ミーユエ~王朝を照らす月 あらすじと感想 第65話 おのれ~どいつもこいつも!

中国時代劇、【ミーユエ~王朝を照らす月~】の65話は「遺詔の在りか」です。これまた久しぶりに腹立たしかったですね~羋姝も魏夫人も似た者同士( `ー´)ノ。しかも敵は3人です


以下早速ネタバレです。まずは羋姝から参りましょうかミーユエのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


脅してもすかしても嬴夫人が遺詔を出さないことに業を煮やした羋姝は、ユエはまだ離宮に隠れているに違いないと確信して、皆を閉じ込めたまま火を放ちました杜将軍率いる兵たちが、誰一人として、生きながら焼かれる女子どもに同情を寄せないのには呆れてものが言えませんでしたね。兵士たるもの、抵抗できない弱い者を守るために存在しているというのにっ!!恥を知れ!恥をっ!!


もはや秦はすっかり腐りきっている!


それを変えるため=稷を王座に就けて亡き弟の遺志を叶えるためなら、嬴夫人は命など惜しくなかったに違いありません


一方、離宮をとっくに抜け出していたユエと庸芮は、司馬錯将軍と合流しようとしたところを、魏夫人が放った兵に襲われました


あ~だから、こういう時が心配だ、って黄歇は言っていたのにっだから言ったのに( ;∀;)!!とわめいてみても後の祭りでやんす


案の定、庸芮一人でユエは守れず、ユエは拉致されてしまいました庸芮だけじゃ心配だったよ(-_-;)


魏夫人と魏頤こと武王后は、ユエが気を失っていたのをいいことに、羋姝の追手から助けたと嘘をつきます


それからというもの、あの手この手を使って、ユエが持っているに違いない遺詔を捜そうとしました。が、どうやらユエはそれを持っていないようなのです?もしかしたら、魏夫人の侍女に、欲しいならあげるわ、と言ったあの簪に入っているってことはないんですかね。そう言っておけば絶対に疑われないし、欲しいとは言わんだろうし、お風呂に入っても大丈夫だし


魏夫人たちは、頑固なユエの口を割らせるために、蠱毒という虫を使った呪術を行う草鬼婆を呼び、その毒と解毒薬を手に入れました


これを口にしたユエは早速猛烈な痛みに襲われます。しかも、卑劣な脅しには負けない!と息巻いた際、解毒薬を飛ばしてしまい、これが水に濡れて使い物にならなくなってしまいます!!ユエ、なんてことをっ!( ;∀;)


解毒薬がなければ助けることはできぬという呪術~果たしてユエはこの危機をどうやって乗り切るのでしょうか?琅琊榜と重なっちゃう(;^ω^)


呪術と言えば、義渠にいたあの怪しげな老巫を思い出しますね~


唯一の救いは、ユエが穆辛に姿を見せていたことです。あの穆辛が咸陽の毛皮商に助けを求めに行くのかな


ミーユエ」は続きもとっても楽しみですね



ミーユエ 王朝を照らす月 DVD-SET1ー7 全巻 42枚組


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
こん
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさん、こんにちは~♪

毎日涼しかったのが、いきなり酷暑に突入でちとボケてます(;^ω^)。
もう来週は8月なんですから当然ですね。

昨日の放送もご覧になったのですね~いやいや凄かったですね( ;∀;)。

週末は日ドラで忙しいので(笑、
来週分と合わせて感想書かせていただきますね~。

どうぞよい週末をお過ごしください(^^)/。こん