ABC殺人事件 最終回 ネタバレと感想 衝撃の犯行動機!?

アガサ・クリスティー原作のミステリー、【ABC殺人事件】(The ABC Murders)の最終回を視聴しました。なんとな~く犯人は分かっていたのですが、その動機には驚きましたね~!最初はあまりに衝撃的ですぐには意味が理解できず、理解できた時には開いた口が塞がりませんでした。それはポワロの過去についても同様です


以下早速ネタバレですABC殺人事件・最終回のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


犯人はズバリ、フランクリン・クラークでした。カストもこのフランクリンに使われた手駒だったことが判明します


というより、フランクリンがこの「ABC殺人」を思いついたのは、カストのイニシャルがABCだと知った時のことだったそうです。きっとエルキュール(ポワロ)も喜んでくれる!


And the moment I saw Cust's initials, the whole adventure came together, and I thought how you'd love it.


フランクリンは、しょぼくれたポワロを見るに忍びず、かつての「灰色の脳細胞」を蘇らせたくて、こんな殺人ゲームを思いついたのだそう犯人はポワロの信奉者だった!?


ある時フランクリンは、バックギャモンで負かした相手=カストのイニシャルが「ABC」だと気づきました


仕事がないというカストに、ストッキングのセールスを勧めたフランクリンは、何から何までその世話をします。セールスマンとして恥ずかしくない格好=ポワロのそれによく似たコートと帽子をプレゼントし、タイプライターとABC鉄道ガイド、そして営業する相手のリストも渡したそうです


ベティを絞殺したストッキングの「T」のイニシャルはストッキング会社の「Twinkle Toes」のTだったみたいですね。これまたT・Tで、凝ってますね


少しだけ精神に障害のあるカストは、言われるままにセールスに赴きますが、行く先々で殺人が起きたのは、もしかしたら自分のせいかもしれないとまで考えていたそうです。それで「化け物」にはなりたくない!と悩んでいたらしい


I don't want to be a monster.


ポワロもまた、人違いを含めた4つの殺人に「ストッキング」が関わっていたことから、カストを疑いますが、調べれば調べるほど彼は無関係、むしろ利用されたとの確信が深まっていきました。Twinkle Toesに届いていたカストの礼状からもそれは明らかです。カストはただひたすら職を世話してくれたこと(誤解ですが)への感謝を述べていたのです


カストは結局、5つめのEの街でEのイニシャルの人間が殺された際、犯行現場にいたことが決め手となって逮捕されてしまいました。いや~この逃走劇がまた迫力満点でハラハラさせられましたね~カストが気の毒過ぎて泣けた


一方のフランクリンは、ポワロの健康状態を心配したことから、ポワロに疑念を抱かせます。ABCからの手紙にもそう書いてあったからです


かつてハーマイオニーの誕生パーティーに来た時のような生気を取り戻してほしい~そんな理由で実の兄まで殺してしまったフランクリンこそ精神異常者と呼ぶしかありませんね


ポワロの推理に基づき、カストのタイプライターを調べたところ、フランクリンの指紋が検出されたそうです。手紙の末尾に書かれていた「乾杯(chin-chin)」が実際カストの口癖だったのも、最初に会った時に知って利用していたらしい


またポワロの過去もようやく明らかになりました。なんとなんと「聖職者」だったそうですよ!?


教会で信者たちに呼びかける言葉、「Mes enfants」(私の子どもたち)が、そのまま、推理をする際の口癖になったのだそうです。いや~これはさすがにありえへんでしょ、と思いつつも、このキャスティングなら頷ける気もしますよね


フランクリンは、ポワロに「秘密」があると見抜いていて、なんとしてもこれを知りたがりましたが、ポワロは決して明かしませんでした。


またあまりの衝撃に入院したカストには、リリーが付き添います。妹のベティに婚約者のドナルドを奪われたメーガンも、今になってドナルドの卑劣さを知り、黙って家を出たようです。


「殺人」そのものの謎解きよりも、犯人の動機とポワロの過去に驚いた最終回でございました。たまにはこんなミステリーがあっても良いかもしれませんね


同じ枠で、来週からは「刑事ルーサー」が始まるそうです。いったいどんなドラマなのか~今からとっても楽しみですね



アマゾンプライムで、ちょうどこのABC殺人事件だけが無料配信されています(デビット・スーシェ主演で1時間41分)



これは是非原作も読んでみたい


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
こん
熊ちゃん的前菜さんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

熊ちゃん的前菜さん、はじめまして^^。

>『ABC』吹き替え版はほぼ『刑事フォイル』と同じスタッフによって作られました

ほぉ~そうだったのですね~。
フォイルもこのシリーズも吹替では見てなかったので全く気付きませんでした。
それはもったいないことをしました~(;´Д`)。

前回、もしフランクリンが犯人だとすると、
兄の遺産狙いなのかな~などと妄想していたのですよね。
それがポワロへの愛だったと聞いてびっくり仰天したわけです( *´艸`)。

ポワロという優れた頭脳の持ち主への賛美と憧れの感情は、
男女にかかわらず、抱いて当然ですね。
それが愛に代わったとしても、それ自体には何ら不思議はありません。
男色にも特に偏見はございません(^_-)。

お勧めの「バリー・リンドン」も機会があったら見てみますね~。

貴重なご意見をありがとうございました(^^)/。こん