いだてん~東京オリムピック噺~のドラマレビュー 1/2

いだてん ネタバレと感想 第19話 箱根駅伝はアメリカ大陸横断駅伝の予選会だった!?

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第19話は「箱根駅伝」です。いや~驚きました。以下早速ネタバレです。...

  •  0
  •  0

いだてん あらすじと感想 第18話 愛の夢

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第18話は「愛の夢」です。以下早速ネタバレです。...

  •  0
  •  0

いだてん あらすじと感想 第17話 いつも2人で

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第17話は「いつも2人で」です。ほぉ~そんなに壮大な駅伝があったとですね~。そういえば昔、青森東京間を走る「青東(あおとう)駅伝」(東日本縦断駅伝)ちゅうのがあったことをふと思い出しました。そのスローガンは「花になれ 風になれ 人は誰でもチャレンジャー」だったそうですよ。これもまた四三や治五郎の理念(執念?)がその根底に息づいてい...

  •  1
  •  0

いだてん あらすじと感想 第16話 ベルリンの壁

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第16話は「ベルリンの壁」です。以前はそうでもなかったのですけれど、ここ数回の四三は「明治生まれの九州男児」の色が濃くなっていますね~。今なら間違いなく叩きだされちまいますね。以下ネタバレのあらすじです。...

  •  1
  •  0

いだてん あらすじと感想 第15話 あゝ結婚

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第15話は「あゝ結婚」です。よ~やく思い(初恋?)が実りましたね、スヤさん。以下ネタバレのあらすじです。...

  •  0
  •  0

いだてん あらすじと感想 第14話 新世界

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第14話は「新世界」です。いや~衝撃的なラストでした。今から来週がめっちゃ楽しみです。とはいえ、今週のネタバレもあっさりまとめておきまする。...

  •  0
  •  0

いだてん あらすじと感想 第13話 運命の分かれ道

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第13話は「復活」です。四三がダニエルとともに試合当日を振り返りました。以下ネタバレのあらすじです。...

  •  0
  •  0

いだてん あらすじと感想 第12話 四三、無念!!

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第12話は「太陽がいっぱい」です。いや~なんとも無念でしたね。でも四三という人物の素晴らしさを改めて痛感したエピソードでもありました。以下ネタバレのあらすじです。...

  •  1
  •  0

いだてん あらすじと感想 第11話 NIPPONコールに感涙!

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第11話は「百年の孤独」です。いや~なんとも感慨深いエピソードでございましたね。1912年7月に行われたストックホルムオリンピックからまさに100と8年が経過する来年の東京オリンピックで、三島弥彦氏の無念が晴らされますよう、心から祈らずにいられません。また播磨屋のピエール瀧さんの残念な事件がございましたが、「いだてん」という作品の価値が下...

  •  1
  •  0

いだてん あらすじと感想 第10話「真夏の夜の夢」で四三の気概に感服!

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第10話は「真夏の夜の夢」です。確かに悪夢のような日々だったようですね~。でもドラマとしては面白かったですよ~。以下ネタバレのあらすじです。...

  •  1
  •  0
《他にもこんな記事を書いています♪》