務本部は「繊維部門縮小案」を提出しますが、また里井副社長を筆頭に現場責任者から大クレームがついてしまいます。~前回の壹岐のアノ提案はどうなったんでしょ...

  •  0
  •  1

不毛地帯~第6話 なかなかの迫力でした!

前回、第三次中東戦争の勃発は避けられないと踏んだ壹岐です。早急に船を買い占めるなどの手配をするよう営業部に進言するのですが、壹岐の台頭を快く思わない里井副社長の妬みを買ってしまい、思うように事が運びません。インドネシア華僑で紅子の夫、黄(ホワン)も今後のビジネスパートナーとして大いに役立ってくれそうなのですが、その願いを聞き入れることもできないでいます。「まずは里井副社長に相談してからでないと」業...

  •  0
  •  0

不毛地帯~第5話 舞台は中東へ!

川又の死を乗り越えた壹岐は近畿商事でますますその頭角を現していきます。「これからは社全体の状況を把握して経営戦略を立てていかなければ」その壹岐の理念に基づき、大門社長は近畿商事の「大本営=業務本部」を設立。入社7年というキャリアの壹岐が業務本部長、そして常務取締役に昇進しました。が、社内の妬みも当然壹岐に集中しています。時は昭和42年。国内は鉄鋼産業が盛んになり、近畿商事でも繊維事業から非繊維事業...

  •  0
  •  0

不毛地帯~第4話

防衛庁から機密書類を漏洩した罪で捕らえられた芦田、そしてその芦田に直接指示をした元防衛庁職員の小出が、自分たちは「壹岐正」の指示で動いた、そう供述をしたようです。最後まで隠し通したかった複写機~機密書類をコピーしたもので小出の妻の実家に隠してあった~まで発見されてしまい、トカゲの尻尾切りにあった悔しさが彼らを自供に追い込んだのでしょうね。まあ芦田の方は元々そんなに骨のある人間ではなかったようですけ...

  •  0
  •  0

不毛地帯~第3話 

2次防(戦闘機)の受注をめぐって対立する近畿商事と東京商事。主人公の壹岐正(唐沢寿明)が、元大本営の参謀という経験を活かして次々に近畿商事の危機を救っていく手腕はなかなか痛快デス。大金を惜しみなく使ってくる東京商事の鮫島(遠藤憲一)に対して、コチラは知恵とコネで勝負と言うところでしょうか。「昔のコネは使いたくない」キッパリそういっていたはずの壹岐でしたのに、今回はゼッタイに利用してはいけない、利用...

  •  0
  •  0

不毛地帯~第2話 あらすじと感想

シベリアという不毛の地から11年ぶりに抜け出したはずの主人公、壹岐正でしたが、どうやら、日本に帰ってからも「新たな不毛地帯」に足を踏み入れてしまったようデス。「昔のコネを使って仕事をしたくない」その思いとは裏腹に、次期戦闘機が利権に利用されようとしていると知った壹岐は、また、「国益のために」力を尽くそうと決意します。グラント社製よりラッキード社の戦闘機が高性能であるなら、当然そちらを採用するよう政府...

  •  2
  •  1

不毛地帯、ようやく見られました(笑)

第二次世界大戦中、「大本営」という軍の中枢部で参謀を務めたという、いわばエリート軍人だった主人公、壹岐正(唐沢寿明)が、シベリア抑留を経て帰還したあと、ナゼ、商社という畑違いの場所で働こうとしたのでしょうか?物語前半に描かれていた多くの戦時中のシーンを見ながら、おばさんはそんなコトを考えていました。実際に壹岐には防衛省からの誘いが引きも切らなかったと言います。戦争で部下や罪のない人たちを大勢死に追...

  •  2
  •  0
《他にもこんな記事を書いています♪》