龍馬伝のドラマレビュー 1/3

龍馬伝~最終回 龍の魂 とても素敵な人間ドラマに大満足♪

福山雅治さん主演の龍馬伝。第48回の最終回は「龍の魂」です。おばさんは悲しいドラマには本当に弱くて~特にこの龍馬伝は最後が分かっているだけにどうにも憂鬱でたまらないこともありました。それがまさか、こんなにきれいに終わってくれるとは~実に嬉しい驚きでした。龍馬暗殺の黒幕が明かされなかったのはちょっぴり残念ですが、おばさん的には大満足の最終回となりました。それでは、龍馬伝~最終回もじっくりあらすじを語ら...

  •  2
  •  2

龍馬伝~第47回「大政奉還」は実に面白かったです(^O^)/

福山雅治さん主演の龍馬伝。第47回は「大政奉還」です。これはストーリーの組み立てがとっても面白かったです。龍馬伝の脚本は実に素晴らしいですな。では早速あらすじをば語らせていただきまする。山内容堂が献上した建白書に、はらわたが煮えくり返る思いの徳川慶喜。このままでは到底建白書など受け入れそうにありませんでした。この先は慶喜公が決められることと持して動かない後藤象二郎に業を煮やした龍馬は、永井玄蕃頭を説...

  •  2
  •  0

龍馬伝~第46回 「土佐の大勝負」

福山雅治さん主演の龍馬伝。第46回は「土佐の大勝負」です。今回もまた「龍馬伝」らしく龍馬中心にきれいにまとめていましたね。ここ終盤に来て、この「龍馬伝」が史実と異なる点が多いかどうかはさておいて、少なくともドラマとしては、とても優れた作品だったとおばさんは評価しています。今回の「土佐の大勝負」も大変良くできた一篇でした。特に山内容堂との昔のエピソードを織り交ぜながら美しくまとめてあった点は、おばさん...

  •  0
  •  1

龍馬伝~「第45回 龍馬の休日」でこちらもまったり♪

福山雅治さん主演の龍馬伝。第45回は「龍馬の休日」でした。ず~っと緊迫感漂うエピソードが続いたので、今回のお話は、こちらもまた「休日」をもらったような感じがして実にホッといたしました。まずは久しぶりの龍馬の実家~そう言えば、ここで龍馬の実家について触れたのは龍馬の父=八平さんが亡くなった時以来のことかもしれません。このシーンもなんともホノボノいたしました。龍馬が実家に手紙を書いて近況を知らせています...

  •  0
  •  0

龍馬伝 「第44回 雨の逃亡者」も迫力満点でした!

福山雅治さん主演の龍馬伝。本日は第44回「雨の逃亡者」~これもまたなかなか迫力があってとっても面白かったですね~。今日はどんどこあらすじを語らせていただきます。今回の逃亡者は龍馬とお元です。引田屋でイギリス人と大浦慶の宴会が催された帰り、お元は「とんでもない事件」に遭遇してしまいました。イギリス船イカルス号の水夫が「白い着物を着た武士」に惨殺されてしまったのです。当時「白い着物」と言えば海援隊の制服...

  •  2
  •  0

龍馬伝~第42&43回をまとめて語らせていただきまする

福山雅治さん主演の龍馬伝。本日は第42回「いろは丸事件」と43回「船中八策」の2回分をまとめて語らせていただきます。いろは丸事件もなかなか面白かったですね~。これがこのタイミングで実際に起きたこと~多少の演出は抜きにしても~だというのが、実に興味深かったです。伊予・大洲藩から借り受けたいろは丸が、こともあろうに御三家の紀州藩所有の蒸気船=明光丸とぶつかって沈没してしまいます。この賠償を巡る交渉がまた面...

  •  2
  •  1

龍馬伝~第41回「さらば高杉晋作」では涙が止まりませんでした

福山雅治さん主演の龍馬伝~第41話は「さらば高杉晋作」です。今回も実に心に残るエピソードでした。最近の龍馬伝はその視聴率が下がってきたそうなのですが、おばさん個人的には今がかなり面白いです。きっと~こう言ってはなんですが、福山龍馬がお目当てだった方には物足りないのでしょうケド、龍馬の周囲の人物達がようやく生き生きと輝いてきた感じがして、それがたとえ死と隣り合わせであっても、おばさんの心をぐいぐいとひ...

  •  4
  •  0

龍馬伝~第40話「清風亭の対決」はなかなか見応えがありました♪

福山雅治さん主演の龍馬伝~第40話は「清風亭の対決」です。今回の龍馬伝でのエピソードは個人的に非常に興味がありました。以前、土佐勤王党の弾圧にあれだけ非情な姿を見せた後藤象二郎が、どのような過程を経て海援隊設立に尽力していくのか、前からずっと疑問だったからです。実物は存じ上げませんが、少なくてもここ龍馬伝での後藤象二郎は、かなり気性の激しい人物ですからね。龍馬に逢った途端「お手打ち」と騒いでもいいよ...

  •  0
  •  2

龍馬伝~第39話 馬関の奇跡~高杉晋作は抜群でした!

福山雅治さん主演の龍馬伝~第39話は「馬関の奇跡」です。今回の龍馬伝はかなり迫力がありましたね。数では圧倒的に不利な長州藩が、どうやって幕府軍を倒すにいたったのかが実にドラマティックに描かれていたと思います。長州では、武士のみならず一般人をも徴収して「奇兵隊」を編成し、その士気たるや天を突くほどの勢いです。「100万の軍勢も恐れるに足らず~恐るるべきは弱き己の心なり!」檄を飛ばす高杉晋作を先頭に、長州...

  •  0
  •  0

龍馬伝~第38話 霧島の誓い~逆矛を引き抜いたのは本当らしいvv

福山雅治さん主演の龍馬伝~第38話は「霧島の誓い」です。今回の龍馬伝もまたなかなか面白かったですね。おばさんは歴史好きではありますが、こと歴史ドラマを見る時は、そのエピソードが事実だったかどうかにはあまりこだわらない人です。本を読む場合はある程度こだわりますけど、ドラマはね~楽しく見られればそれが一番なので。~でも今回の逆矛のシーンはやっぱり気になったので調べちゃいました。結果は下です~今回龍馬が上...

  •  0
  •  0

龍馬伝~第37話 龍馬の妻~お龍の新妻ぶりは可愛かった♪

今回の龍馬伝~第37話は「龍馬の妻」です。今回の龍馬伝は心がとてもホンワカするエピソードでしたね。これからは薩長を守り立てて倒幕を果たすと龍馬自らが語っていたように、殺伐とした幕末の戦いに向かっていくこの時代に、互いに側にいてくれるだけで良い~と思える相手と結ばれたことは本当に素敵なことだと思いますもの。深い傷と大量出血によって瀕死の状態の龍馬は、伏見の薩摩藩邸で匿われることになります。弱りすぎて薬...

  •  0
  •  0

龍馬伝~第36話「寺田屋騒動」の龍馬は実に素敵でしたvv

今回の龍馬伝~第36話は「寺田屋騒動」です。おばさんは、あまり特定の役者さんには心が動かない人なんですが、今回の龍馬伝の龍馬にはかなり魅了されちゃいました。夏ばても手伝ってロクなコトは書けそうにありませんが(いつも大したことは書いていませんが)、今日はこの龍馬の魅力について語らせていただいちゃいます。まずはですね~弥太郎とのシーンです。ここは引き立て役がいたからかもしれませんけど(お、体調が今ひとつ...

  •  0
  •  0

龍馬伝~第35話 薩長同盟ぜよ~志士たちの願い

今回の龍馬伝~第35話は「薩長同盟ぜよ」です。この「薩長同盟ぜよ」と語らせるのは勿論弥太郎ですよね。今日は~最後はキレイに締めたいので、その弥太郎のかわいそうな姿から語らせていただきます。んもう、情けないことこの上なかった。薩摩と長州の動きがおかしい~そこへ土佐の脱藩浪士が一枚噛んでいるらしいとの情報は、すぐに幕府側へ伝わってしまったようデス。西郷が心配していた「隠密」はやはりちゃんと機能していたの...

  •  2
  •  0

龍馬伝~第34話 侍、長次郎~実に無念ですvv

今回の龍馬伝~第34話は「侍、長次郎」です。う~ん、これは実に無念極まりないエピソードでした。あらすじというよりむしろ「感想文」になってしまいそうですが、今日もまた龍馬伝について思いの丈を語らせていただきたいと思います。トーマス・グラバーを相手に、見事ユニオン号購入に成功した亀山社中です。「日本を変える」志が一歩前進したことを祝ってお揃いの羽織袴まであつらえました。今日はその記念撮影のようです。「ま...

  •  2
  •  0

龍馬伝~第33話 亀山社中の大仕事~みんなお疲れ!(笑)

今回の龍馬伝~第33話は「亀山社中の大仕事」です。今回はまさに商談に臨む営業マン~みたいで社会派ドラマ好きなおばさんにはと~っても面白かったです。見ていてワクワクしてきちゃいました。特に龍馬のアノ言葉がよかった。「何か隠し事があると、決して信用してもらえんちや」龍馬が薩摩の了承を得て、長州のために軍艦とミニエー銃を手に入れようと、グラバーと交渉をするシーンです。「金はある~必ず儲けさせてやる!でも真...

  •  2
  •  0

龍馬伝~第32話 狙われた龍馬

今回の龍馬伝~第32話は「狙われた龍馬」です。おばさんは歴史大好きではあるけれど、テレビドラマはドラマとして楽しめちゃう人なんですヨ。特に今回の龍馬伝のようにたくさんのフィクションがちりばめられているのを見るのはむしろ大好き。そうじゃなければドキュメンタリーになってしまいますからね。龍馬のお龍に対するさりげない優しさ、登場はしなかったけれど千葉重太郎のあのしつこさを通して垣間見える佐那の龍馬への想い...

  •  4
  •  0

龍馬伝~第31話 西郷はまだか~は迫力満点でした!

今回の龍馬伝~第31話「西郷はまだか」にはワクワクさせられました。龍馬もようやく「恐ろしい男」にその風貌を変えて行ったことも、シッカリはっきり見て取れました。それでは今日もまた龍馬伝のあらすじを語らせていただきます。まずは、あの名前の由来から。長崎に居を移してから、彼らは「亀山社中」という会社を作ります。ドラマでは詳しく放送しませんでしたが、西郷は龍馬の提案~長州と手を組んで幕府を倒す~を受け入れ、...

  •  3
  •  0

龍馬伝~第30話 龍馬の秘策 はとっても面白かった(^O^)/

福山雅治さん主演の大河ドラマ~龍馬伝。今回の龍馬伝もまたと~っても面白かったですね。龍馬の特徴が実によく描かれていたと思います。それでは早速~龍馬伝「龍馬の秘策」について語らせていただきたいと思います。まずは、元饅頭屋の長次郎の秘策から行きましょうか。「自分たちは侍だから、いくら金に困っても『雇われ水夫』になどなれない」という長次郎達。でも、そんな長次郎がたてた秘策(?)は、長崎名物カステイラを作...

  •  4
  •  0

龍馬伝~第29話 新天地、長崎~伊勢谷友介は期待通り♪

今回の龍馬伝もとっても面白かったですね。なんと言っても最初にあの人の顔が見られたのもおばさん的にはかなりうれしかった。では、そんなうれしいシーンから早速語らせていただきます。1882年~時は明治、舞台は千住。いつもはナレーションを担当している岩崎弥太郎が「胃痛」のため、灸を据えてもらっているところから始まります。「その後、坂本龍馬はどうなったのですか?」龍馬の取材を続けている坂崎の声を聞いて、灸を据え...

  •  4
  •  0

龍馬伝~第28話 龍馬に託された「武市の夢」

福山雅治さん主演の大河ドラマ~龍馬伝。第28話は「武市の夢」でございました。今回の龍馬伝も色々と感じさせてくれる回でしたよね。龍馬の思い、武市の思い、そして山内容堂の思い。それぞれを整理するためにも~またちっくとあらすじなんぞを語らせていただきたいと思います。前回、龍馬が打った大芝居「吉田東洋を殺したのはわしじゃ」を真に受けた後藤象二郎。血相を変えて容堂公の下へと駆けつけてきます。「吉田東洋殿を殺し...

  •  4
  •  0
《他にもこんな記事を書いています♪》