ミーユエ~王朝を照らす月 あらすじと感想 第64話 別れ再び

中国時代劇、【ミーユエ~王朝を照らす月~】の64話は「分かれ道」です。あ~これはまた切なかった!以下早速ネタバレですミーユエのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ついに庸芮がやってきました。庸芮はユエに、嬴夫人が亡き恵文王の遺詔を持っていると伝えます。そこには、蕩が秦を窮地に陥れたら、稷を王位に就け、ユエを摂政にするよう明記されていたそうです


この話を聞いていた黄歇は、秦が安泰ならともかく、王位継承問題で王室のみならず国中が荒んでいるところに、か弱き女()子どもを引っ張り出すのか!と庸芮を鋭く批判しました。庸芮は、ユエと稷は自分が守ると約束しますが、それも確約はできません。張儀もいない今、朝廷はすっかり羋姝の思うがままなのです


羋八子は他の女子とは違う才覚をお持ちのお方です()。秦の危急を救うために私とともに秦にお戻りください!


ユエも、庸芮の出現と言葉だけでは決意を変えることはなかったのですが、その夜、稷が「馬」の字を各国の言葉で記していたのを見て、恵文王とした「天下統一」の約束を思い出しました。秦がそなたを必要とする時は、その力をふるってほしい


ユエは涙をこぼしながら亡き王に詫びました。大王!お恥ずかしい!!ご遺志に背こうとするなんて!!


自分のことは後回しで他人を思いやるユエらしい決断です。それならいっそ黄歇への恩を返してほしかったですが、そうはならんところが辛いとこですよね


それにもしかしたら、ユエにとって黄歇はもはや血肉の一部みたいなものだから、ついつい甘えて後回しになってしまうのかもしれません~そうでも考えないと黄歇が哀れでならんでしょ


それともう1つ~黄歇はあくまでも男としてユエを守りたいんだろうけど、ユエは、庸芮も指摘していたように、誰かに守られるような女人ではないのですよね。ユエに自覚はないだろうけど、無意識のうちにそうならぬ道を選んだ=天がそれを妨げたのかもしれません


翌日、てっきり自分とともに楚に戻るのだとばかり思ってニコニコしていた黄歇に近寄ったユエはその頬を触って、涙に潤む目でしばし黄歇を見つめた後、踵を返して庸芮の馬車に乗り込みました黄歇が可哀そう過ぎる(;´Д`)


ユエっ!!ユエ~っ!!今度もまた私を置いていくのかっ!( ;∀;)


しばらく呆然と立ち尽くし、ようやく事態を飲み込んだ黄歇が馬車に向かって叫びます。その叫びを背に受けながら走り出した馬車の中で、ユエは思い切り泣き叫びました。黄歇に申し訳ない!


稷が泣かないでというと、ユエは、むしろ思い切り泣かせてほしいのだと頼みました。2度もあの人を裏切ったのよ。一度はあなたの父上のため、そして今は秦のために!!一生分の涙を流しても償うことはできないわ。ごめんなさい、黄歇!!黄歇っ!!


今秦に戻ることは、ユエ親子にとって決して楽な選択ではありません。楚に行ったとしても多少の困難はあるでしょうが、それでもまだ黄歇が守ってくれるだけマシでしょう。何せ、今や不倶戴天の仇=羋姝もいませんからね


それなのにユエはより難しい選択をせずにはいられんのだす。「狭き門より入れ」という言葉を思い出します。人は苦労を買って出てこそその報いも大きい、物理的な報いのみならず、魂もまたより一層磨かれるということを、あらためて胸に刻んでおきたいものですユエを見習いたい( `ー´)ノ


稷が、泣き止まない母のために、袖でその涙を拭ってやっていた姿が忘れられません。ユエはこれから、ユエと一緒ならどんな道でも怖くないと語った稷のために、その才覚をいかんなく発揮していくことになるのですね


さて、一方の秦でも既にこの噂は羋姝や魏夫人の耳に入っていました。魏夫人は、なんとかしてユエを味方につけたいと考え、庸芮が嬴夫人に会った後ユエを捜しに行ったと聞いた羋姝は、兵を連れて離宮に乗り込んでいきます


その頃ユエは既に、道中助けに来てくれた魏冉に稷を預け、庸芮とともに嬴夫人を訪れていましたようやくここまで来た( `ー´)ノ


今ではもう歩くこともままならない嬴夫人はユエを歓迎し、託された重責に不安を抱くユエを温かく激励します


これで私は役目を終えた。いつ死んでも構わない。あの世には懐かしい人々がたくさん待っているから庸芮ともお別れです


嬴夫人はユエに遺詔を渡し、別れを惜しむ庸芮には国事を優先するよう促して、秘密の通路からふたりを逃がしてくれました


最初はなかなか食えぬ婆さんだと警戒したものですが、恵文王が最後まで信頼して国を託しただけのことはある女傑でしたね~嬴夫人も。その嬴夫人の前では、羋姝など虎の威を借りる狐どころかネズミほどの貫禄もありませんでしたね


ふん、私がお前ごときに従うだと??


羋茵の次は羋姝でござるね。あ~その日が来るのが心の底から待ち遠しいです。って、んなことここでしか言えませんね



ミーユエ 王朝を照らす月 DVD-SET1ー7 全巻 42枚組


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません