TWO WEEKS ネタバレと感想 第2話 命がけの逃亡

三浦春馬さん主演のドラマ、【TWO WEEKS】も実に迫力があってドキドキさせられましたね~iraira。最後に登場したあの男=灰谷(磯村勇斗)とはいったい何者なのでしょうか?


以下ネタバレのあらすじですboxer-w


今回注目したのはまず、検事の楓は、8年前に大地が被った罪の被害者家族だったらしいということです。殺人未遂という話だったので、遺族ではないのですよね。多分その時の弁護士が、久我早穂子だったのでしょう


楓は当時、犯人は大地ではなく柴崎だ!と訴えていたようで、今回もまた、柴崎を探っていた愛を殺した犯人が大地だという点には疑問を抱いていたようです。


まだ新人の楓には、大地の事件を担当する力量はないと判断されましたが、早穂子が手をまわしてくれたおかげで担当になることができました


楓は早速、愛の部屋を捜しに行きます。楓が渡したデジカメを見つけるためです。


デジカメは見つからなかったものの、大量の質札が見つかりました。それで楓は大地の質店を訪れます。パソコンには、間違いなく愛がデジカメを質入れしたというデータが入力されていました


その大地の質店は、以前ホンダという男が偽証をしたことからも分かるように、もれなく柴崎とつながっています


検事がデジカメを捜していたと聞いた柴崎は、愛がそのデジカメで柴崎達を撮影したに違いないと確信しました。愛が楓に「柴崎のヤバい証拠」について電話をした時、柴崎の手下がその会話を聞いていたのだそうです


それで愛はすぐに彼らに捕まって、柴崎に殺されてしまったそうです


そうとも知らずにそのデジカメを持って旅行に出かけていたサトルがようやく帰ってきました。サトルは大地の養護施設の仲間だそうで、この事件の担当になった有馬は早速聞き込みにやってきます。有馬は、はなの手術前に何としても大地を捕まえたいのです。いやいや、それはあきまへんてそれじゃあはなが死んじゃう!( ;∀;)


一方で、護送車から脱走した大地は、しばらくバイクで逃走した後、警察の目をかいくぐってトラックの荷台に乗り、必死で逃走を続けました。昔ならともかく、今の時代はあちらこちらに監視カメラがあり、道行く人々もすぐにSNSに投稿するため、大地の行方はすぐに警察の知るところとなります


なんとか自販機の下から10円玉を拾い集めて、はなの病院に電話しますが、すみれはあいにく捕まらなかったので、サトルの職場に電話をしました。サトルは、何があっても信じているから、と大地を励ましながらも、有馬からもらった名刺を手に迷っています。大地から連絡があったらすぐに知らせるよう言われていたからです


その後大地は、ビルから飛び降りるという危険も冒し、なんとか八王子の雑木林に逃げ込みました。そこには楓も駆けつけてきます。


大がかりな山狩りが始まり、さすがにもう逃げきれない!と(おばさんが)観念したところに、冒頭で触れた灰谷という男が現れました。灰谷はあちこちに爆弾を仕掛けて捜査員たちを脅かします。大地があそこに逃げてくると知っていたなんて、すごい千里眼でやんすね


俺を助けてくれたのか?


そう尋ねた大地に灰谷は、おもむろにナイフを取り出しました。はああああ???


その頃ようやくすみれも、大地が逃亡中だというニュースに気づきました。はなを助けるには大地の無実を証明するか、逃亡を助けるか、しかありませんね。そこだけハッキリと有馬に伝えたほうがいいんじゃないんですかね~。何せ子どもの命がかかっているんですからね


その子ども、はなはこっそり大地の絵を描いていました。有馬とすみれは有馬の絵だと思い込んでいましたが、髪型が違うやろ、髪型が


大地は8年前、すみれの妊娠を知った時、それはそれは喜んでいたそうです。それなのに罪をかぶって服役したのは、柴崎が、そうしなければすみれを殺すと脅したかららしい。まったくなんて奴だ!ikari


予告で大地は、どこかの家に入り込んで食事をしていたようでホッとしました。ドナーになるには提供者本人も健康でいなくちゃならんのですからね


TWO WEEKS」は来週の放送も楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません