TWO WEEKS ネタバレと感想 第6話 黒幕の真意やいかに?

三浦春馬さん主演のドラマ、【TWO WEEKS】の6話ではついに「黒幕=内通者」が明らかになりました。とはいうものの、まだ6話なので、実はあれもフェイクで最後に大どんでん返し?(=そう見せかけて尻尾をつかもうとしていたとか)も無きにしも非ずな気はしますが??


以下早速ネタバレですTWO WEEKSのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


柴崎に情報を流していたのは、やはり、久我早穂子でした。これが明らかになった経緯はこうです


大地は、柴崎が父の仇だと語った楓を信じようとしませんでした。せっかく楓が、大地の無実を信じると言ってくれたのに


大地は、デジカメを渡すと楓たちを騙し、車を奪って逃走します。そのまますみれに会いに行ったところを、ちょうどすみれを訪ねてきた有馬に見つかってしまいました


逃がしてあげて!あの人ははなの父親なの!!


しかもはなのドナーだと聞かされた有馬は、どうして知らせてくれなかった!とすみれを非難しました。はなは俺にとっても娘なんだぞ!


その娘の命綱を自分が追い詰めたのですから、怒るのも当然ですね


しかもすみれは楓から、8年前に大地がすみれのもとを去った本当の理由を聞かされて、心が揺らいでいるようなのです。も~はなが大人たちの関係を絵本にしているのがなんとも切なくてなりませんでしたね


山は太陽が大好きだったけれど、太陽が毎日会いに来ると周りの皆が迷惑する。それで山は、太陽のそばにいると暑くて眠れないから来ないでほしいと嘘をついた。本当は眠れなくてもいいぐらい太陽のことが大好きだったのに


山は大地、太陽はすみれです。


それで太陽は海(有馬)のところへ行ったため、山は独りぼっちになってしまった。山は寂しくてたまらない


その山=大地は、デジカメを持っているのはサトルの恋人の琴美に違いないと確信しました。いったんは自分で琴美に会いに行ったものの、それでは信用されないと思ったのか、すみれに頼んで琴美に会いに行ってもらいます。


すみれは和馬の部下に見張られていましたが、うまくこれをまいて琴美に会いに行きました


サトルさんを殺したのは結城大地じゃありません。彼はそのデジカメでサトルさんの仇を取るつもりです


琴美はこうしてデジカメを手に入れ、すれ違いざまに大地にこれを渡します


でもデジカメにはパスワードがかかっていたため、大地にはデータを見ることができませんでした。


すみれから、楓は信用できると言われた大地は、デジカメを楓に渡そうと決意します。


大地は楓を呼び出し、頼れるのは楓しかいないとデジカメを差し出しました。パスワードは、柴崎に殺された楓の父の誕生日だったそうです。


そこに映っていたのが、柴崎と早穂子のいかにも親し気な姿です!?


とはいっても男女関係じゃないっすよ


予告では、大地が逃亡を止めて出頭すると息巻いていました。はたして大地はいったい何を考えているのでしょうか?


TWO WEEKS」は続きもとっても楽しみですね



【早期購入特典あり】三浦春馬/Fight for your heart 初回限定盤(CD+DVD+Photo Book)(A4クリアファイル(A ver.)付き)


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません