黄金の私の人生 ネタバレと感想 第12&13話 罪悪感

韓国ドラマ、【黄金の私の人生】の12話と13話を視聴しました


初めて拝見することも手伝って、無表情で地味な印象だったジアンの表情がここにきて実にいいですね~。申し訳なさや悲しさが画面を通してひしひしと伝わってきます。そんなジアンを救えるのはヒョクじゃダメだな(物足りない)、とここにきてつくづく思ってしまいました


以下ネタバレのあらすじです黄金の私の人生のネタバレ感想行きますよ~(^^)


足の指の怪我の記憶で湧いた疑問は、ミン部長が消し去ってくれました。ジアンを家に呼ぶ前にDNA鑑定をしていたと聞かされたからです


1歳と2歳を聞き間違えたのだろう~そう思っていたジアンにさらなる追い打ちがかかります


部長から秋夕に配ったという商品券をもらったので、やはり正社員は扱いが違う、と嬉しくなったジアンは、早速実家に届けに行きました


その際ジアンは、今の家族から「昔の写真」が見たいと言われたことを思い出してアルバムを捜します。が、なぜかジスとジアンの写真がすっかり抜き取られています


一体どういうことなのかと、ジスに電話で尋ねたところ、ジスは写真が無くなったことを知りませんでした。その上、ミジョンがジアンを恋しがっているようだから、一度顔を見せに来いと促します。この間なんて、私の写真を見ながら泣いてたわ


不安になったジアンは、当時8歳だった兄のジテに当時の様子を尋ねました。ジテは、ミジョンが双子を連れて数か月留守をした後、ジスの顔が変わったような気がした、と答えます。でもジスじゃなくてお前だったんだな


ジアンの不安は的中しました。ネットで「チェ・ウンソク」を検索して出てきた写真はジスの幼い頃によく似ています


家に帰ってミジョンの荷物を確認したところ、幼い本物のジスのパスポートと「ジス=チェ・ウンソク」の写真がしまってありました。


ジアンはパスポートの写真をなでながら、あなたが本当のジスなのね?と涙ぐみます


だからあの時父さんは行くのを反対したんだわ!!


今やすっかりジアンをウンソクだと思い込んで可愛がってくれている今の両親にも、そしてジスにもすまなさでいっぱいになります


ジアンは意を決してミョンヒに真実を話そうとしますが、ミョンヒがミョンヒを裏切った女性を決して許さないと叱っているのを見ては、もう何も言えなくなりました


それなのに、ミョンヒとジェソン、そしてドギョンは、ジアンに留学を勧めてくれます。娘としてお披露目をするのは帰ってきてからでも遅くない。それが夢だったのだろう?


も~こんなに親切にされたら、穴があったら入りたい気持ちでいっぱいでしょうね~可哀想なジアン


ジアンの性格からして、このまま意図的に騙し通そうなどという展開は無いような気がするので、問題はドギョンがその辺をどうサポートするか、ですよね。一番先に気づくのはドギョンなのでしょうから


テスが、嘘をつかれて家に残っているジスのためにパンを焼くためのオーブンを買ってくれたシーンも切なかったですね。何も知らないジスは大喜びでしたが、あの子なら、事情を知ったら余計に感謝しそうです。


またテスは何とかしてジテを結婚させようとジホをキューピッドに仕立てようとしていました。このジホもなかなか良い子ですよね~。家が大変な時にこれ以上金をかけるのは嫌だと、事業を起こす野心を抱いていたようです


さ~て来週はいったいどんな展開が待っているのか。「黄金の私の人生」は続きもとっても楽しみですね



【Amazon.co.jp限定】黄金の私の人生 DVD-BOX1 (A4ビジュアルシート2枚セット・BOX1バージョン付)


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません