これは経費で落ちません!ネタバレと感想 第4話 女の明日とコーヒー戦争の巻

多部未華子さん主演の【これは経費で落ちません!】の第4話は「女の明日とコーヒー戦争の巻」ですこれは経費で落ちません!が実に面白い(^^)/


これまた実に面白かったですね~。天・天コーポレーションはそこそこ大きな会社なのに、いまだに女子社員が、しかも率先してコーヒーを入れているとは驚きましたね~。思わずおばさんのOL時代を思い出してしまいました。その動機がまた〇の〇とは玉の輿だなんて(;´Д`)


以下ネタバレのあらすじですネタバレ感想行きますよ~(^^)/


休暇明けで出勤してきた平松由香利(平岩紙)が、コーヒーサーバーをリースする稟議書を提出しました。同じ総務の横山窓花(伊藤麻実子)は猛反対で敵意をむき出しにします


コーヒーは私たちがコーヒーメーカーで淹れるからサーバーなんて必要ないわ!!


横山たちは、社員たちの様子を見計らっては日に3度もコーヒーを入れて回っており、朝も早くから来てコーヒーを入れ、その後片付けを「残業」に回しているのだそうです


お調子者の営業部長・吉村は、女子社員がいれてくれてこそのコーヒーだ、などと時代錯誤発言をしていますが、女子社員の中にも横山を擁護する発言が聞かれます。横山は、知る人ぞ知る「気配りの人」であり、後輩たちからもそこそこ慕われているのだそうです


あ~おばさんがOL時代も、総務にこういう先輩がいたな~。コーヒーを勧めてくれる時、必ず「淹れたてよって言うのを忘れない


でも平松は、コーヒーなんて飲みたい人が飲みたい時に飲めばいい、そのために女子社員が気を使って時間を無駄にするのはもったいないと豪語してはばかりません


実はコーヒーが嫌いなのに、淹れてもらうと断れず、美味しいよ、と言っちゃう気の弱い新島部長は、文字通りの板挟みです


実際、気配り上手なはずの横山はこれに気づかないのに、平塚は気づいている、っていうのがまた皮肉で可笑しいですね~


そんな時、森若はまたしてもある話を耳にしました。平松は誰かに借金をしているらしく、その相手こそ、コーヒーサーバーをリースしようとしている会社の代表のようなのです?!平松はその代表に便宜を図る見返りに金を借りたのかもしれません


森若は早速新発田部長に相談しました。もしかしたら背任の可能性があるかもしれないからです


田倉も入れて話し合った結果、特にリース料が高いという訳でもなかったので、しばし様子見ということになりました。佐々木は背任と贈収賄の違いが分からない時点で話に混ざれず感心するだけです


その後も仁義なきコーヒー戦争は続きました。中立を表明した森若は平松から映画のチケットを押し付けられます。遠慮しないでもらって


何でも、天・天コーポレーションで代々受け継がれるコーヒー係は皆、歴代玉の輿に乗っているのだそうです。現に吉村部長も横山を取引先との会食に誘い、花婿候補を探したらどうかと勧めていました。


映画が賄賂だと察した森若はすぐにこれを平松のロッカーにねじ込もうとしていたところに、今度は平松がやってきます。平松は森若のインタビュー動画を見て森若を気に入ったそうで、「働く女性のための生き方セミナー」に参加しようと誘いました。


山田の例からも分かるように、ああ見えて強引な押しに弱い森若は、結局このセミナーに連れてこられました。その講師を務めるのが、例のコーヒーサーバーの提供者、サウス&スターの社長、三並愛美(須藤理沙)です。


これがまた実に口が上手で、さすがの森若もすっかりその気にさせられてしまいました


世の独身女性の大半は、自分を高める努力をする前に婚活をするものだけれど、ここに来た方たちは本当に意識の高い方たちです!


~最近つくづく思うんですが、これが本当なら時代はかなり逆行していますよね~


母が検診で再検査をすることになったと聞いたばかりだった森若は「結婚 イコール 幸せではないという三並の言葉にいたく共感してしまいました。同期の鏡がプロポーズされたと聞いたことも大きかったようです


人生は落とし穴だらけです。あなたが本当に輝ける場所を見つけてください!


セミナーの後も、受講者たちはこぞって1枚1万円もするDVDを買い求めていきました。


森若は、真剣に森若の可能性を考えてくれている平松に、思い切って借金の話を聞いてみます。聞くつもりはなかったのですが。。。


平松は、借金ではなく投資だと答えました。自分の未来に種をまくためのね。


これで森若は疑問を解消し、皆にもあれは誤解だったと説明しました。


その後も平松は森若をランチに誘うなどしたため、社内でもこのふたりのことが話題になります。森若さんが意識高い系のセミナーに参加したらしい。ああいうしっかりした人ほど深みにはまるものだ


この話を耳にした山田は大慌てです。俺、沙名子さんの力になれればいいなって思ってます。僕は一生沙名子さんに付き合います!困ったことがあるなら俺に相談してください!


そんな山田の心配をよそに、森若は「セミナーの第2部」に出かけました。すると三並はついに本性を現します。あなたには会員になってもらいたいの


会費は50万円です。森若は驚きながらも、一応「明細」を確認しました。すると三並は特に決めていない、と答えます。


では私は結構です


目に見えないものにお金を払うことをそう簡単には決められないと答える森若に、三並はむしろ感心していたようです。あなた本当に平松さんのお友達?流されずにしっかりしてらっしゃるわ。うちのスタッフにならない?


後で確認したところ、平松は三並から副社長にならないかと誘われ、既に総額300万ほど払っていたそうです。これは詐欺だ!と思っても、いかんせん確証がありません。


森若は、実家から送ってきたトマトをくれた山田にも確認してみました。あなたは未来のために50万投資できる?


山田は、未来よりも今が大事だと答えました。輝いているのは未来じゃなくて今だから


これで自信を得た森若は経理の皆に会費の話を打ち明けました。それで田倉は、三並に決算書を出すよう打診したらどうかと提案します。


三並はあっさり出してきたのですが、それが運の尽きでした。決算書を見た森若はすぐにそれが逆粉飾だと見抜いたのです


森若の容赦ない追及に、最初は三並を庇っていた平松も黙らざるを得ませんでした。会員から高い会費を取りながら、自分は脱税をしていると分かったのですから当然ですね


落ち込む平松を森若が慰めます。森若もまた、三並の話を聞いた時は将来への不安をかきたてられて焦ったのだそうです。


でもそれは誰もが抱える問題であり、今、働く場所のある自分たちは、きちんと仕事をしてその対価をもらえばよいのではないか。冴えなくても褒められなくても、一寸先は闇だとばかり思わず、光の可能性もあると考えればよいのでは?


そうそう、三並の話は一見皆を鼓舞するように聞こえましたが、実際には誰もが持つ不安に付け込んでいただけです


コーヒーサーバーの件にしても、森若が言うように、人間が会話をしながらコーヒーを入れてくれることで「なごみが生まれることも決して否定はできません。でもそれを早朝出勤や残業にするのはいかがなものか、って話ですし、女子だけがお茶を入れることで忙しい思いをするのは間違ってる、って話でやんす。これまた「イーブン~何事もバランスが大事でやんすね


森若の母親も無事だったそうで、何よりでしたね


新発田部長を一人残して帰宅の途に就いた森若と田倉、そして佐々木を、山田たち営業がラーメンに誘います。森若は、いつも通り断ろうとしたのですが、佐々木に耳元で何かを囁かれて翻意しました。あ~いったい佐々木は何て言ったのか気になるわ~森若が付いていったのは何故?「おごりですよかな


次回は田倉の幼馴染が問題を起こすようです。「これは経費で落ちません!」は続きもとっても楽しみですね



これは小説も面白そうこれは経費で落ちません!


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
こん
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさ~ん、森若さん、いいですよね~(^^)/。
おっしゃる通り、彼女ならどんな時でも信頼できそうです。

しっかり者の森若さんに、
ちょいと抜けてる佐々木のコンビもまた楽しいですよね~。
それに頼もしい「勇さん」と、
ああ見えて「やる時はやってくれる部長」もなかなかカッコいいです。

OL時代は遠い昔となりましたが、
あんな仲間と一緒ならもう一度働いてもいいな~
なんて思っちゃうほど良いドラマですよね(爆。

次回の放送も楽しみですね~。
そうそう、耳打ちの内容も是非明かしてほしいですね(^_-)-☆。こん