凪のお暇 ネタバレと感想 第2話 ただ楽しいことをする幸せ

黒木華さん主演の【凪のお暇】は2話でまた個性豊かなキャラが登場しました。凪のまったりした雰囲気に皆が引き寄せられてくるようで見ていて実に心地よいですね~。内容は全く違うのですが、昔これまたお気に入りだった木皿泉さんの「すいか」を思い出しました


以下ネタバレのあらすじですangel onpu


凪が越してきたのは立川だそうです。携帯電話もSNSもすべて解約してきたために、前の会社のいじわる女子社員たちは凪が受け持っていた仕事に関して手紙で確認していたらしいのにはざまあみろでございましたね


とはいえ凪もそうそううかうかしていられません。凪には貯金が100万しかないのに収入は無い上、毎月10万近い出費があるからです。その中には実家への仕送り=3万円も含まれていました。


お金って生きていくだけで減っていくのね


そうそう、定収がある時は気づかないんですが、それが無くなると、お金が減るのは早いのですよね~わかるわかる


それで凪は早速ハローワークに出かけて、失業保険をもらうことにしました。そこで、どうやら求職中らしい坂本龍子(市川実日子)という女性に出くわします。同じ失業中の身として、ハローワークの担当者に一言文句を言いたかった凪は、さんざん迷った挙句に勇気を出して話しかけました


ここの職員さん、アク強めですよね?


龍子も話に乗ってきてくれ、ふたりはすっかり意気投合しました。しまいに龍子は、失業したからこそ凪に出会えたなどと嬉しいことを言ってくれます


友達できちゃった!


と喜んだのもつかの間、龍子はいきなり「パワーストーン」を勧めてきました。しかもお仲間ふたりも呼んできます


凪は、せっかく友達になれた龍子を失いたくなくて一瞬迷いましたが、以前同じように浄水器を売りつけられた際、慎二に馬鹿にされたことを思い出します。なめられてんだよ、お前


いらないです!!私はこの石にまったく興味がありません!!


そう言って出てきた凪は、カバンを忘れてきたことに気づきました。するとどうでしょう~龍子がカバンを持って追いかけてきたではありませんか?


龍子は、石の力を信じているのは本当だが、その結果として友達を失ってしまった、と打ち明けました。凪は正直に話してくれた龍子に、石はいらないけど、それでいいならまた会って話そうと伝えます。


すると龍子はよほどうれしかったのか、凪のアパートのすぐ近くに引っ越してきました


一方、どうしても凪を諦められない慎二は、またしてもバーでくだを巻いています。凪が過呼吸になった時は翌日北海道に出張だったため、戻ってきたら謝ろうと思い、そのために「白い恋人」をお土産に買ってきたのだそうです。いや~やっぱズレてますよね、この人


でも根っからの悪人というわけでもなさそうで、友達を思いやる気持ちはあるのだそうです。以前慎二は古くからの友人たちとBBQパーティーを開いたそうで、そこに凪を連れていき、恋人だと紹介しようとしたのだそうです。でもちょうど彼女に振られたという友人がいたため、言い出せなくなってしまったのだとか


その時凪はでも、慎二の友人に気に入られようと一生懸命働いたのに、彼女でも何でもないと言われてひどく傷ついたのだそう


男女の悲劇の引き金はね、いつだって言葉足らず。彼はただ「好き」って伝えるだけでよかったのよ


いやいや「風と共に去りぬ」で言葉足らずなのはレットじゃなくてスカーレットでしょう~というおばさん個人の見解はさておき、凪に凪の好きな「白い恋人」を土産に持ってきた慎二は、留守の凪を待つのに、緑の家で一緒に映画を見ることにしたのです。上映料は「白い恋人」3枚です


噛み合わない歯車ってセクシーよね


これまた深い言葉ですよね~。おばさんはまだそこまでの境地には達せませんが、慎二は緑の言葉を心に刻み、凪に告白しようとします


が、そこへ隣のゴンが現れたため、意地っ張りで見栄っ張りの慎二は、凪にキスをして意地悪をしました


俺のこと好きなんだろ?気 引きたいの十分分かったから、そろそろ素直になって戻ってこいよ


凪は思い切り慎二を引っぱたきました。馬鹿にしないでよっ!!boxer-w


そこへこちらは左隣のうららちゃんのママ、白石みすず(吉田羊)が戻ってきます。そうそう、そういえば彼女が以前、雨の中歩きながら号泣していた慎二を見かけたんでしたっけ


そして今度は龍子が、やっぱり泣きながら帰る慎二の姿を見かけます。落としましたよ!「白い恋人」


何の因果か、緑とゴン、それにうららも入れて5人でババ抜きをしたシーンも象徴的でしたね~。凪は好きでババを引いているわけじゃないのに、慎二はそうに違いないと決めつける


虐げられてる、耐えてる、断れないいい人で優しい自分に、本当はうっとりしてんじゃねえかな~


ホントはどんなに良い人でも、こんなひねくれた人間とは付き合わないほうがいい、とおばさんなら断言しちゃいますね~。こうした嫌味を言われる度に心が擦り減りそうだもの


それでも凪は、そこをジョークで救ってくれたゴンのおかげで、慎二にババを引かせました


ゴンは、夫としてはさておき、恋人としては悪くないですよね~。青空の下でのひとり(ふたり)BBQは良かったな。ツナ缶にチーズにマヨネーズとパンだけで楽しくなれるこの子はなかなか得難い存在ですよね


ドラマだから仕方ないとはいえ、どうしてこうも両極端なのでしょうね~。慎二とゴンを足して2で割って、ちょいとゴン寄りぐらいがちょうどいいのに


来週はどうやら凪の母親が上京してくるようですね?凪があんなに神経質な人間になったのは母親にも原因があるのでしょうか


凪のお暇」は来週の放送も楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません