コード・ブルーのドラマレビュー 1/1

コードブルー3 最終回 あらすじと感想 旅立ち

【コードブルー3】もついに最終回でした。も~最初からずっとドキドキさせられっぱなしでしたが、何とか無事でよかったです。以下ネタバレのあらすじです。事故現場で最も恐れられている二次災害が起きてしまいました。地下に向かった藍沢が天井から漏れてくる水に気づいた途端、その天井が崩落してしまいます。地下には藍沢と看護師の雪村、そして藤川も救出に来ていました。3人とも生き埋めになったものの、藍沢と雪村は何とか...

  •  0
  •  0

コードブルー3 あらすじと感想 第9話 「スター」の資質

【コードブルー3】もいよいよ9話となりました。今回もまた共感するところ、新たに学ぶところが多かったですね。以下ネタバレのあらすじです。まずフェローたちの成長が前面に押し出されました。今回運び込まれた患者は全員救命に成功したそうですが、彼らはちょうど藍沢が戻ってきた日に治療したケースと同じだったそうで、その際はひとりしか救命できなかったのだとか。良いチームになってきたな。橘の言葉に白石もいかにも感慨...

  •  0
  •  0

コードブルー3 あらすじと感想 第8話 救命はチーム!

【コードブルー3】の8話を視聴しました。いや~無事でよかったです。以下ネタバレのあらすじです。前回の予告で最も心配だったのはやはり緋山のことでした。緋山は名取とともにヘリで成田空港で倒れた男性を救助しに向かったのですが、そこで名取が点滴をしようとしたところ、患者が動いたためにその針を緋山に刺してしまったのだそうです。最初の情報では、その患者はエコノミークラス症候群だということでしたが、病院に到着後...

  •  0
  •  0

コードブルー3 あらすじと感想 第7話 患者が求める医師

【コードブルー3】は7話も実に感動的でした。以下ネタバレのあらすじです。今回の事故は踏切で立ち往生していた80歳の女性を、結婚式を目前にしたカップルが救おうとして、その男性が重傷を負った後、惜しくも亡くなってしまったというケースでした。ヘリで現場に向かったのは灰谷と白石でしたが、ここで灰谷がヘリを急がせるような失言をしたことでヘリが事故に遭ってしまいます。なんとか予定通り到着はしたものの、白石は足を...

  •  0
  •  0

コードブルー3 あらすじと感想 第6話 移植医療

【コードブルー3】は6話もまた良い話でしたね。以下ネタバレのあらすじです。今回のメインは「移植医療」です。17歳の山口匠という少年が脳死状態となり、その両親は息子の臓器を提供することに同意してくれました。となると当然浮上するのは橘の息子、優輔に心臓が回ってくるかという問題ですが、残念ながら、優輔の順番は2位だったそうです。匠が脳死となり、臓器提供が実現するまでの過程を、まさに薄氷を踏む思いで見守っ...

  •  0
  •  0

コードブルー3 あらすじと感想 第5話 患者が命を託したいと思う医者

【コードブルー3】は5話もまた実に感動的でした。以下早速ネタバレです。今回なんと冴島が流産してしまいました。ヘリで運ばれてきた患者を治療している間、出血して倒れてしまったのです。すぐに緋山が処置に当たるも、赤ん坊を助けることはできませんでした。やはり妊娠後もヘリに乗っていたのが悪かったのか、とも思いましたが、どうやら原因は子宮頚管無力症のようです。仕事のストレスが皆無とは言い切れないだろうけれど、...

  •  0
  •  0

コードブルー3 あらすじと感想 第4話 医者の「大丈夫」は時に薬を凌駕す

【コードブルー3】は4話もまたたくさんのケースが紹介されていました。なかでも特に心に残ったのはやはり優輔(歸山竜成)の心情です。以下ネタバレのあらすじです。その優輔が今回胃炎を起こしました。毎日移植を待ち続けることがどれだけのストレスなのかが思い知らされます。その間にも優輔の心臓はいつ止るかもしれないのです。今日一日何とか無事だった、明日は目覚めることができるだろうか~通常移植のチャンスが巡ってく...

  •  0
  •  0

コードブルー3 あらすじと感想 第3話 生命の神秘

【コードブルー3】の3話はまた実に感動的でしたね~。以下早速ネタバレです。今回は、白石と冴島が乗り込んだヘリが汚染されるという異常事態が発生しました。搬送対象が自殺を図った人物で、その吐しゃ物に毒物が含まれていたのです。本人は、胃の中でカプセルが溶けないうちに吐き出したため軽症で済んだのに、その吐しゃ物で汚染された医療スタッフたちが重症になってしまったとは、何ともひどい話でしたね。おばさんが彼らの...

  •  0
  •  0

コードブルー3 あらすじと感想 第2話 後進の指導にあたって

【コードブルー3】は2話目も楽しかったですね~。すっかり大人になった彼らが頼もしくてなりませぬ。以下ネタバレのあらすじです。案の定、藍沢はフェローにめっちゃ厳しかった。思い出しますね~出来の悪い藤川が、めちゃくちゃ黒田に嫌がらせをされていたこと。いや、あれも黒田なりの「教育」ではあったのでしょうが、あの時はハラスメントにしか思えないほどひどかったですよ。藍沢もまた、フェローの紅一点、横峯あかりを徹...

  •  0
  •  0

コードブルー3 あらすじと感想 第1話 懐かしい彼らが帰ってきた!

待ちに待った医療ドラマ、そして懐かしい懐かしいヒューマンドラマ、【コードブルー3】がついに始まりました!医師としてまた一回り成長した彼らの、こちらはあいも変わらぬ医療への情熱に触れることができて心の底から嬉しいです。公式HPにもありましたが、よくぞ5人揃って戻ってきてくれたと感動しきりでござりました。以下は彼らの近況をメインにした簡単なネタバレのあらすじです。まずは藍沢耕作(山下智久)ですが、その後...

  •  0
  •  0

コードブルー(2)~最終回~奇跡はあなたのすぐ近くに

コードブルーシーズン2もとうとう昨日が最終回でした。今回のテーマは、まさにオバサンがこのドラマを見るたびに感じていたことそのものズバリ。それをどんな風に綴ればいいのか、正直自信はゼンゼン無いんですが、最終回にあたって、フライトドクターを目指したこの若きフェローたちの成長を追いながら、少し語ってみたいと思います。よろしければおつき合いくださいますように。まずは主人公の藍沢耕作から(山下智久)。同期の...

  •  0
  •  1

コード・ブルー(2)~第9話 心の傷

今回のコード・ブルー、第9話は「心の傷」です。いつも他人の傷を癒している彼らですが、自分たちの心の傷はどうしたら癒せるのか?今回もとても良い話でした。藍沢(山下智久)はともかく、どうしても患者に感情移入しすぎることが裏目に出ていたフェローたちです。自分たちの心に傷を追うことで、それがどう変わっていったのか?早速語らせていただきます。第9話では2つの家族~親子が登場していました。1人目はシングルマザー...

  •  0
  •  0

コード・ブルー(2)~第8話「理由」に怒る!

今回第8話のコード・ブルーの副題は「理由」です。「なぜ医者を続けているのか?」月に300時間を越える勤務に加えて常に人の生命を預かっているという重責。本当に医師という仕事はとてつもなく大変な職業だとつくづく思います。今は医師を守る方向に少しずつ社会が動き始めているそうだけれど、それでもやっぱり私たち患者の側には「そうでないこと」=医者は聖職であってほしいという気持ちが拭いきれないこともまた事実だと思い...

