ミーユエ~王朝を照らす月 あらすじと感想 第59&60話 「混迷」でやった~!

中国時代劇、【ミーユエ~王朝を照らす月~】の59話は「自助の道」、60話は「混迷」です。いや~ついに来ました、天罰!!ミーユエのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


以下早速ネタバレです


樗里疾の反対を押し切って周にやってきた蕩は、ろくでなしの部下、3人組ともに当時王権の象徴とされていた九鼎を持ち上げようとしました。そうすれば、名実ともに周の天子と認められるからです。


力だけが自慢の任鄙烏獲孟説はどんなに頑張っても持ち上げられなかったため、ついに蕩自らこれを持ち上げようとします


蕩はこれを肩の高さまで持ち上げて皆の喝采を浴びましたが、そこからは上にも下にも動かすことができず、ついには九鼎の下敷きになって死亡してしまいました


知らせを受けた羋姝は、息子の死を嘆くと同時に3人の部下を激しく責め、烏獲は車裂き、仁鄙は腰切り、孟賁は釜茹にした上、一族郎党皆殺しにしろと命じます。いや~それだけでも羋姝は地獄行きですね


その上羋姝は、蕩亡き後、王が不在では困ると言い、魏長使の息子の壮公子を王にしたいと言い出しました。それが蕩の意向だったと語る羋姝に、樗里疾は語気を荒げて反対します。あのような臆病者を、大王が認めていたはずがない!!


樗里疾も、ようやく羋姝が大ウソつきだって分かってきたようですね。しかもそのタイミングで魏頤が妊娠、ってこれまた今度は魏頤と魏夫人の嘘にきまってますよね


羋姝は、今になって恵文王の遺詔が出てきては困ると焦って盛んに嬴夫人をけん制しますが、その嬴夫人は、たとえどんな嫌がらせをされようと決して応じない構えです。羋姝は嬴夫人に俸禄を与えなかったため、嬴夫人は自ら畑を耕したところ、腰を痛めて寝たきりになってしまったのだそうです。しかも離宮は閉鎖されてしまいました


嬴夫人を哀れに思った庸芮が見舞いに来ると、夫人はすぐにもユエと稷を迎えに行くよう命じます。やはり恵文王の遺詔には稷を王にと記してあるに違いありませんね


一方、そのユエはというと、五婆に紹介してもらった貞の家に移り住みました。斉との戦で家族を失った貞は、稷を見ると亡き息子と勘違いしてしまいますが、それ以外は心根の優しい女性だったようで、ユエはむしろ、貞が稷を可愛がってくれると喜んでいたようです


引き続き五婆の勧めで、今度は刺繍の入った着物を作り始めたユエは、その刺繍で再び黄歇との縁を引き寄せました


楚に戻って官僚として働いていた黄歇は、楚の使者として燕を訪れ、ユエに会おうとしたのだそうです


そこで、ユエが劣悪な環境に置かれていた上に駅館を追い出されたと知った黄歇は、早速郭隗を批判しました。郭隗もさすがに羋茵を叱責し、これ以上は許さない、と釘を刺します


また羋茵が郭に、黄歇に裏切られたと訴えたのには笑っちまいましたね~。いやいや、しつこくストーキングした挙句に逃げられただけでやんす。でも郭隗にしてみれば、そのおかげで羋茵を娶れたのですから、むしろ黄歇とユエは恩人でござるね


しかもユエの刺繍は至極評判がよくて、羋茵がライバル視している夫人がその刺繍の入った着物を買い求めたらしいのです。その結果、孟嬴こと易后は、懸命に着飾った羋茵には見向きもせず、そのライバルの夫人を褒めたたえたのだとか。いや~これはいい気味でござったね


で、五婆がそのユエの刺繍を街で売っていたところに、黄歇がやってきました。その刺繍の絵を見た黄歇は、一目でそれが楚のものだと見破ります。その柄は楚でしか咲かないという藪茗荷の花だったのだそう


賢い黄歇は、これがユエの刺繍ではないかと察しましたが、五婆は黄歇を敵だと思い込んで、逃げてきてしまいました


この話を聞いたユエは、こちらもすぐに黄歇ではないか?と思い当たります。名前は?何と言っていた??


確か黄歇だったという五婆にユエは、すぐに彼を捜してほしいと頼みました。


が、羋茵の命令でユエ親子を捜していた駅丞に見つかった五婆は、せっかく黄歇を見つけたものの、趙臣に気づいて逃げ出してしまいます。羋茵の侍女の菱児が機転を利かせて助けてくれたのは幸いでしたね。黄歇ならまたきっと会えるはずだから


一方で、兄の魏冉が朝廷を追い出されたことに腹を立てた白起は、義渠君の力を借りることにしました。国境で暴れて咸陽を攻めるつもりなのです。そうすればそこに魏冉が来ると計算していたようですね


これでいよいよ兄弟でユエを助け出すのか?と期待したいところですが、あと20話もあるので、もうちょい辛抱が必要かもしれませぬ


ミーユエ~王朝を照らす月~」は今日の放送も楽しみですね



ミーユエ 王朝を照らす月 DVD-SET1ー7 全巻 42枚組 日本語字幕


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
こん
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさ~ん、いつもありがとうございます(^^)/。

そーらしいですよ~あのバ〇王はああして亡くなったらしいです。
アタイは今か今かとあの瞬間を待ちわびていました(;^ω^)。

これからもどんどこ混迷していくみたいですよね~。
琅琊榜2が終わって寂しい限りですが、
しばらくはこのミーユエで盛り上がりましょう( `ー´)ノ。こん