ミーユエ~王朝を照らす月~全81話 あらすじと感想、登場人物一覧

ミーユエ~王朝を照らす月~(全81話)

  • 分類: 中国ドラマ
  • 監督: 鄭暁龍
  • 脚本: 蒋勝男、王小平
  • 出演: スン・リー、リウ・タオ、ホアン・シュアン、アレックス・フォン他
  • お気に入り度: 四つ星2
  • お勧めキャラ: ユエ、張儀、翟驪
  • 放送局: BS12
  • BS12での放送日: 2019年4月26日~
  • DVD: 

中国ドラマ、【ミーユエ~王朝を照らす月】も無事に見終わっています


女性の一生を描いた中国史劇はこれが2本目ですが、思いのほかドロドロしていなくてかなり見やすかったです。春秋戦国時代を描いたドラマというだけあって、いわゆる「諸子百家」の教えも多く引用され、三国志孫子兵法などと同じように、王や政治家たちによる頭脳戦が展開されたのも実に面白かった


中でも主人公のユエ(羋月、後の宣太后)が実に賢い、そして賢いだけじゃなく優しくて情の深い人物だったのがまたとっても素敵でしたね


全81話と一見長そうですが、賞味50話分もなかったのではないでしょうかね~。この飽きっぽいおばさんがほとんどイライラすることなくあっさり完走できました


歴史ドラマがお好きな方には是非お勧めの作品です


以下、あらすじと登場人物のリストをまとめました。視聴の際にお役立ていただけましたら幸いに存じまする



-目次-


  1. 各話あらすじ
  2. 主な登場人物とキャスト

【ミーユエ あらすじと感想一覧】


第1話 覇星の誕生


第2話 姉妹の出会い


第3&4話 二人の母に守られて


第5話 再び王宮へ_


第6&7話 合従連衡


第8話 消えた夜光石


第9話 幽閉


第10話 善意の裏側


第11&12話 命の恩人ほか


第13&14話 悲運の2人ほか


第15&16話 狙われた花嫁


第17&18話 人質


第19&20話 秦後宮の勢力図


第21&22話 秦王にイライラ


第23&24話 六百里ほか


第25&26話 最後の手段ほか


第27&28話 羋八子誕生


第29&30話 変転ほか


第31&32話 籠の鳥


第33&34話 ユエの泣き笑い


第35&36話 涙の決断


第37&38話 和氏の璧


第39&40話 罠


第41&42話 親子の絆


第43&44話 草原の再会


第45~48話 亀裂


第49&50話 分封


第51&52話 決死の訴え


第53&54話 羋姝と蕩に天罰を!


第55&56話 極寒の地


第57&58話 地獄に仏


第59&60話 「混迷」でやった~!


第61&62話 逃走


第63話 私怨の果て


第64話 別れ再び


第65話 おのれ~どいつもこいつも!


第66&67話 起死回生


第68話 太后誕生


第69話 苦渋の外交


第70話 「訓戒」は見事だった~!


第71&72話 姉妹の終わり


第73&74話 草原の誓い


第75~77話 母の愛


第78&79話 二つの家族


第80話 荒馬の仁義


ミーユエ~王朝を照らす月 最終回 あらすじと感想 未来への布石


▲目次に戻る



【ミーユエ 主な登場人物とキャスト】


《主要人物》


ミーユエ、羋月(スン・リー):
楚の王、威王と侍妾の尚氏の間に覇星の子として産まれる。成長して秦に行き、宣太后となる


羋姝(リウ・タオ):
威王の嫡公主でユエの姉


嬴駟(アレックス・フォン):
秦の王。諡は恵文王


黄歇(ホアン・シュアン):
ユエの幼馴染で後の春申君


翟驪(ガオ・ユンシャン):
義渠君


▲登場人物トップに戻る


▲目次に戻る



《ユエの家族》


芈戒(李泓良):
ユエの弟


魏冉(張鈞涵):
ユエの異父弟


白起(曽虹暢):
ユエが義渠で弟に迎えた「狼の子」


(陳鴻錦→朱一龍):
ユエと恵文王の子。後の昭襄王



稷の公子



ユエと翟驪の子


▲登場人物トップに戻る


▲目次に戻る



《秦》


<王室>

嬴夫人(蔡雯艶):
嬴駟の姉。魏に嫁いだ後秦のためにスパイを行うが、それが原因で離縁され、秦に戻る


樗里疾(宋佳倫):
嬴駟の弟



羋姝の嫡公子。後の武王


魏頤(馬思純):
蕩の妻。魏夫人の姪


芈瑶
懐王と趙美人の娘。稷の王后



<側室と公子>

魏夫人(馬蘇)、(迟佳)


魏長使(丹陽君)


樊長使


唐夫人(馬蘇)、


衛良人(殷旭)、



<羋姝の侍妾>

孟昭氏、景氏



<ユエの侍女>

香児、恵児



<政治家>

張儀(趙立新):
楚にいた頃、ユエに助けられた食客。後に秦に渡って恵文王の腹心となった政治家


甘茂(金鉄峰):
楚出身の羋姝の側近


公孫衍
魏出身の大良造


庸芮
嬴夫人の愛人



<将軍>

司馬錯、蒙驁



<内官>

穆大監、穆辛、馮甲


▲登場人物トップに戻る


▲目次に戻る



《楚》


威王(ウィンストン・チャオ~真宗@開封府):
ユエの父


威后(チアン・ホンポー):
羋姝の母。覇星のユエを目の敵にする


尚氏(スン・チエン):
莒妃の侍妾。威王の寵妃


莒妃(ジャン・シン):
ユエと戎の母代わり


葵姑(井星文):
ユエの侍女


羋槐、懐王(ツォオ・ジョン):
羋姝の兄


羋茵(シュー・ファンシー):
威王の娘


南后(ユエン・ジーボー):
懐王の王后


横太子
羋槐の嫡公子


玳琩
威后の侍女


魏美人
懐王の側室。排簫が上手なユエの友人



<政治家>

屈原(祖峰)
宰相、黄歇の師


昭陽
宰相


靳尚



<他>

(師春玲):
女医


▲登場人物トップに戻る


▲目次に戻る



《義渠》


老巫(孔庆三):
占い師


虎威
翟驪の腹心


▲登場人物トップに戻る


▲目次に戻る



《燕》


孟嬴、易后(マオ・ジュンジエ):
嬴駟の娘で燕に嫁ぎ、嫡公子の職を産む



孟嬴の息子。燕王


蘇秦
燕の政治家


郭隗
宰相で芈茵の夫


菱児
羋茵の侍女


五婆(楊昆):
ユエを助けてくれた仲介人


趙臣
駅氶


▲登場人物トップに戻る


▲目次に戻る

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません