サイン ネタバレと感想 第4話 25年前の真実を追え!

大森南朋さん主演の【サイン~法医学者柚木貴志の事件~】も面白くなってきましたね~。もはや昔見たサインとは別物感覚でのめり込んでいます。以下早速ネタバレですサインのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ふたりの男性、しかも同じ病院の医師が同時刻に別の場所で死亡しました。事件性があると確信した和泉は早速日本法医学研究院に解剖を依頼します


今ではふたりで恩師の兵頭を訪ねる仲になった柚木と中園()がそれぞれ遺体を解剖しますが、特に不審な点はなく「心不全」と診断されてしまいました。その後の血液検査と尿検査でも同じ結論に達します。


同じ頃、日本法医学研究院では、掲示板への書き込みが話題となっていました。前回伊達が気にしていた「慶徳小笠原病院」の医療ミスと隠ぺいに関するものです


今回亡くなった医師たちはこの慶徳小笠原病院に勤務していました。しかもその後の高橋の調べで、若い頃から羽振りが良かった~不相応な報酬を得ていたことが判明します


このふたりはそれをいいことに、よく若い看護師を六本木のバーに誘ってはセクハラをしていたそうで、高橋がそのバーを調べたところ、そこのママは1週間程前に失踪していたことが分かりました。しかも彼女は昔、亡くなった二人の同僚の看護師だったのだそうです!?


この慶徳小笠原病院には柚木も因縁がありました。亡くなった柚木の父=啓介もこの病院に勤務しており、そこで兵頭と一緒に働いていたのだそうです。


その啓介が亡くなったのは1964年の6月でした。警察では、この死因を飛び降り自殺と断定しましたが、当時高校生だった柚木は、絶対に自殺などしないと頑なに信じなかったのだそうです。その様子を見ていた兵頭は啓介の遺体を解剖し、死因は脳梗塞による転落死だと解明してくれたのだそう。


啓介が転落した場所の近くの手すりには啓介がしがみついた際の指紋が残っていたそうで、兵頭はそれを柚木に説明しながら、啓介は最後まで生きようとしていたに違いないと教えたそうです。


お前は父さんの分までしっかりと生きなきゃ駄目だぞって思っているはずだ。


柚木はその言葉で救われて、解剖医になる決意をしたのだそうです


その柚木のもとに「やすもとしょうこ」という人物から、掲示板への書き込みと同じ内容の怪文書が届きました。中園が、慶徳小笠原病院にいる医科大の同期に調べてもらったところ、その女性、安本祥子は1964年の6月に亡くなっていたことが分かったそうです


柚木は早速兵頭に聞こうとしましたが、兵頭は知らないと答えたので、自分で資料を調べてみることにしました。当時、日本法医学研究院はまだできていなかったため、解剖は帝徳医大で行われていたそうですが、ちょうどその月のファイルだけは倉庫にありませんでした。


当時その帝徳医大で働いていたのが、兵頭と伊達、そして伊達と同じく若手の和久田という医師です。3人は多忙を極めながらも、兵頭の理想の下、和気あいあいと仕事をしていたそうです。


3人はことあるごとに、医学的に素人な警察が検視を行うことで、本当の死因が見逃されている現状を嘆き、一刻も早く法医学研究院を実現しようと誓いあっていたのだそう


が、ある時、和久田は仕事中の事故で亡くなってしまいました。青酸中毒死の遺体を解剖していて、そのガスを吸ってしまったらしい。


兵頭は、過労で免疫力が落ちていた和久田は運が悪かったと諦めましたが、伊達は猛烈に反発したそうです


日本の法医学をなんとかしようとあんなに頑張ってたあいつが、なぜこんな仕打ちを受けなければならないんですか!


伊達は兵頭の理想に幻滅し、自分のやり方で法医学を発展させると袂を分かったのだそう。酒を飲まない兵頭が、唯一、伊達と飲む焼酎だけはうまいと語っていたそうなのに


一方、安本祥子の名前で手紙を送ってきたのは、前回辞めさせられた橘だったらしく、彼はこれを柚木への復讐だと語っていました


おそらく、安本祥子の死因は慶徳小笠原病院の現院長=小笠原達三(篠井英介)による医療ミスだったのに、病院ぐるみでこれを隠ぺいし、兵頭もしくは柚木啓介も、おそらくは法医学研究院のために解剖の所見を改ざんした。亡くなった2人と元看護師の3人はその口止め料として大金を受け取っていたのが、何らかの理由で今になって殺された、というところでしょうか。バーのママの遺体は見つかっていませんが、殺されたとみるのが妥当でしょう


その後、思い出の焼酎を手にした伊達が兵頭の家を訪れました。しばし昔に戻って酒を酌み交わした後、伊達は兵頭に「酷な頼み」をしたのだそうです。兵頭が理想とする「死者の人権が尊重されて皆が安心して生きられる社会の実現」を守るために!?


その後兵頭は、縁側で首をつって死んでいるのが発見されました。柚木は、残された者の悲しみを知っている兵頭が自殺などするはずない、と自ら解剖に挑みますが、その結果は間違いなく自殺だったそうです


兵頭の家にはふたりで焼酎を飲んだ形跡がありました。死ぬ前の院長と会ったのか?


そう詰め寄る柚木に伊達は、この件から手を引け、と命じます。全てはこの法医研のためだ!


兵頭もまたそのために自殺をしたのですよね。もしくは柚木を庇うためでしょうか?


サイン~法医学者柚木貴志の事件~」は続きを見るのが待ち遠しいです


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません