快刀ホン・ギルドンのドラマレビュー 1/1

快刀ホン・ギルドン~第22話「王を討つ」に見たチャンフィの苦悩

カン・ジファン主演の韓国ドラマ、快刀ホン・ギルドン~(語るのを)止めたやめたと言いながら、またしても語りたい気持ちを抑えられなくなったオオカミおばさんでやんす。だって、これも切なすぎですやん。特にチャンフィが。。。自分は王になるべくして生まれてきた!それが彼の唯一の心の支えだったんです。たとえ愛するイノクの心がギルドンにあっても、民が望む王は本当はギルドンなのだという思いが捨てキレなくても、そんなギ...

  •  0
  •  0

快刀ホン・ギルドン~第21話「四寅剣の真実」を見てようやく腑に落ちました

快刀ホン・ギルドン~しばらく語りをお休みしていたのですが、この第21話「四寅剣の真実」でようやくおばさんの疑問が解けたので、またちょっと語らせていただきます。「本物の四寅剣には何の文字も刻まれていなかった!」先代の王が嫡子であるチャンフィ王子を世継ぎにしようとしていたという話は捏造だっと言うのです。その上、主犯がイノクの父であるリュ大監達だったと言うのですから、これにはさすがのオバサンもビックリしち...

  •  0
  •  0

快刀ホン・ギルドン~「第18話 復讐の化身」までで悲しい予感(;_;)

久々に快刀ホン・ギルドン語ってみます。毎回観ている事は観ていたんですが、オバサン的には「語りたいポイント」が今ひとつなかったんでやんす。というか、なんだか先が見えてきちゃって、なんだか書きたくなかったんですよね~。それが何で今回書こうと思ったかというと~どうしても疑問に思う点が出てきたからなんです。それは「なんで、あの賢いホン吏判が、あんなお○カな王様に忠誠を誓ったのか」ということなんですよね~。そ...

  •  0
  •  0

快刀ホン・ギルドン~第14話 親子の対決

快刀ホン・ギルドン~今回は第14話「親子の対決」です。それでは早速語らせていただきます。前回、活貧党(ファルビンダン)の仲間、ヨンシとコムがつかまってから、ギルドンはずっと迷っていたんですよね。仲間を助けたい気持ちは山々なれど、自分がもし活貧党の一味だと世間に知れたら、それはすなわち父親であるホン吏判の汚点となってしまうだろう、と。チャンフィ王子もそこんとこをどうやら見極めたかったようなのです。ギル...

  •  0
  •  0

快刀ホン・ギルドン~第13話 悲しい再会~マヌケなイノクが可愛くて

快刀ホン・ギルドン~第13話は「悲しい再会」です。でも、コメディ好きなオバサンはどうしてもこっちの方に目が行ってしまいました。「なんでアンタはそう間が抜けてんねん?」そうです。モチロンおばさんの大好きなイノクちゃんのことです。おばさんはおへそが大分曲がっているので、可愛い子ほどつい突っ込みいれたくなっちまうんです。とくにこういう純な娘は。では、イノクちゃんがいかに可愛く間が抜けているか、語らせていた...

  •  0
  •  0

快刀ホン・ギルドン~第12話「活貧党」結成

今回の快刀ホン・ギルドンは第12話「活貧党(ファルビンダン)、結成」です。貧しい人々のために活躍するグループという意味でしょうか。この回、ようやくおばさんの中で浮上してきたのがチャンフィ~若君(コンジャ)です。これまでは「怪女ノ尚宮」に踊らされているボンボン的な感じが拭えなかったのですが、今回の笑顔を見てようやく人間臭さを感じてきた次第であります。~オバサンは先に「ベートーベン・ウィルス」を見ていたの...

  •  0
  •  0

快刀ホン・ギルドン~第11話 月下の侠客

今回のホン・ギルドンもなかなかに味わいぶかい回でしたね~。それに最初のシーンが超面白かったし!まずはその面白かったグンスとギルドン、そしてイノクのシーンから。チョルチュに捕まったチョン、そしてイノクを助けたまではいいのだけれど、そのイノクに生きていることを知られたくないギルドンです。正体を知られたくないので追い払うことができないでいます。そこで活躍したのが盗賊のグンス。イノクがなぜ自分を助けたのか...

  •  1
  •  0

快刀ホン・ギルドン~第10話 目には目を

快刀ホン・ギルドン~第10話は「目には目を」です。このドラマの主人公は間違いなくギルドンなんでしょうけれど、オバサンはいつもイノクに目が行ってしまいます。カラダは大きいけどホ~ントに優しくてまるで天使みたいなんですもの。ギルドンのときもそうでしたけど、彼女は困った人を見ると放っておけない性分なんですね~。今回も、チョルチュにつかまった女の子達を見過ごすことが出来なくて、チャンフィに助けを求めるんです...

  •  0
  •  0

快刀ホン・ギルドン~第9話 チョルチュの正体

快刀ホン・ギルドン~第9話。今回はギルドンが殺され(たことになっ)てから1年が経ったという設定のようです。町ではギルドンの出生について語るイノクハラボジ~口では「ギルドンを偲んでいる」と言ってはおりますが、実はそれで一儲けしようという魂胆です~。あいかわらずのたくましさです。そして「たくましい」といえばやっぱりイノク。彼女はヨンムン商団に無事(?)雇われたようですね。チャンフィ若君から清国みやげに...

  •  2
  •  0

快刀ホン・ギルドン~第8話 義賊ホン・ギルドン誕生

今回のストーリーは、まさに「義賊ホン・ギルドン誕生」です。それ以上でもそれ以下でもありませんでしたね。とはいえ、このままで終わるのも味気なさ過ぎるので、何があったか~だけさささ~っと語らせていただきますネ。兵士に取り囲まれ、自分の胸に矢が刺さってくる瞬間、ギルドンは和尚の言葉を思い出します。「お前は何のために生きているのか?」チャンフィ王子には「なぜ王になるべきなのか」と問うたギルドンも、じゃあ、...

  •  2
  •  0

快刀ホン・ギルドン~第7話 父との決別 (;_;)

「自分は悲しいホンギルドンな身の上だ」~という表現、たしか「がんばれ!クムスン」の中で、奇しくも同じカン・ジファンさんが言ったセリフが、オバサンが「ホンギルドン」という単語を知った最初だったと記憶しています。 その後に見た「ラブ・トレジャー」というドラマの中で、ホンギルドン(洪吉童)が「義賊」だということを知ったのですが、オバサンの「ホンギルドン」に対するイメージは不憫な「父なし子(私生児)」のカラ...

  •  4
  •  0

快刀ホン・ギルドン~第6話 新たな仲間

タイトルどおり、孤独だったギルドンにようやく仲間ができました! ギルドンが不憫でならなかったオバサンもうり「テママ」も大喜び。といっても、まだまだ危険がい~っぱいなのには変わりないんですけど。さて、今日は何から語らせていただきましょうかね?やっぱり最初は大好きなイノクちゃんから行きましょう。オバサン、前々からこの子のがっしりしたとこも気に入ってたんでやんす。自分がチビで細身なので~ハートはかなりな...

  •  4
  •  0

快刀ホン・ギルドン~第5話 無実の罪

言ってもせん無い話ではありますが、なんでこうBSの韓ドラには年末年始のお休みってモンがないんでしょうね。ふつう第1週は休むでしょそうブツブツいいながら、ようやく月曜日の録画を見終わったオバサンです~あ、でもまだ「ヨメ」は見てないんですけど。しかもこの快刀ホン・ギルドン、ストーリーはと~っても面白いんだけど、「イルジメ(イ・ジュンギ)」と一緒に見ると頭ン中ゴチャゴチャになっちまうし。。。 主役の子役も一...

  •  0
  •  0

快刀ホン・ギルドン~第4話 恋の始まり

快刀ホン・ギルドン~段々面白くなってきました!とは言っても「楽しい」っていう面白さだけじゃありませんヨ。一枝梅(イルジメ)にも感心するのですが、この手の話は、「楽」と「哀」のバランスが絶妙ですね~。それに物語の進め方にテンポが出てきたって感じデス。とりあえず最初は「楽」から~今日の一番の「楽しみ」もやっぱりヘミョン和尚!ギルドンの今の人格形成に大きく貢献したのは彼だったのですね~。ギルドン:「オレ...

  •  0
  •  0

快刀ホン・ギルドン~第3話 編み笠の若君

最近韓ドラを見慣れてきたせいか(笑)、最初の数回に戸惑うことが少なくなってきました。日本のドラマはそうでもないのですが、韓国ドラマは最初が肝心なんですよね。ぜ~んぶ伏線を敷きまくっちまうので。たとえ、「これっていったい何のことやねん?」とその時は思っていても、あとになって、「あぁ‶~っ!コレがアン時言ってたあのことやったんっ!!」って、ほとんど日本語の体を成していませんが(爆)、韓ドラ好きな...

  •  0
  •  0

快刀ホン・ギルドン~第2話 党首の遺言

快刀ホン・ギルドン、第2回目にして大体の構図が見えてきたようデス。まずはギルドンから(この人も、ギルドンじゃなくて「キルドン」って呼ばれているような気がするんですけどね~)。ホン家の庶子として生まれたギルドン、母親(チュンソム)はこの家の召使だったのでしょうか、ギルドンを連れて家を出ようとした際見つかって殴り殺されてしまったのだそうです。それ以来、ギルドンは酒と博打に明け暮れる「ならずもの」になっ...

  •  0
  •  0

快刀ホン・ギルドン~第1話をみてみました♪

ず~っと楽しみにしていた快刀ホン・ギルドンがBS朝日で始まりました。最近はカン・ジファンさんが見事にツボにはまっているので~彼って特別ハンサムじゃないけどとってもキュートですものネ~(なんて言ったら殺されちまうのかも)。昨日はいつにもまして早寝をしてしまったおばさん、今朝は(も)早起きをして早速視聴いたしました。そしてその視聴した感想はといいますと・・・?あぁ~はははははははっ!だってですね~、いき...

  •  0
  •  0
《他にもこんな記事を書いています♪》