ルパンの娘 ネタバレと感想 第1話 こんなコメディを待ってたよ~!

深田恭子さん主演のコメディ、【ルパンの娘】を視聴しました。これがものすごぉ~くバカバカしかったけど、イイ大人の出演者全員が全力で演じていたのが実に楽しかったですね~。こーゆードラマを心待ちにしていました


また「アルセーヌ・ルパン」がモチーフなのもイイですよね。何を隠そうおばさんの小学生の頃の愛読書は「奇岩城」。モーリス・ルブランのアルセーヌ・ルパンシリーズが大大大~好きで、いつしかこんなミステリーオタクになった原点はそこなんざんすよ。そこからコナン・ドイルに行った後は手当たり次第に読みまくりました


それにキャスティングもピッタリですね。中でも瀬戸康史さんが良かったですね~。実をいうとおばさんは昔からこの方あまり得意じゃなかったんですけど、この役はすごくいい、文句なしで似合ってます。半端な2枚目が2枚目を演じても面白くないけど()、それが真面目な顔で2.5~3枚目をやってくれるとそれだけで嬉しくなっちゃう


と、そんなおばさんの感想はそれぐらいにして、以下ネタバレのあらすじですルパンの娘のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


主人公の三雲華(深田恭子)は、図書館勤務のまじめな女性。7月7日の七夕の日、子どもたちに読み聞かせをしていた華は、その一節「まじめに働けを読みながら思わず泣き出してしまいます。華の一家は「代々ドロボーだったからです


そんな華の涙を目の当たりにした桜庭和馬(瀬戸康史)は、昔話に涙する心のきれいな華に感動し、初対面で思わずキスをしてしまったそうです。ふたりはこれが運命の出会いだと確信したのだそう


それから1年ほど付き合ったふたりは、ついに結婚を意識するようになりました。和馬は華を自宅に招き、両親に紹介しようとしますが、和馬の父、典和(信太昌之)も、母の美佐子(マルシア!)も猛反対です。なぜなら、和馬の一家は「代々警察官」で、嫁も警察官でなければいけなかったからです


和馬から、和馬は「公務員」だと聞かされていた華は動揺を隠すことができず、その場で気絶してしまいましたそんな馬鹿な!( ;∀;)


「和君、どうしてあなたは警察官なの?」「華、どうして君は警察官じゃないんだ?


気落ちした華を送ってきた和馬が、ベランダに出て和馬を見送る華と会話を交わします。それはまるでロミオとジュリエットのよう。。。。どーしてあなたはロミオなの? (


その華の家は一見フツーの2階建ての一軒家でしたが、それは世を忍ぶ仮の姿で、本当はその後ろにそびえたつタワーマンションの53階が華と家族~三雲家の住まいでした


華の父、(渡部篤郎)は美術品専門のドロボーで、母の悦子(小沢真珠)は宝飾品が専門です。祖母のマツ(どんぐり)は「伝説の鍵師」と呼ばれており、その夫の(麿 赤兒)は「伝説のスリ師」とその筋では大いに敬われていました。彼らは通称「Lの一族」と呼ばれていたそうです


本来なら、この家業を継ぐべき長男の(栗原類)は、こんな家庭に生まれたせいでひきこもりのハッカーになってしまったため、両親&祖父母の期待は華に向けられていたようですね。幼い華にありとあらゆるスキルを伝授したのは巌のようです


うちはドロボーだったのかと嘆く華に巌は「盗むことで何かを変えられる日が来る」と教えたのだとか。


タワーマンションに住んで、欲しいものはすべてご近所から盗んでくる家族を見て育った華には、とてもそんな風には思えなかったようです。ちなみにこのお爺ちゃんは同居していないようですね


一方、和馬の祖父で和一(藤岡弘)は「鬼の桜庭」の異名を持つ元敏腕刑事だそうで、何を聞かずとも既に、和馬の恋人がうさんくさい、ひいては「Lの一族」らしいと勘づいていたようです。この居合抜きがまた迫力があって凄かったですね~


とはいえ、華は、三雲家がドロボー一族だと気づいてからは、そのセンスと技を封じ込めてきたそうです。


幼馴染で華のよき理解者でもある円城寺輝(大貫勇輔)は、得意のダンスと歌()を披露しながら、華の苦しい胸の内を聞いてあげていました。彼は「世界を股にかける大泥棒」だそうです楽しすぎ♬


それがそうもいっていられなくなる事件が勃発します。愛する和馬がやくざに囚われてしまったからです。経緯はこうです


和馬は家族に猛反対されながらも、絶対に華と結婚すると誓い、代々憧れの「捜査一課の刑事になれば結婚を許すという約束を取り付けました。先輩の巻栄一(加藤諒)は「Lの一族」を逮捕すればそれも夢ではないと励まします


嬉しくなった和馬は華を連れて結婚指輪を見に行きました


そこでふたりは「ドロボーの下見」にやってきていた悦子と尊に遭遇します。


ふたりはその後子どもたちを高級寿司屋に誘いましたが、本来の目的は、そこで「宝石店の店長=金剛丸修司」(前川泰之)と「ヤクザの組長=龍崎剛」(藤原喜明)が「狂言強盗」の打ち合わせをしているのを確認するためだったそうです。その組長は店長を通じて海外から宝石や拳銃を密輸していたらしい


華はまだ認めていないようですが、「Lの一族」はどうやら義賊のようですね~それでこそルパンですよ!!


金剛丸が龍崎と会っていたのを見た和馬は、それを怪しく思った瞬間に殴打され、拉致されてしまいました


悦子が金剛丸に仕掛けた「てんとう虫3号」(=監視カメラ)でこの様子を見ていた華は居ても立っても居られなくなります


お願い、和君を助けて!!


悦子と尊は、二人きりじゃ無理だと言って華を仲間に誘いました。3人いればどうにかなるけど


華は、封印していた割にはすごく立派なマスクとコスチュームに身を包んで乗り込んでいき、見事に和馬を救い出しました。この衣装はどうやら一族のお揃い=ユニフォームのようで、一緒に出掛けたマツばかりか、家でITを担当していた渉も着ていましたから、華だけが今まで手を通していなかった、ってことなのでしょうね


その一方で、警察官が結婚する際には、相手の身元を調査するのが決まりだそうで、尊が「ハイパーソーシャルクリエイター」)だと知った和馬の両親は早速、日本にいる間に会いたいと家に押しかけてきます


だから あり得ないって!泥棒一家が警察一家にご挨拶だなんて!ルパンの娘が面白い(^^)/


何せ和馬の家は飼い犬まで「元警察犬=ドン」ですからね~


いやいや、これは楽しくなりそうで大喜びです。「ルパンの娘」は続きもとっても楽しみですね



これは小説も楽しめそう


前後のあらすじはこちらから

次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません