おんな城主直虎のドラマレビュー 1/3

おんな城主直虎 最終回 あらすじと感想 石を継ぐ者 1年間本当に楽しかった!素晴らしい作品をありがとう!!

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】もいよいよ夕べが最終回でした。本当に素晴らしい最終回で、見終わった後もその余韻にずっと浸っていたかったほど感動してしまいました。大河ドラマはなんと言っても長丁場なので、最初の頃がどんな話だったか忘れちまう作品もあるにはあるけど(年のせい?)、このドラマは事あるごとに、ああそうそう、そうだったっけ、あああの時のあのシーンがここに繋がっているのね~と思わされることが何...

  •  2
  •  0

おんな城主直虎 あらすじと感想 第49話 本能寺が変

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の49話は「本能寺が変」です。たぶんこの副題が表しているように、本能寺の変自体は至極あっさりとしか描かれていませんでしたが~だから(なんか)変~、家康の「伊賀越え」はなかなか面白く作りこんでありましたよね。以前の「真田丸」(第5話)でもお腹抱えて大笑いしたものですが、今回はここに「頭」を使ってきたのには感心しきりでござりました。そうそう、堺から船で三河へ戻る案もあっ...

  •  0
  •  0

おんな城主直虎 あらすじと感想 第48話 信長、浜松来たいってよ

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の48話は「信長、浜松来たいってよ」です。これまた実に驚きの展開でございましたね~。もう幾度となく接してきたあの事件の裏にそんな動きがあったとは思いもよりませんでした。もちろんこれはフィクションでしょうが、これまでの直虎を見てくれば、そんなこともあったかもしれないと思わせてくれたのがまた実に楽しかったです。と、思わせぶりはこれぐらいにして以下ネタバレのあらすじです。...

  •  0
  •  0

おんな城主直虎 あらすじと感想 第47話 決戦は高天神

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の47話は「決戦は高天神」です。これはまた何とも腹立たしくて、はらわたが煮えくり返りそうでした。という訳で、先に言っときます。来週の副題は「信長、浜松来たいってよ」だそうですよ~。このいかにも憎々し気な言い方、分かりますよね~。台詞を言わせるならやっぱり「頭」でしょうか。モチロン、ドラマとしてはとっても面白かったですよ~。以下ネタバレのあらすじです。瀬名ばかりか信康...

  •  0
  •  0

おんな城主直虎 あらすじと感想 第46話 悪女について

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の46話は「悪女について」です。これまた実にやるせなかったですね~。以前「築山殿無残」という小説を読んだ時も相当腹立たしくて、それ以来ず~~~っと家康が大嫌いだったおばさんですが、今回はもう信長の顔を見るのも嫌になってしまったとです。ちなみに「悪女について」という副題が有吉佐和子さんの同名小説のタイトルを引用したのだとすると、その意味は「一見悪女には見えない楚々とし...

  •  2
  •  0

おんな城主直虎 あらすじと感想 第45話 魔王のいけにえ

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の45話は「魔王のいけにえ」です。あ~ついにこの日が来てしまいました。以下ネタバレのあらすじです。近藤武助が処刑された後もまだ処罰は続きました。武助が信康の側近だったことから、岡崎衆全体が咎められたのです。家来たちは城下に住むことを禁じられ、「通い」で勤めるよう命じられました。信康の守り役だという平岩親吉(モロ師岡)を始め、浜松のあまりの仕打ちを嘆く家臣たちに対し、...

  •  0
  •  0

おんな城主直虎 あらすじと感想 第44話 井伊谷のばら

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の44話は「井伊谷のばら」です。ここんとこずっと楽しい話が続いて笑いっぱなしでしたが、今回はまた何とも切ないエピソードでございましたね。以下ネタバレのあらすじです。虎松が家康の(色)小姓になってからほぼ4年が経過した頃、井伊谷では、ずっと陰から直虎を支え続けた母の祐椿尼が病に伏してしまいました。昊天の見立てでは心臓が弱っているそうです。祐椿尼は、井伊家の再興をめぐる...

  •  0
  •  0

おんな城主直虎 あらすじと感想 第43話 恩賞の彼方に

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の43話は「恩賞の彼方に」です。これは菊池寛さんの「恩讐の彼方に」でござりまするね。いやいやこれまた実に面白かったですね~。また虎松と直虎が、一見正反対のように見えて実は結構似ているのが楽しかった。以下ネタバレのあらすじです。まずは、虎松の小姓昇格についてです。虎松は、前回の家康の提案を一旦はきっぱり断ったそうです。私は(「色」はなく)実際の手柄で引き立てられとうご...

  •  0
  •  0

おんな城主直虎 あらすじと感想 第42話 長篠に立てる柵

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の42話は「長篠に立てる柵」です。これはもしや「戦場にかける橋」ではないでしょうね。冗談はともかく、長篠の戦いといえば信長が大量の鉄砲を導入したことで有名ですが、それには「柵=馬防柵」が不可欠だったのですね~。恥ずかしながら、これまで一度も注目したことが無かっただけに今回は目から鱗でござりました。以下ネタバレのあらすじです。という訳で、今回の見どころは2つ。1つはこ...

  •  0
  •  0

おんな城主直虎 あらすじと感想 第41話 この玄関の片隅で

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の41話は「この玄関の片隅で」です。これは~こうの史代さん原作の映画「この世界の片隅に」から来ているのでしょうかね~。毎回飽きずにやってくれますね。今回は「ノブ」こと本多正信の人となりが伺えて、これまた実に面白かったですね~。いやいや実に食えん男でござりまする。以下ネタバレのあらすじです。虎松に与えられた「後継者」がそのノブでした。当然若造が来ると思っていた虎松は、...

  •  0
  •  0

おんな城主直虎 あらすじと感想 第40話 天正の草履番

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の40話は「天正の草履番」です(これはもしや「天皇の料理番」?)。これまたなかなか楽しいエピソードでございましたね。以下ネタバレのあらすじです。「日本一の草履番」になると決めた虎松でしたが、案の定、大いに苦戦していました。城に入るのはともかくとして、出る時は皆一斉に出ていくから大変です。草履はまだか!それはわしのものではない!わしは〇〇ではなくXXだ!!これまで、たと...

  •  0
  •  0

おんな城主直虎 あらすじと感想 第39話 虎松の野望

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の39話は「虎松の野望」です。いやいや何とも型破りな青年に成長しましたね~虎松はしの似でしょうか。以下ネタバレのあらすじです。十三回忌の法要の後、虎松は亥之助を伴って井伊谷を見に行きました。生き生きと働く村人の様子に感動した虎松は、近藤はなかなか素晴らしい領主なのだと感心します。いや、実際に動かしているのはおとわ様だ直虎はことあるごとに近藤をおだてたりなだめすかした...

  •  0
  •  0

おんな城主直虎 あらすじと感想 第38話 井伊を共に去りぬ

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の38話は「井伊を共に去りぬ」です。これは看板に偽りありでござりましたね。以下ネタバレのあらすじです。井伊谷の民は皆、誰一人失うことなく隠し里に逃れました。最初信玄は、近藤が城に火を放って自害したと思ったようですが、領民が食糧等すべてを持ち去って逃げたと知って怒りをあらわにします。家屋敷田畑すべて焼き払ってしまえ!その信玄の怒りを抑える使者として、井伊谷から南渓和尚...

  •  0
  •  0

おんな城主直虎 あらすじと感想 第37話 武田が来たりて火を放つ

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の37話は「武田が来たりて火を放つ」です。今回は徳川方に尾身としのりさんの顔が見えていましたね。今後どんな活躍をされるのか楽しみですね。以下ネタバレのあらすじです。前回から4年が経ち、井伊谷には平和な日々が訪れていました。綿花栽培も順調で、領民たちは近藤への税の他、他所へも販売できぬものかと画策していたようです。還俗して一農婦として働いていた直虎は、今では本名の「お...

  •  1
  •  0

おんな城主直虎 あらすじと感想 第36話 井伊家最後の日

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の36話は「井伊家最後の日」です。個人的には「君の名は」でもよかったかな、と。()直虎はついに大きな決断を下しました。以下ネタバレのあらすじです。近藤の様子を見に行くという昊天に付いていった直虎は、ようやく立てた近藤を見て素直に喜びました。近藤はそんな直虎の姿に感動したらしく、中野や奥山、それに新野を引き取っても良いと申し出たそうです。近藤はこたびの働きで、井伊谷以...

  •  0
  •  0

おんな城主直虎 あらすじと感想 第35話 蘇えりし者たち

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の35話は「蘇えりし者たち」です。これまた何とも楽しくて心温まるエピソードでございましたね。以下ネタバレのあらすじです。まず、最も気になっていた龍雲丸は、もちろん!、無事でござりました。龍潭寺の僧侶が総出で駆けつけた時、堀川城は領民たちの死骸で埋め尽くされておりました。南渓和尚は、自分が気賀に城など建てたからだと嘆く直虎を抑え、生存者を探し始めます。生きている者はお...

  •  0
  •  0

おんな城主直虎 あらすじと感想 第34話 隠し港の龍雲丸

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の34話は「隠し港の龍雲丸」です。これまた何とも辛いエピソードでございましたね。既に今から次週の放送が待ち遠しくてなりませぬ。以下ネタバレのあらすじです。翼の片方をほかならぬ我が手でもぎ取った直虎がどんなに憔悴しているかと思いきや、なんと直虎はその辛い記憶を己で封印してしまっていました。人は時に耐えられぬほどの辛い記憶を封じてしまうのですね。直虎の中でまだ政次は生き...

  •  0
  •  0

おんな城主直虎 あらすじと感想 第33話 嫌われ政次の一生

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の33話は「嫌われ政次の一生」です。も~これを書くのも切ないですが、ふたりの覚悟をしかと見届けた一人として、自分もまた語らねばならぬと筆を執った次第です。(すっかり脱力状態です)以下ネタバレのあらすじです。前回のラストが今一つ分かりにくかったのですが、あれは、何者かが近藤達、つまりは徳川軍に対して攻撃をしかけたのだそうです。もちろん、井伊側の仕業ではありません。近藤...

  •  4
  •  0

おんな城主直虎 あらすじと感想 第32話 復活の火

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】は32話もまたよかった。政次のみならず、その父政直や家臣たちも含めた小野家の井伊家に対する彼らなりの忠誠心がひしひしと伝わってきて、もう来週の放送を見るのが今から辛くてなりません。お、危うくここで終わってしまうところでした。以下、ちと暑苦しいネタバレのあらすじです。直虎は傑山に命じて徳川への書状を届けさせました。既に、跡継ぎの虎松が死んで井伊家が潰れたという話が耳に...

  •  0
  •  0

おんな城主直虎 あらすじと感想 第31話 虎松の首

俺を信じろ、おとわ!今週もまたこの名台詞?で始まった今週の大河ドラマ、【おんな城主直虎】の31話は「虎松の首」です。またしてもハラハラさせられましたね。以下ネタバレのあらすじです。政次は直虎の首に刀を突きつけてこう問いました。これ(百姓たちの嘆願)は、殿が仕組まれたことか?百姓たちは自分達が勝手にしたことだと答えたため、政次は、ここで成敗される覚悟ができているのだな?と脅します。直虎は必死でこれを止...

  •  0
  •  0
《他にもこんな記事を書いています♪》