  •  0
  •  0

コードブルー(2)~第7話「あやまち」

コードブルー~ドクターヘリ緊急救命、今回の第7話は「あやまち」です。「過程は関係ない。すべては結果で判断される」医師という職業はそういうものだ。それが良くてこの職業を選んだはずだ。この物語コードブルーの主人公の一人藍沢耕作(山下智久)は今回の「あやまち」の中でそのように語っておりました。治療の過程でどんなに心身を尽くしたとしても、また逆に過ちを犯してしまったとしても、結果が悪ければ=病状が悪化すれ...

  •  0
  •  0

コード・ブルー(2)~第6話 秘密~涙が止まりません

今回のコード・ブルーの副題は「秘密」。もうオバサン最近、涙腺が緩くなったのか、昨日からずっと泣き通しです。今日は早速あらすじ語らせていただきます。どんな人でもそれぞれ秘密を抱えているものです。そしてその秘密の存在を知った時、人はどうするべきなのか?今回はそんなことがテーマでした。まずは主人公の藍沢耕作(山下智久)の秘密から行きましょう。彼は祖母と父が自分に何か隠し事をしていることに気づいています。...

  •  0
  •  0

コード・ブルー(2)~第5話 愛する人~に号泣

オバサンは医療系のドラマが大好きなのでかなりの本数を見てきたつもりですが、その中でもこのコード・ブルーは実に質の高いドラマですね。見ている方のおばさんはかなり感動したり&号泣したりしていますが、演じている方はただひたすら「医師という職務」をこなしているという姿勢が、逆に更なる感動を呼び起こす~そんなドラマなんです。今回は、フライトナースである冴島はるか(比嘉愛未)の「愛する人」~田沢悟史(平山浩行...

  •  0
  •  0

コードブルー(2)~第4話 過ぎし日

過去の無い人間などいない。医者にとって患者の既往歴がその診断に欠かせないように、人間もまたその送ってきた過去によってその言動の解釈が多様になる。なかなか深いテーマでしたね。頭痛という同じ症状を訴える患者でも、子どもと老人では疑う疾病が異なってきます。ましてや既往症があれば、今ある症状がそこに起因していないか~そう考えるのが医者としての常識なのでしょう。でも、人間として他人や(もしくは自分をも)評価...

  •  0
  •  1

コード・ブルー(2)~第3話 真実と嘘

コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~、今回の話はかなり衝撃的でした。いつものようにヘリの要請があり、現場に駆けつけた藍沢(山下智久)達の目に飛び込んできたのは、スキーの板が刺さって、文字通り串刺しにされた3人の姿です。彼らは大学生で、階段を歩いていた時に後ろからなぎ倒されてしまい、前を歩いていた男性の丸出しのスキーに突き刺されてしまったのだというのですが・・・。一番元気なのは、一番上でうつぶせになっ...

  •  2
  •  0

コード・ブルー2~ドクターヘリ緊急救命~第2話 自らの道

医療モノのドラマの中でも最近よく取り上げられるのが「ER(緊急救命)」「産婦人科」の2つだと思うのですが、オバサンが必ずこだわる点が1つだけあります。それは~登場する医師達の姿勢なんです~もっとはっきり言うと「傲慢」かそうでない(謙虚)か。「患者をきっと救ってみせる」という情熱(意気込み)はとても好感が持てるのですが、「自分にしか治せない」「自分にならできる」といういわゆる実力を「過信」した医者が...

  •  0
  •  0

コード・ブルー2~ドクターヘリ緊急救命~が始まりました

オバサン、日本のドラマはそう多くは観てないのですが、その中でも欠かさないのが「医療モノ」です。出演者の平均年齢がどんなに低かろうと、ほとんど観ています。まあ内容が内容だけに「なかなか書きにくい」こともあってあまりここでは語っていませんが。このコードブルーもseason1からスペシャル版までずっと観ています。医者というより、フェロー~レジデント研修を終え、まだ認定医の資格のない医師~たちの物語です。副題に...

  •  0
  •  0
《他にもこんな記事を書いています♪》