ミーユエ~王朝を照らす月 あらすじと感想 第78&79話 二つの家族

中国時代劇、【ミーユエ~王朝を照らす月~】の78話は「深まる溝」、79話は「二つの家族」です。あ~これまたなんとも切なかったです。以下ネタバレのあらすじですミーユエのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


まず、脱走を図った楚の懐王(羋槐)は趙に逃亡しようとしましたが入国を断られ、さらに魏にも拒まれて、魏冉率いる捜索隊に国境付近で見つかって連れ戻されました。その結果食欲も失せ、失意のどん底で亡くなったそうで、報告を受けたユエは、遺体を楚に送り返したそうです。


それがショックだったのか、稷の王后、羋瑶が産気づきました。なんとか無事に男の子を生み落としますが、自身は出血多量で亡くなってしまったようです


また樗里疾はすっかり年老いて病床にありましたが、ユエが約束を守ってくれた~10年で恵文王の隆盛を取り戻すと言ったのが、10年などかからなかった、後は天下統一だけだと嬉しそうです。


それには楚を一層弱体化させることと斉を滅ぼすことだけだ、と、見舞いに来た庸芮と魏冉に伝えました。国内では、秦に巣くう大きなしこり=義渠人に注意するよう命じます。こちらから仕掛けなくても、早晩あちらから動いてくるはずだ


報告を受けたユエは、早速、秦軍と義渠軍を斉の討伐に向かわせました。これは、秦の利益にするのではなく、長年斉に苦しめられた燕への恩返しよ。


庸芮と魏冉は、そこに義渠軍を投入するのに疑問を呈しましたが、ユエは、家族の問題は「情と時」が解決するから大丈夫だと相手にしませんでした


が、翟驪はともかく虎威が承服しませんでした。虎威は、今の秦があるのは義渠のおかげだから、もっと義渠人を優遇すべきだとの思いが強いのです。ユエは斉討伐の論功行賞でも、義渠人には金銀財宝に酒や食料などの褒美は与えても、地位や名誉、そして土地を与えようとしなかったからです。


翟驪にだけは4つの城を与えたそうですが、それで翟驪が満足していることが、ますます虎威は気に入りません。魏冉は宰相となり、白起は大良造に、戎は新白君に封じられたというのに


虎威の不満は日に日に増していきました。禁軍から、戎に運んでいた酒を奪ったまではまだ何とか目こぼせましたが、白昼堂々、街中で商人を殺してしまっては、さすがに看過できません


これで虎威とその取り巻きたちが捕らえられてしまいました。


翟驪は早速稷に彼らを解放するよう命じますが、稷は、法を破ったからには特別扱いはできぬと言い渡します。


俺はお前の義父だぞ!俺とユエは婚礼も済ませた仲だ!


こ~れで稷の怒りは頂点に達しました。もはや歩み寄る気などつゆほども起きません


そこでユエは、秦に来たばかりの頃住んでいた離れに稷を連れていきました。ユエにとって、地位や名誉は無用のものであり、最も欲しいのは温かい家族だと教えるためです。国も大切だけれど、私は女でありたいの


ユエはこの気持ちを翟驪にも伝えました。が、翟驪は、稷には王になった時に秦にあった土地だけ渡して分家しよう、その後義渠の力で手に入れた土地は翟驪のものだと主張します。それが嫌ならすぐに虎威を釈放しろ!


ユエはすぐに応じなかったため、翟驪は自ら牢に足を運びました。最初はもう少し待つよう言うつもりだったらしいのに、彼らが牛馬のように鎖でつながれた姿を見てはもう我慢できず、止める役人を殺して皆を脱獄させてしまいます


秦軍は義渠の軍営を包囲し、ユエは白起を使者に遣わしました。3日のうちに虎威を引き渡すよう命じさせます。白起は、恩人でもある翟驪を懸命に説得しようとしました。もはや咸陽を出て草原に帰る時です!あなたは草原を飛ぶ鷹、太后は鳳凰で、住む世界が違います!!これ以上太后を苦しめないでください!


それでも翟驪は虎威を渡そうとはしませんでした。虎威は翟驪の恩人なのだそうです。死ぬ時は一緒だ!!


虎威はつくづく老巫の意見を聞かなかったことを後悔していたようです。老巫にはこのことが分かっていたから、二人の結婚に反対したんだ!


そしてようやく虎威は覚悟を決めました。翟驪が寝込んだ隙に軍営を出ていき、秦軍の前で自決します。大王、先にあの世で待っているぞ!虎威が可哀想だった( ;∀;) border=


大切な弟分を死に追いやられた翟驪は、ユエを見限って草原に帰っていきました。いつか秦を潰してやる!と捨て台詞を残して。。。


それからしばらくして、ユエと翟驪の息子の芾が10歳の誕生日を迎えました。ユエは「父」について語る芾を不憫に思い、翟驪の誘いに応じます。翟驪は息子に馬を贈りたいから草原に来るよう言ってきたのです。


が、そこには罠が仕掛けてありました。おそらく翟驪も承知のことなのか、義渠人たちは隙を見てユエと芾をさらおうと物陰に潜んでいます


いっそ、ユエは芾を連れて翟驪の下へ行き、義渠の女として暮らす代わりに、翟驪は秦を諦める、っていうのはダメなんですかね~。稷も決して義渠には手を出さないと約束するとか。


それじゃダメだな~きっと。ユエは自分がいなくなった後のことも考えているはずだから。稷のために盤石の体制を整えたいと考えているはずですものね


あ~今日の放送は見たいけど見たくない~辛い1時間(いや、賞味30分だよ)になりそうです



ミーユエ 王朝を照らす月 DVD-SET1ー7 全巻 42枚組


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません