これは経費で落ちません!ネタバレと感想 第3話 逃げる男の巻

これは経費で落ちません!のあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: これは経費で落ちません! あらすじと登場人物リスト


多部未華子さん主演の【これは経費で落ちません!】の第3話は「逃げる男の巻」です。これまた実に面白かったですね~。以下ネタバレのあらすじですこれは経費で落ちません!のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


森若は、山田の熱意に根負けはしたものの、可能な限り自分のペースを崩すまいと「デート」は1時間で切り上げると宣言しました。それには時間のかかるフレンチレストランなどもってのほかです


1時間きっかりで帰る。24時には就寝して、明日の昼に今日食べる予定だった手羽先の唐揚げときんぴらを忘れずに食べる!


山田は近くの居酒屋に森若を連れていき、偶然にも「手羽先の唐揚げと きんぴら」を注文しました。ふたりは食べ物の好みも合うようでござるね


そこへ会社の同僚たちがやってきました。二人の仲を疑われると、森若は全力で否定します。違います!たまたま近くでばったり会ってこうなっただけです!!今日だけだから!


それからというもの、森若の興味は自然と彼らに向けられました。山田が何を質問しようと上の空です。というのも、彼らが営業の馬垣(岡崎体育)について文句を言っていたからです。


長い話を短くするなら、馬垣は信じられないほど無責任な人間だということ。しかも、都合が悪くなると親戚中入院させて、自分も具合が悪くなるタイプ。会社にひとりはいますよね~こういうタイプ


そこへ、もう一組別の同僚たちがなだれ込んできました。森若はこれを機に帰ろうとしますが、その中にいたやはり営業の山崎(桐山漣)が後を追ってきます。山田は他の社員たちに足止めを食らってしまいました


馬垣には気を付けて下さい。彼はね、逃げる男なんですよ


その言葉通り、馬垣はとんでもないことをしでかしてくれました。デザイン事務所への発注ミスを隠すため、デザイン事務所には勝手に倍額支払うと約束し、経理には同じ請求書を佐々木と森若に別々に出し、この2重請求をごまかすために、他の請求書を紛失させて収支を合わなくしたのです


経理では最も新人の佐々木は、また自分が間違えたのではないかと、夜中まで残業しても計算が合いませんでした。仕方なく森若に電話すると、森若は、早朝出勤して一緒にやるからと約束します。今日はもう遅いから帰って


翌日は田倉も早く来てくれました。部長も、気持ち、早く来たけど、あまり役には立たなそうです。何せ差額はなんと1, 194, 000円!!


それから経理の3人は集中して再チェックに入りました。しばらくしてようやく佐々木がデザイン事務所への請求書が二重に入力されていたことを思い出します。だから担当に確認して消しました


その担当が、言わずと知れた馬垣です。その金額は34万5, 000円です


この2つの金額を足した数字=153万9, 000円を田倉が覚えていました。確か製造部にあったはず!


一方で新発田は営業部長を批判します。同じ請求書に承認印を押したのは誰かって話ですよね?


肝心の馬垣は父親が交通事故だと休んでいましたが、呼び出されて出社しました。いけずうずうしくも、大騒ぎになったのは経理が製造部の請求書を失くしたからだとのたまいます


その様子を見ていた山崎は女子社員に命じて馬垣のファイルを持ってくるよう命じました。するとそこからポロリとしわくちゃの請求書がこぼれ落ちます。それぞまさしく153万9, 000円の請求書です


馬垣さん、もう言い逃れはできませんよ!


そこで新発田部長が突然割って入りました。これは僕の不注意です。今後は書類の管理を怠らぬようにしましょう!


この大人の対応に、さすがの吉村部長も平身低頭謝罪します。申し訳ない!ご迷惑をおかけして本当 申し訳ない!


馬垣っ!!


さすがの馬垣も、足の仮病も忘れて平謝りに謝りました。すいませんでした!!


一方で森若は、山崎はすべてを知っていて黙っていたに違いないと見破りました。製造部の請求書を馬垣のファイルに入れておいたのも山崎です。


山崎は、今でこそ営業のエースですが、本来は研究職を希望して入社してきたのだそうです。何度異動願を出しても却下され続けたことに嫌気がさした山崎は、部下の悪事を見て見ぬふりするようになったらしい


が、森若は、山崎もまた会社に損失を与えたと断言しました。デザイン会社に謝罪に行った往復の交通費に手土産代、佐々木の残業代と、経理部全員の早朝出勤手当、計2万9, 964円!


山崎は馬垣を「逃げる男」だと批判したけど、山崎自身も「逃げる男」だと指摘する森若です。営業では、少しくらい損失が出ても挽回できるチャンスがあるけど、経理部には1円の間違いも許されない~ごまかしたり、逃げたりできない


翌日山崎は、部長に退職願を出す一方で、今回迷惑をかけた女子社員に謝罪したそうです


それを聞いた森若は、山崎は、研究がしたいというけれど、営業も得意だ、と分析します。昨日は損失のことばかり話したけれど、それ以上に利益を上げています


森若がそう言ってニッコリ笑ったものですから、今度は山田が黙っていませんでした


さっき笑ってましたね?山崎さんと仲良くしていましたね?僕には笑ってくれないくせに!


森若が仏頂面で否定すると、今度はお茶か食事に行こうとまたうるさく誘ってきます。どうやら今度は森若が「逃げる女」になる番で


いや~実に楽しかったです。来週はさらにいっそう強力なキャラが登場するようで、それまたますます楽しみですね



これは小説も面白そうこれは経費で落ちません!


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません