ベビーシッター・ギン!ネタバレと感想 第4話 赤ちゃんは天使♪

大野拓朗さん主演のプレミアムドラマ、【ベビーシッター・ギン!】は4話も楽しかったですね~。何と言ってもオチがサイコーでした


以下早速ネタバレですベビーシッターギンのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


今回ギンが担当したのは女性会社社長の鈴木令子(青山倫子)です。バツイチ独身の令子は仕事大好き人間で、その結果として会社も急成長していると、順風満帆かに思えました


が、ある時、そんな令子のもとに「夫」の鈴木修二が事故死したとの知らせが入ります。令子は1年前に離婚したつもりだったのですが、送ったはずの離婚届が先方に届いてなかったために、戸籍上はまだ夫婦のままだったそうです


仕方なく警察へ行った令子は、修二の遺体の他に修二と一緒に亡くなった「内縁の妻」の間に生まれた子ども=修太郎を引き取るよう言われてしまいました。修二と離婚する原因になったのが、相手の女性にその子ができたかららしいのに


令子はすぐに児相に相談しましたが、1か月先までいっぱいだと断られてしまいます。仕方なく子連れでオフィスに行きましたが、修太郎は誤ってパソコンのハードディスクを初期化してしまいました。どんだけスゴイ偶然が重なったのでしょうか


困り果てていた令子は、炎天下の中、あの正装でチラシを配っていたギンに遭遇しました。まさに地獄に仏です


ギンもすぐに依頼を引き受け、早速令子の家を赤ちゃん用に改装しました。せっかくの快適な独り暮らしの城をぶち壊された令子も、美味しいお夜食を作ってもらったら黙るしかありません


これで仕事に集中できる!と思いきや、思いがけない理由で大口の仕事が入らなくなります。令子の企画は、アイディアは素晴らしくても愛が感じられないのだそうです!?


このままでは会社の存続が危ういと憂えた令子は、令子と同じく「結婚より仕事が大事」な木島に相談しました。最初木島は快く相談に応じようとしますが、令子が修太郎を預かっていると知ると、途端に態度が変わります


何もかもこの子のせいよ!!


帰宅してすぐに修太郎に当たり散らした令子に対し、ギンもまた令子の愛情のなさを指摘しました


それで令子はブチ切れてしまいます。全部修二のせいよ!他の女と浮気して勝手に死んじゃって子供押し付けてっ!!


そこでギンが修太郎に熱があることに気づきました。令子は急いでタクシーを呼び、ギンとともに病院へ駆けつけます


どうしよう、私のせいかな


令子は大いに心配し、大したことがないと分かった後は、大いにホッとします


その後修二が住んでいた家の大家から連絡が来て、後片付けまで頼まれました。なんだかんだ言って人のいい令子は、ギンとともに赴いたその家で、修二がどれだけ修太郎を可愛がっていたか、思い知らされます。写真やおもちゃがたくさん置いてあったからです


そこでふたりはカレンダーを見て、その日が修太郎の誕生日だと気づきました


早速帰宅して、ギンが用意したバースデーケーキを見た令子は、かつて修二がプロポーズをした時のことを思い出します。修二は、家事ではなく、仕事が好きな令子を好きになったと語り、外で鎧を着て戦っている令子が帰宅して鎧を脱いだら、本当の令子に戻れるような居場所になりたいのだと打ち明けたそうです


君の心の奥には誰よりも優しい令子がいる


そこへ児相から連絡が来て、修太郎を引き取ってもらえることになりました。木島からも融資を再考するとの連絡が入ります。


素敵なお話じゃない?(


言葉と顔が裏腹なギンに、令子は自分にも言い訳するかのように、懸命に説明しました。私にとって会社は子どもと同じなの!


ギンはそれ以上何も言わず、心が一番求めていることを選ぶよう助言しました。失ってからじゃ遅いわよ


最後の最後まで迷っていた令子は、ついに我慢できなくなります。木島との契約にサインしようとしたその時、令子はすべてを捨てて駆け出しました。私、やっぱりあの子が大事!!


夫との離婚原因であろうと、浮気相手が産んだ子どもであろうと、やっぱり赤ちゃんは可愛い=天使なのです見ているだけで癒される♪


こうしてこれまでの会社を畳んだ令子は、ギンから教わったノウハウを生かして新しくベビーシッターの会社を立ち上げました。下落合家ポピンズの仕事は今、そっちに奪われているようです。いっそギンも令子に雇ってもらったほうがいいかもしれませんね


果たして来週はどんな家族に出会えるのか~「ベビーシッター・ギン!」は続きもとっても楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→



ベビーシッター・ギン 1~最新巻(講談社コミックスキス ) [マーケットプレイス コミックセット]


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません