カテゴリanone 1/1

anone 最終回 ネタバレと感想 人として大切なことを教えてくれた

毎週楽しみにしていた【anone】もついに夕べが最終回でした。いかにもこのドラマらしく、最後まで白黒をはっきりさせずになんとな~く温かい雰囲気を醸し出していた中、普段は口数の少ない穏やかなハリカが声を荒げたシーンがまたとても印象に残りました。以下ネタバレのあらすじです。まず、偽札作りの主犯として逮捕され、マスコミからは「毒婦」と呼ばれた亜乃音は、代理人を買って出た万平がどんなに説得しても決して真相を明...

  •  0
  •  0

anone ネタバレと感想 第9話 急転直下

【anone】も今週は9話です。これまでのんびり歩んでいた亀がいきなり猛スピードで走りだした感がありましたね。果たして最後はどうなるのか~何とも気になるところです。以下ネタバレのあらすじです。まずは中世古の使った偽札にはすぐに捜査の手が入りました。せっかく万平が、たとえ中世古に首を絞められようと(皆が止めてくれてほっ)、偽札は世に出回っていないという話を聞いて不問に付すと言ってくれたのに。防犯カメラに...

  •  0
  •  0

anone ネタバレと感想 第8話 あれで足がついた?

【anone】の8話も見ることは見てたんですが、先週は何かと忙しくて語るまでには行きませんでした。もう今さらな感じですが、とりあえずは簡単にネタバレをまとめておきまする。まずは最も気になっていた万平ですが、やはり彼は亜乃音を疑い始めていました。その上亜乃音が、事務所に紙幣に貼ってあるホログラムを落としていったから尚更です。亜乃音さんはなぜそんなものを持っていたのだろうか?林田印刷所に中世古が出入りして...

  •  0
  •  0

anone ネタバレと感想 第7話 家族

最近はオリンピックとミステリー三昧だったため、この独特な「anoneモード」になるまでにはちと時間がかかってしまいました。今回は皆が偽札作りにいそしんで大きな進展はなかったのですが、彼らの心情という点から見ると、いつも通り、否、いつも以上にタップリ見せてくれたと確信してやみません。以下ネタバレの感想です。冒頭でも触れたように、最初は持本が、次には亜乃音とるい子、そして最終的にはハリカも偽札作りに参加す...

  •  0
  •  0

anone ネタバレと感想 第6話 中世古が来りて笛を吹く

【anone】の6話では中世古の「闇」が明らかになりました。いや~マジで怖かったです。以下早速ネタバレです。IT会社の社長を解任された中世古は、弁当屋でレジを打っていた時ある男に出会ったそうです。その男は二度やってきて、二度とも1万円札で千円以下の弁当を一つずつ買い、お釣りをもらって行ったそうです。型通りの応対をしていた中世古がようやくその不自然さに気づいて男が使った一万円札を調べところ、見た目は本物そっ...

  •  0
  •  0

anone ネタバレと感想 第5話 初鍋

今週の【anone】、第5話でもまたとんでもない展開が待っていました。でも個人的には、以前の「カルテット」同様、それぞれの傷を抱えたまったくの赤の他人同士が集まってひとつのコミュニティ=家族を形成していく様子が、なんともほのぼのとして和めました。以下ネタバレのあらすじです。るい子が舵を伴って林田家に謝罪に来ました。警察に自首して償うと言い張るるい子を亜乃音が冷たく押しとどめます。警察で何を話すつもり?...

  •  0
  •  0

anone ネタバレと感想 第4話 るい子が金を盗んだ理由

今週の【anone】ではるい子の事情=金を盗むにいたった理由が明らかになりました。以下早速ネタバレです。まず、るい子は正確に言うと「青葉るい子」ではなく「相良るい子」だったことが判明しました。青葉は結婚前の旧姓のようで、しかも、多分、前科者などではなかったようです。これを明かしてくれたのは、るい子が若い頃に妊娠し、流産した「アオバ」という女の子の幽霊でした。そのアオバこそ、るい子と同じバスに乗っていた...

  •  0
  •  0

anone ネタバレと感想 3話 自己中の自己中たるゆえん

坂元裕二さん脚本のドラマ、【anone】は3話もまたなかなか面白かったですね。前回のレビューで登場人物を3つに分けさせていただきましたが、彼らの性格(いわゆるキャラ)を基準にすると大きく2つに分けられそうです:自分の身に起きた不幸を他人のせいだと恨むタイプ=攻撃的なネガティブ人間と、他人の身に起きた不幸をも自分のせいなのではないかと自省するタイプ=気の弱い(心優しい)ネガティブ人間。誰がどちらのタイプ...

  •  0
  •  0

anone あらすじと感想 1&2話 これは面白くなりそうです

坂元裕二さん脚本のドラマ、【anone】をようやく見始めました。同氏のMother, Womanに続き、これまた何とも独特な雰囲気のあるドラマになりそうでしたね。特に主人公の辻沢ハリカを演じた大迫莉榎ちゃんのキャラクターは、Motherの怜南(芦田愛菜)を彷彿とさせました。またキャスティングも素晴らしくて、ドラマの内容もさることながら、俳優さんたちの演技(間や仕草)にも思わず見入ってしまいます。これは毎回見るのが楽しくな...

  •  0
  •  0
《他にもこんな記事を書いています♪》