黄金の私の人生 ネタバレと感想 第27話 家族のことは家族にしか分からんな~

韓国ドラマ、【黄金の私の人生】の27話を視聴して、ちょっと意外に思えたことがあったので記しておきます。以下ネタバレの感想です


ミジョンは、フランチャイズでの売り上げをすべて返すために、ジェソンに会いに行きました。そこでジェソンから、チェ家にも落ち度はあったから、ミジョンとテスがウンソクを黙って育てたことに関しては不問に付す、と告げられます。テスにはもっと好意的にその労をねぎらったけど、嘘をついた張本人のミジョンには、さすがに冷たかったですね


でも、刑務所行きを覚悟していたミジョンはこれを大いに喜び、帰宅してジテ夫婦に伝えました


きっとジスよ。ジスがうまくやってくれたんだわ!


確かにジスは実の両親に、育ての両親を悪く言えるのは自分だけだ、警察に突き出したら許さない!とのたまっていましたが、それをちゃ~んとミジョンが気づいてくれたことに、ある種の感動を覚えたおばさんなのです


おばさんから見ると、ジスはマイペースで自分勝手な甘ったれにしか見えないけれど、それでも家族からは「やる時はやる子として評価されていたのかもしれません


だからこそミジョンは、あの子はどんなところにいても生きていける、と語っていたし、ジアンもまた、いつもは頼りないけどいざとなったら支えてくれる、と心のどこかで期待していたのかもしれませんね。それがあの反応で、余計にガッカリしたのかもしれません


やっぱり家族のことは家族にしか分からないものですね~


たとえ兄弟姉妹が喧嘩をしていても、そこに他人、たとえ伴侶や親戚でも、入り込むと余計に話がこじれる例はよくありますものね。放っておけば自然に仲直りできたかもしれないのに、周囲があれこれ口をはさんだために、修復不可能になってしまう


昨日の感想にも書きましたが、あんだけ癇癪を起していたジスも、ここに来てようやく、ジアンが戻ってきたのか、と感慨深そうな顔をしていました。それが寂しさなのか、すまなさなのか()、それとも他の感情なのかは分かりませんが。


何度も繰り返して恐縮ですが、ジスもあんだけジアンを突き放したのですから、ここの修復には時間がかかりそうですよね。いっそのこと和解にはこだわらず、各々が、相手の幸せも願いながら、それぞれ幸せになる道を模索して、本当に幸せになった時、ああ、あの時はどうしてあんなに腹を立てたんだろう?と思える時が来るのかもしれません


~それには、ジアンがヒョクに言われて作った「天然な女の子=ジス」のためのまな板が力を貸してくれるかもしれません


でも他人は別です。(厳密にいうとジアンとジスも他人ですが、長年の情がありますからね)他人はやっぱり話をしなければ分かり合えません


最も気になるのはドギョンとジアンですが、これまた繰り返しになりますが、まずは婚約者のソラ(ユ・イニョン~ヨンビス@奇皇后)とは別れることが先決でしょうな。それで初めてジアンにアプローチできるってもんでしょ


また、前回その過去を明らかにしたカン・ナムグにも、なんとか頑張ってほしいですね~。ナムグは孤児院出身で、院長が「カン(江)」という姓だったから、そこの子どもたちは「江」がつく地名を名前にされてしまったらしい。ナムグは(江)南区です。


でも、ナムグとヒは、きちんと付き合ったという訳ではなさそうでしたね。感受性の強い二人は互いの好意を感じていたにも関わらず、ヒは他の人と結婚してしまったためにナムグを裏切ったと自分を責めているのでしょうか。別に婚約していたわけでもないのに、ついつい過去にこだわって一番大事な今を台無しにしているふたりが、なんとも不器用で気の毒です


優しいジホとシンデレラことソヒョンもイイ感じですけどね~。このふたりが一緒になることは、かなり難しいでしょうか。まずはドギョンが独り立ちしてソヒョンを後押しする~になるといいですね。ソヒョンは、やりたい放題のジスが皆からチヤホヤされているのが妬ましくて仕方ないらしいです。私だけイイ子にしてきたのが馬鹿みたい。

私ばっかり損してる!


果たしてチェ家に反乱は起きるのでしょうか? ってすっかり妄想モードでやんすが


それ以外では、ジアンがようやく携帯電話を持とうという気になったのも良かったです。ジアンは早速ジホとテスに連絡しました。ジホは大喜びでしたが、メールをもらったテスの顔は暗いままだったのが気がかりですが


今頃はもう28話を放送していますね。続きもとっても楽しみです



【Amazon.co.jp限定】黄金の私の人生 DVD-BOX1 (A4ビジュアルシート2枚セット・BOX1バージョン付)


←前回のレビュー  次回のレビュー→


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません